こんにちは。Johnです。

午前中、満潮に向かって潮位が上がっていくタイミングを狙って釣行しました。
まずは流れに乗ってやってくる良型のアオリイカを狙い、帰る前に漁港内の小さなイカと遊びます。



濁りの影響は

ここ数日は強風の影響で濁りがかなり出ていました。

濁りがあってそこにイカがいるのであれば、おそらく釣りやすい。
これはイカの視界が悪くなるので、エギが見切られる可能性が下がるから。
一方で、遠くからエギを見つけるのは難しくなります。

だから、濁りがあっても希望を持ってエギングに臨むのですが、濁りが入ると今度は小魚もイカもどこかへ行ってしまって生命感がなくなるのです。

結局、濁りはない方が良い。

そして、この日は前日までの濁りが綺麗さっぱり消えていました。

これならもしかすると良型が回遊してくるかも。
晴れの日の定番、エギ王LIVE3号ブルーポーションで広く浅く探ります。


極力ラインテンションを抜くように、フリーフォールを意識して水深5メートルほどまでを探っているとエギを追尾してくる小さなイカの姿が確認出来ました。

小さいのはいるな。
大きいやつ来てくれ。

C9B3A312-AF27-4C9C-942E-8E645AB790A3

ほんの少しだけマシなサイズが釣れてしまいました。
ラインがピタッと止まる明確なアタリです。

このサイズはここで狙わなくとも漁港内にコイカの集団があるのですが、2時間キャストし続けても大きなイカが現れないので狙いを変更する事にしました。

59E85C39-3E1B-42EE-97FF-4854D13E3478

今日は昼頃には帰る予定なので、ここで移動を決断します。



赤ちゃん

小さなイカの集団が確認出来る漁港内に移動し、エギ王LIVE2号を装備して狙います。


小さく鋭いしゃくりを意識して、イカの目の前からエギが消えるようなスピード感のある動きを与えます。

84C95E48-5D6C-4F47-8278-125299643343

最初はすぐ釣れます。
問題はスミを吐いて抵抗するイカを見た仲間たちの警戒心が一気に上昇する事です。

D6C4FBE2-DC58-4476-BCDB-0C0CC7E039AB
8BD79F4D-B6F7-4037-B532-F1386D17BB31
328C75CE-6841-467E-9264-7F29D898CFF1

どんどんエギに近寄ってくるイカの数が減って来ました。
エギとの距離も微妙に縮まらない・・・。



必殺技

しかし、ここである事に気が付きました。
私が今立っているのはスロープがあるところですが、満潮のため海藻が生えていないところまで水が来ています。
こんな場所であれば根がかる事がないため、一度エギを完全に着底させ動きを止めます。

着底するとそのエギを持っていこうとするイカが現れますが、それでも距離が離れている場合は一度鋭くしゃくり、フリーフォールで落とします。
すると、一気にイカとの距離が縮まります。

一度着底して動きが完全に止まり、そこから突然跳ね上がるのが魅力的なようです。

BB4D7959-43CE-4724-BDC2-FE494920DFBD
EB0D4224-1FD8-47F0-891D-BBDB58772F77
361F4643-D34F-4C62-96D9-2DEBFC7BDCFC
DC7CA48B-5E47-4791-AD97-5CB813810B7C

この方法であれば少しでも寄って来てくれるイカがいれば釣れました。

カーブフォールも微妙、フリーフォールも微妙。
しかし、一度着底させてからのフリーフォールは劇的に効きました。

エギが見えているので抱いたと思ったらフッキングしても良いのですが、ここはあえてラインの動きだけでイカを感知する練習をしています。
この時期を逃すと釣れる数が少なくなってしまうため、今の内に経験値を稼いでおきます。






ロッド:エメラルダスMX711MLM-S
リール:カルディア2500-XH
ライン:ボーンラッシュ0.5号
リーダー:フロロカーボン2.5号
ルアー:エギ王LIVE



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。