こんにちは。Johnです。

この日はエギに匂いと味を付けてアオリイカの反応を見る事が目的でした。
ところが、台風の影響なのか前日の雨の影響なのかイカの姿が全く確認出来ず、久しぶりにスズメダイをフライで狙う作戦に変更。

雨が結構降ったし曇りだし、水温が下がってメバルももしかしたらと言う期待もしていましたが、まさか9月にこれだけ釣れるとは思わず嬉しい結果となりました。



フライでメバル

フライフィッシングでのメバル釣り。
そっちの世界では結構メジャーな釣り方なのですが、どうしてもフライタックルを持っている方限定の釣りと言うイメージが強く私のようにスピニングタックルでフライを投げている人はまだまだ少数だと思います。

メバルをデイゲームで狙う時の定番とも言えるカブラを使っている方であれば、カブラをフライに変更するだけの仕掛けでスピニングで軽量なフライを扱う事が出来ます。

また、シーズン初期の数の少ないメバルは日中に目視で探しながらランガンする方が効率が良くおすすめです。
そんな時にカブラを圧倒する釣果をもたらしてくれるのがフライの威力です。

この日もスタートはカブラを使っていました。
フライを試すつもりは全くなかったのですが、メバルの姿がよく見えずアタリもないので途中でスズメダイ狙いに変更したのです。

これがよかった。

テトラの隙間や少し深いところにいるメバルが疑いもなくフライ目がけて飛び出し、反転してヒットしました。

7BEAC488-A485-43F6-8709-CC7ED2590C1C

あら?
もうメバルが釣れるんだな。

3EFC6344-8904-4AFB-95B5-165BE3DBAF14

しかもアタリが多く、ヒット率もカブラよりも明らかに高い。
カブラでもメバルがいると信じて粘り続ければ釣れると思いますが、ここまでイージーに釣れるのは確実にフライだからです。

18DB8F85-0F87-4EEA-98BE-249A5BD7B0A5
7F984072-6F31-4B97-AFAF-9D641686BADD
A5C68EA4-78EC-4B2B-AA07-31E28264E42C

この日この場所ではそこまで大きなサイズは出なかったのですが、最大で20センチを少し超える程度のメバルが連発です。
なんとか頑張ってカブラで釣っていた頃とは大違い。

3E7A4AD8-6F37-4B90-8EF6-7B949B6CBAEC
7294AEDE-DC27-4C77-8B0C-76AC5CC1CF5D_1_201_a
0396E616-B15F-48FB-A1D4-FB2E715EE635_1_201_a
A76916EA-294B-41EC-8E92-EF23C62A4889_1_201_a
465BDB2E-0216-4CE4-9015-E73E4B05CB45
9F3F1A42-3E9C-4C17-AEB2-3C1A51A3685B

もちろん、全てのメバルが反応するわけではないでしょう。
しかし、カブラと違って食い付いてくるメバルに迷いがありませんでした。

突然メバルが現れたかと思うと、パクッと食べて帰っていくのです。

使い方はスローリトリーブと優しい連続トゥイッチ。
もしくはそれらの組み合わせです。
カブラであれば見切られていたシチュエーションで、まず見切られるスピードでも大丈夫でした。

もうカブラいらないのでは?と思ってしまうくらい簡単に釣れてしまいます。
タイイングツールを持っている方は、巻き方を紹介するので自作してみると良いでしょう。
持っていない方はカブラを使うか、タイイングを始める事をオススメします。

フライ以外にもアシストフックやスイミングフック等の自作が出来るので相当便利に使っていけます。



タイイングに必要なツールについては上記の記事を参考にしてください。
これらの道具にあとはマテリアルさえあればタイイングがスタート出来ます。



フライタイイング

  1. フライフック14〜18番
  2. フラッシャー
  3. タイングステンビーズ3/32
  4. ソフトワイヤー#33
  5. レジンソフトタイプ (星の雫) 
  6. UVライト


