こんにちは。Johnです。

潮位の変動が激しい瀬戸内海では、潮の動きが小さくなる小潮や水がなくなってしまう干潮はかなり不人気です。
今思えば、北海道で釣りをしていた頃は潮回りを全く気にせず釣りに行き、いつ行ってもたくさんの魚が釣れていました。

しかし、瀬戸内海ではそうはいきません。
なんと言っても干潮時には3メートルから5メートル近くまで水位が下がってしまうので、釣りができるところも少なくなるし、魚もそんな浅い岸からは離れてしまいます。

今回は小潮の中でも特に潮の動きの小さいタイミングでの釣行となったのですが、小潮だからこそのメリットも存在します。
大潮や中潮だと釣りにならないほど潮が引いてしまうところを、小潮だと干潮でもそれなりの水位がキープされるのです。

長時間、ダラダラと釣れ続けるのが潮の動きの少ない時の特徴です。

潮が大きく動く時の釣りと潮が小さく動く時の釣りは別物だと考えるようにすれば、「今日は潮が悪いから釣りに行くのをやめよう」とならずに済みます。



集魚灯パワー

今回は初心者の方を連れて集魚灯を使ったアジングをしてきました。

堤防の上から明かりを照らす投光型と水中に直接光源を投入する水中型の2つが存在しますが、私は両方を同時に使用して強力に魚を寄せる作戦にしました。
これで無理ならそこに魚はいないのです。

真っ暗で誰もいない不人気ポイントが集魚灯を使うだけで自分だけの釣り場へと変化します。
人が集まる場所がどんどん釣り禁止になっていく現状を考えれば、少しでもそう言った場所を避けてトラブルなく快適な釣りを楽しむべきでしょう。

この日は少し向かい風があり初心者には厳しめではありますが、最近覚えたライナーキャストの実践だと思って釣りをしてもらいます。

ジグヘッドは1.5gから1.8gを選択し、魚がまだ寄り付いていないタイミングのためより目立つ最大サイズのアジング用ワーム「バーチカルチロリ」を組み合わせました。

デカくてスリムで柔らかい。
アジングワームに求められる要素をクリアした大きなワームです。

もちろん、初心者にも同じ物を使ってもらいます。
「大きすぎるから釣れない」と言う間違った先入観を持たないように気を付けています。

まずはいつも通り、私が魚がどこにいるのかを確認してそれを伝えて同じレンジを探ってもらいます。
このポイントのボトムまでは約40カウントと言ったところ。

集魚灯が効いてくると魚は上を意識するので、そこまで深くを釣らなくとも初心者に優しい釣りが展開出来ます。

上から順に探り、20カウントになったところで早速魚からの反応がありました。

94040E12-8F34-4EDE-9DE2-2BD0197A6470

2尾釣れた後は反応がなくなり、また各層を探っていると今度は10カウントで連続ヒット。
このくらい釣れるようになると集魚灯の効果を実感出来ます。

初心者の方にも伝えて同じレンジを釣ってもらいます。



レンジを探れ

86295033-0744-4E84-B70F-4793C8506106

サイズは20から27センチまでと平均的に大きなアジが釣れるようになっていました。
二人で雑談をしながら、釣れるレンジの情報を共有しながら数を稼いでいきます。

7C2DB930-5E9C-44DF-B73A-B58F1FC3C825
D0EB744E-A908-4E4F-943A-BEF226B0D5D2

例えばさっきまで10カウントで入れ食いだったのにそれが突然釣れなくなる事がよく起こります。
そんな時は群がどこかへ移動しているので、キャストする位置を少しずらしたり探る深さを変えながらアジの居場所を探します。

ワームのカラーにスレたから釣れなくなったのではありません。
騙されないように。

そして、アジの釣れるレンジを特定するにはカウントダウンが欠かせないので、今までカウントダウンしていなかった方は特にそこを意識して釣りをすると確実に釣果がアップします。
最初は意識的に数えているだけでも、慣れてくると自然と行ってしまう習慣となります。

必ず習慣化するレベルまで鍛えましょう。

ちなみに、カウントダウンと言うのはルアーをキャストして着水後に数を数えながら沈める事でルアーのレンジを操作する手段です。

着水した!
1、2、3、4、5、と数えながら沈めて最初は5まで沈めてから釣りをスタートさせ、釣れなければ今度は10まで、20まで、30までとより深く沈めてどこが一番魚が濃いのかを把握します。

基本的な事なので初心者の内に覚えると後が楽です。



前半戦終了

今回は小潮のため瞬間的な爆発力こそありませんでしが、長い時間釣れ続きラインの結束がうまく出来ない人でもチャンスを逃さずのんびりと釣りが出来ました。

逆に大潮や中潮なら短時間だけ爆発的に釣れる事があります。

それぞれの潮に合わせた釣りを展開する事でいつでも釣りを楽しめる人生を送れるはずです。



この後は、場所を移動して朝マズメの釣りを行います。






ロッド:ソアレエクスチューンS58SUL-S
リール:ルビアス2000S-XH
ライン:アーマードF+Pro0.2号
リーダー:プレミアムマックス1号
ジグヘッド:自作ジグヘッド
ワーム:バーチカルチロリ、アジリンガープロ



それではまた。








最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。