こんにちは。Johnです。

私は釣った魚をほぼ全てリリースしてしまうため、最近は水汲みバケツやクーラーボックスを持って釣りに行く事がなくなってしまいました。

そんなある日、「逃すなら持ってきてくれ」との依頼を受けてメバルをいくらか持って帰る事になったのです。

必要なのは、血抜きや魚を生かすために使う水汲みバケツとクーラーボックス。

水汲みバケツがないな・・・。

そう言えば随分前にバケツの蓋部分のジッパーが壊れてダメになったんだった。

Amazonで安いバケツでも手に入れておくか。

そうやって辿り着いたのがシーバーの水汲みバケツでした。
スクリーンショット 2024-03-19 22.33.02

水汲みバケツにも種類があって、シンプルに水を汲むためだけのタイプと、メッシュ状の蓋が付いていて海に放り込んでスカリとして使用できるタイプがあります。

今回選んだのはスカリとして使用できるタイプです。

手を洗う、堤防のコマセを流す、魚を泳がせておく、血抜きに使う、短時間ならクーラーボックスなしでそのまま魚を持ち帰る容器として使う事が可能です。

以前、メバルを水汲みバケツに入れて釣り場から持ち帰り、飼育した事もあります。

例えば、今日は魚を持って帰るつもりだけど1匹や2匹しか釣れないかもしれない場合に、魚をバケツで生かしておいて、その後の釣れ具合でリリースするか持って帰るかを決める事もできるのです。

開始早々に1匹釣れて、その後は全然アタリがないなんて事はよくありますから。

一つ持っているだけでとても便利なバケツですが、重大な弱点もあります。

長持ちしません。

堤防から海へ放り込み、海水でいっぱいになったバケツを引き上げる際にカキやフジツボなどで少しずつダメージを受け、いつかは水が漏れるようになります。

また、ジッパー部分も海水による錆でボロボロになって壊れます。

それが分かっているから高級品は必要ありません。
水汲みバケツは消耗品なのです。

P3198927
P3198928

購入すると、ちょっとしたおまけと手紙が付属しています。

手紙は見たところ印刷ではありますが、こんな物でも日本人の心には響くのです。

まだ2回しか使用していませんが、特に問題はないようです。

ロープの長さが6メートルで、手で持ちやすいようにコブが付いていて引き上げるのは楽でした。

釣り上げた魚をとりあえずバケツに放り込み、時々海水を入れ替えて酸欠を防ぎながら、一番最後にまとめて血抜きを行いました。

こちらの方がかなり時短になる上に、釣り上げた魚のサイズを見比べながらリリースと持ち帰りの選別が可能です。

私のように魚を全て即リリースするタイプの人には必要ないかもしれませんが、毎回持って帰る人や時々持って帰る人には水汲みバケツは必須アイテムと言えるでしょう。

特に、刺身で美味しく食べたい人は血抜きが常識みたいなところがありますから。






それではまた。








最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。