必要な物は以上です。
フックやマテリアルは色々試しながら自分のベストを探し出すと良いと思います。

タイングステンビーズは何も考えずに買うと相当大きなものが届いてしまいます。
フックが小さいので一番小さい物が良いです。

BCB0D16B-16EA-4B59-A882-22BC663B6DB3

まずはバイスにタングステンビーズを通したフックをセットします。

7F0AF912-2569-4865-80DC-47290DFF1061

スレッドを巻き付けてビーズを固定します。
この時のビーズの止め方で重心が決まり、姿勢に影響が出るのでずれないように気を付けましょう。

私の場合は、ここまで巻いた時点でヘッドセメントを少し付けて仮止めするようにしています。

9FF43CC6-CB00-48A9-831D-77724DEA45E5_1_201_a

フラッシャーを2本取り付けます。
アミやエビなどの触覚のイメージです。

2D1961DC-4EE2-491F-9838-249CCB440EA8_1_201_a

次にワイヤーを取り付けます。
このワイヤーをぐるぐる巻き付けて体節を表現します。

99AAB7DC-FC41-4D74-B080-76B7FA127B08

ボディはフラッシャーを取り付けてぐるぐる巻いて作ります。

6A57940C-86AC-4899-B248-14A58B5AC248

フラッシャーを巻き付け終わった状態です。
尻尾の方が細く、頭の方が太くテーパーを付けるとそれらしく見えます。

ただ、釣果に影響があるかは微妙なので本人のできる範囲で綺麗に作れば問題はありません。

09D33B6F-D94E-4FCD-80E0-E0DC7C4CF7CD

最初の方に取り付けたワイヤーを体節に見えるような感じに巻き付けます。

後はレジンを乗せるだけなのでフィニッシャーで巻き留めましょう。

B8F087F7-2C51-4BDD-8071-D5E49E338C78

UVライトを即座に照射できるような状態で待機させ、バランスを見ながら少しずつ上側にだけレジンを塗っていきます。
いきなり多く塗ると失敗するので、私はニードルや爪楊枝を使って薄く塗り重ねています。

ちょっと盛り過ぎたかな?
あまり気にしなくても釣れるので大丈夫です。

その時、放っておくとレジンが垂れてしまうのですぐにUVライトで硬化させます。
このレジンは本来はアクセサリー用ですが、仮止めなら10秒で仕上げでも20秒から30秒で完全に硬化する優れものです。
粘りもちょうど良いです。

3DA6A74B-86BC-41B8-8914-9237A4C13E63
BE9D7611-A5F4-4554-ABCC-D5E64FB6ABF2
DFF041A0-1FB0-4BC4-B2B5-DC6C3B114FEF
A476DF63-7CB5-46C5-AF8A-9487B00D5503

メバルはスズメダイと一緒にプランクトンを食べている事が多く、ワームやカブラで釣れない時にこれを登場させると完全に餌だと思って捕食してきます。
小魚を追ってバシャバシャライズしている時はプラグでも釣れるのですが、そんなシーンに巡り合う事はそんなに多くありません。

時と場所に応じて、魚の反応に応じてカブラと使い分けるのがベストだと思います。
しばらく使い込んでカブラがいらないと思ったらフライだけで良いでしょう。

また、私は釣行後に使ったフライは処分するのですが、タイングステンビーズは高いのでそれだけは回収するようにしています。



フライケース

E7E91013-A1DD-4879-913C-4AC431F508DB
2A6C7DC4-1D4A-4A40-B73A-D7808C7CE83A

私が使っているフライケースは、コンパクトさを重視した物を選んでいます。
ライトゲーム用のバッグにプラグ、ワーム、ジグヘッド、シンカーセット、カブラ仕掛け、エギなどライトゲームからエギングまで幅広く対応できるような装備を整えているのですが、そんな中に薄くてコンパクトなケースならなんとか入るからです。

様々なフライケースの中から用途に応じて選ぶと良いでしょう。

私はフライメインではないので、これだけフライが入るなら困る事はありません。
防水だから落としても浮いてくれるのも良いところです。






ロッド:セフィアエクスチューン82L
リール:ルビアス2500-XH
ライン:セフィア8+0.5号
リーダー:グランドマックスFX2.5号
ルアー:フライ



それではまた。








最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。