こんにちは。Johnです。

今日は新月大潮。
満潮は22時頃。
無風。

つまり、釣り人が非常に多い日です。

大物がたくさん釣れる可能性が高いのはちょっと荒れ気味の日になりますが、釣りをする側からすると絶好の釣り日和です。

人のいない場所を探して走り回ってきました。



ワームでは釣れない?

釣り場に選んだのは、潮位の高い時にしか釣りができないシャローエリア。

道路からのわずかな明かりが差し込み、釣れそうな雰囲気があります。

フライにあまり頼りすぎるのも良くないので、まずはメバリングの定番であるジグヘッドにワームの組み合わせからスタートします。

アジかメバルのどちらかが釣れてくれたらそれで良いのです。

ところが、15分ほど釣りを続けてもアタリもありません。

魚がいないのだろうか?

一応クレイジーチャーリーに変更して表層のただ巻きで探ってみます。

これで釣れなければ「この場所に魚はいない」と断言できるほど、フライは簡単に釣れてしまうのです。

P4108988

いました。

おそらく、シルエットの問題でワームでは捕食してくれなかったのでしょう。
これがフライの威力です。

P4108989
P4108990
P4108991

アタリが全くなかった状況から一転して入れ食いへ。

ワームからフライに変更しただけでこの違いです。

当然、釣りすぎて根絶やしにしないように全てリリースします。

P4108992
P4108993
P4108994
P4108995
P4108996
P4108999

自分で作ったフライでこれだけ釣れるととても嬉しいです。



最大サイズ

たくさん釣れて十分に満足なのですが、この辺りで25センチほどのメバルが1匹欲しいところです。

魚の集中している位置が大体分かってきたので、その辺りの影の中に潜んでいるであろう大きなメバルに絞ってキャストを続けます。

ゴンッ!

プラッギングと違ってじんわり重くなる系のアタリが多いフライの釣りですが、この魚だけは違いました。

ドラグの出方からしても今日の最大サイズでしょう。

P4109001
P4109003

2回釣りに行けば1尾は釣れる25センチ以上のメバルは、確率的に珍しくないとは言え嬉しい1尾です。

このくらいの時期になると体力が回復して筋肉質な魚体が魅力です。

P4109005

もう十分に釣れたので、最後にもう一度だけワームとプラグで狙ってみる事にしました。

ワームやプラグでは釣れないのか、フライだけ釣れるのかの確認作業です。

私の釣りは、食べるための釣りではなく、確認して検証するための釣りです。

う〜ん。
やはり釣れない。
アタリもない。

これがあるからフライは手放せない。







ロッド:ソアレエクスチューンS58SUL-S
リール:ステラC2000SHG
ライン:ザ・ワン0.3号
リーダー:トラウトゴールド1.25号
フライ:クレイジーチャーリー



それではまた。








最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。