こんにちは。Johnです。

天気予報は曇り。
曇りだと見えるイカの数が半減します。

イカが少ないのではなく、単純に見えにくいのです。

目標は500g以上のアオリイカ。
実績ポイントを中心にランガンして、色々なエリアを調査したいと思います。


釣り場1

ここは以前1キロのアオリイカを釣り上げた場所です。
他の場所もそうですが、秋を感じるようになると水面近くを回遊する良型の数が減って来ているように感じます。
夏の暑い日の方が明らかにたくさんのイカが回遊していました。

その代わりに小さなイカは増えました。

この場所では手前のかけ上がりを攻めながら、水面付近をイカが通過するようであればそちらを狙います。
エギはどちらにも対応出来るエギマル3号Dを選びました。


それほど遠投せずに、10メートルから15メートルほどのショートキャストで移動しながらかけ上がりを攻めます。
10カウント沈めてから2回、3回しゃくるを繰り返し、かけ上がり付近へ来た時は少し長めにフォールさせてボトムギリギリを探るイメージです。

74E3721E-3EB7-4B81-AE75-A2221B872D76

この場所はほとんど釣りをする人がいないせいか、比較的素直にエギに反応してくれます。
美味しそうなサイズのアオリイカが最初のヒットとなりました。

12317687-5B12-414F-B723-99C62AAC1E7B

移動しながら反応の良い個体だけを釣って、一番回遊が見込めるところまで移動を続けます。

2EEEDC24-6BC1-4DAF-B799-C4A6554458F6

このサイズでも釣れると嬉しい。
偏光グラスを付けていても、曇りとパラパラと降り始めた雨の影響で晴れの日と比べると視界は半分以下です。
おそらく、これくらいのサイズがそれなりの数いるのでしょう。

今度は、もう少し大きなサイズを目指して遠投とボトム中心の攻めを行う事にしました。
エギをエギマル3.5号フリーフォールへと変更します。


キャスト後にラインを送り出しながらボトムへと届けます。
すると、ある事に気が付きました。

この辺りは大体カウント40か。
・・・あれ?まだ沈む?
カウント65で着底。

なるほど。
ここは30メートル先にカウント40から65へと急に変化するかけ上がりがあるのか。

そして、それに気が付いた瞬間にヒット!

1C73DF20-3E67-4E0C-B4CD-EFFFFD578FA5

ようやく少しマシなサイズが釣れました。
500gには届きませんが、新たなかけ上がりの発見と同時にヒットしたので価値のある1杯です。

ちなみに、イカを1杯2杯と数えるのはイカのボディを器に見立てての事らしいです。
だから、タコも同様にカニの甲羅も器になると。

299A6C29-8B52-46E5-95E5-A89FFF9162C1

3.5号でも結構このサイズのイカは釣れます。

3DDC89D0-7EBE-4A60-8F73-A04E7BF3D71D

暗くなるとソフトフォールタイプへと変更してさらに追加します。



釣り場所2

1FCCB939-F03B-4249-8948-2B35020449AF

雨がひどいのでこの日の最後に少しだけ寄ったポイントで1杯追加しました。
常夜灯周辺にアジのライズが確認出来たのでそれを狙っていたのでしょう。

予報では明日の朝から雨だったのですが、風もどんどん強くなり一度車で休む事にしました。



釣り場3

昨晩から雨が降り続いているのでカッパを着てエギング。
イカは塩分濃度の低下に敏感らしく、大雨や川の増水時には避難するとの話です。

80CFDD8A-1D2C-41A7-98A4-E85F66BB3434

台風のように大雨だったり、雨が続いたりしたら厳しいのかもしれませんが、この日は問題なくヒットしました。
このイカもまあまあサイズです。

DA1F1C76-700F-42FF-8144-DF2FE1D7EF30

よく見ると水中のテトラ帯が終わる辺りに小さなイカがたくさんいます。
昨日の釣りから考えると大きなイカの回遊はなかなか厳しいため、この小さなイカと遊ぶ事にしました。

小さなイカ用にエギ王K2.5号をセットし早速狙ってみると・・・。


FEC3BA6B-F11F-462F-879E-88651510B015
1A3C781B-594B-4ADF-890D-EC2168B4DB60
53D5940A-1D29-45B4-8FC2-08A01FED253D

イカの反応も上々。
秋はこの小さなイカの数釣りシーズンと言う事で、エギングで狙っている人の姿を良く見かけます。
ベテランの方から初心者の方まで楽しめる秋イカ釣り。

たくさん釣った今だから言えますが、エギで秋イカを釣るコツはフリーフォールを積極的に使う事です。
カーブフォールよりもフリーフォールの方が圧倒的にイカが抱きやすいです。



釣り場所4

帰り道に釣れると噂の磯へ寄ってみました。
釣れると言っても小さなイカなので、個人的には大きなイカの回遊に期待して狙いたいところです。

エギマル3.5号をセットして根掛かりに気を付けながら広く浅く探ります。


47793C8B-4FF0-4CD7-A147-E7B915457AAF

早速ヒットしました。
いくつか見える小さなイカと比べるとまだマシに感じます。
3.5号を襲う個体は少し大きめな気がします。

しかし、後は小さなイカしかいないようで少しだけ遊んで終了する事にしました。

7EF148B3-92B5-4414-BE1E-C8F108538A92
CA5E482C-B0C5-4920-90D3-16EC7EACDE3D

大きなイカは・・・いませんでした。

小さなイカは経験値の蓄積もあって比較的簡単に釣れるようになりましたが、後は良型のアオリイカの居場所をどう特定するかが課題です。
基本的に回遊待ちの釣りになるでしょう。

今回久しぶりに磯を攻めてみました。
危険度の割にそこまでイカがいません。

私はやはり堤防やテトラで狙うのが合っています。



ロッド:エメラルダスMX711MLM-S
リール:カルディア2500-XH
ライン:ボーンラッシュ0.5号
リーダー:プレミムマックス2.5号
ルアー:エギマル、エギ王K、エギ王ライブ



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。