こんにちは。Johnです。

私自身物心ついた時にはすでにアトピーに悩まされていました。
体の成長に伴って少しずつ症状は緩和し、現在ではほぼ完治したと言っても良い状態です。
少なくとも薬を塗る事はなくなりました。

ネット広告では、育乳や生殖器の肥大化を謳うもの、ダイエットなど個人のコンプレックスを改善できるような詐欺紛いの広告が非常に多く、たまたまアトピーに関するものを見かけたのでそれに関して20数年アトピーと戦った私からアドバイスしたいと思います。

まず基本的にあのような広告は全て詐欺です。
例えば、女性において胸の成長は体の成長と同義です。
従って、体が成長し切った大人になってから謎のサプリを飲んでも成長はまず期待出来ません。
しっかり食べてしっかり寝る。
これが体を育て胸を育てる最も効率の良い方法です。
もちろん成長期の話です。

また、ダイエット広告もよく見かけますが、ダイエットは食事制限と運動が最も効果的です。
そこに甘えたい心の弱い人に謎のサプリやダイエット器具等を売りつけようとしているのだと想像出来ます。
そもそも楽して痩せようと言う考え方が間違っています。
その程度の気持ちではダイエットは成功しません。
その甘えた考えがあなたを太らせ、本来無料で行えるダイエットにお金を払った上に成功しないのです。

これらの広告は「100人の内一人でも騙せればいいや」と一人のバカを探し出してお金を払わせるのが目的です。
義務教育の範疇で十分に「いやいや嘘だろ」と思える内容だと思います。
知識の補充は大人になってからでも可能です。
騙されないように正しい知識を身に付ける努力を忘れないようにするべきです。



アトピー対策

20年以上アトピーに悩まされた私の最適解だけ書きます。
人によってベストな治療法は異なるのですが、ほぼこれでいけるだろうと思われる対策です。

まず皮膚科へは必ず通うようにしましょう。
理由は、プロの診断と薬の処方がセットで付いてくるからです。
すぐに治るものではないため、何年も通って相談しながら最適な治療を探し出せます。
また、処方される塗り薬や保湿剤はそこらの薬局で買えるものより効果が高く安価です。

私も一時期最寄りの薬局で買った保湿剤を使用していましたが、値段が高いので中止しました。
病院で処方されるものがコスパ最高です。

皮膚科へ通い、しっかりと保湿する。
これがアトピー対策として非常に重要です。

もう一つが毎日使う石鹸の選択です。
これに関しては、私も様々な商品を使用してついに理想的な石鹸に辿り着きました。
知り合いの強烈なアトピーで悩んでいる人にも「一度試してみて」と勧めたところ、掻きむしって傷になったところでも全く痛くないとずっと使っているようです。

その石鹸とはセバメドフェイス&ボディウォッシュ(ロート製薬)です。


私はこれに出会ってから他は一切使っていません。
アトピーの症状がほぼでない今でも愛用しています。

レビューを見てみるとどうやらアトピー界隈(肌が弱い人たちの間)では有名らしく、私と同様にこれに出会ってから使い続けている人が多いようです。

それならさっさと教えて欲しかった・・・。

まあでもこうして出会えたのだから、アトピーや脆弱な肌に悩んでいる方へ教えておこうと記事にする事にしました。
これは私だけかもしれませんが、アトピーの症状がなくなり完治したように思えても肌の弱さは残るのです。

アトピー対策にはまず通院、それから保湿です。
この石鹸は洗っても皮脂がなくなってガサガサになる事がありません。
保湿も兼ねた石鹸と思ってもらえれば良いです。

アトピーは治すと言うよりは、症状を緩和しながら長く付き合っていくものです。
そして、子供から大人へと成長に伴って自然と症状は軽くなっていきます。
一発で簡単に治療が完了するものではないので、画期的な方法が病院で紹介されれば別ですが、謎の広告に先に掲載されるような事はまずありません。

信頼出来るお医者さんの下で最適な治療を根気強く続けてください。




以前はウォッシングバーという固形石鹸タイプを使っていました。
ところが、ここ数ヶ月は入手困難な状況が続いており、その時に手を出したのがこの液体タイプです(詰め替え用もある)。
石鹸はケースに入れて乾かして保管しないとドロドロに溶けてしまうという点がデメリットでしたが、こちらはその心配がなく、使用感も固形石鹸と変わらず顔から体までこれ一つで完了します。

また、このシリーズの特徴として草のような匂いが強めです。

最後にもう一度。
通院と保湿。
この2つだけは軽視しないようにしましょう。



それではまた。




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。