こんにちは。Johnです。

修行で通っているポイントは潮の流れの良いテトラ帯です。
普段からアオリイカが住み着いているのではなく、特定のタイミングでイカがやってくるレストランと言うか通過点と言うかそんな感じの場所です。

明るい時間に何度か通い、ようやく傾向が掴めました。



潮の動く時間

上げ潮でも下げ潮でも流れのあるタイミングで、なおかつ激流とならず流れが良い感じに少し緩んだり、他の流れとぶつかったような時に良型のイカが目の前を通過します。
また、夜よりも昼の方がイカの姿が目視できる分狙い撃ちが可能です。

どうやらテトラに沿って流れに乗るようにやってくるらしく、上げ潮の時はイカは左からやって来て、下げ潮の時は右からやって来ます。
足元を通過するためそれほど遠投は必要なく、釣れる水深も見える範囲なのでかなり浅いです。

ただし、あくまでも単発。
キャストを繰り返しながらしっかりとイカの姿を探し、少しの間立ち寄ったところを仕留めるのがこの場所の攻め方のようです。



回遊

私のサイトフィッシングのイメージは、漁港内の何かしらのストラクチャー付近に固まっている小型のアオリイカの群れを、エギを何度も投入してようやく1杯釣ると言うものでした。
ところが、この場所を通過する良型のイカはエギを見つけると迷わず抱き付きます。

漁港内に住み着いた警戒心の高い小型のアオリイカよりも、回遊でたまたまやって来た良型のアオリイカの方が出会う確率は低いものの、バイト率は圧倒的に高くなっています。

おそらく、これがスレてない状態のアオリイカなのでしょう。

湾内に留まった釣るのに難儀するイカよりも、こういった回遊しているイカを狙い撃つ方がサイズが良い上に出逢えさえすればイージーに釣る事が出来ます。



掛からない

80EB2857-B113-4F3E-9D21-08AA169BA884
A68181A4-36C4-4063-8365-FA25C60835E8

今回の釣行でも足元に見える小さなイカと遊びながら、回遊してくる良型アオリイカを狙いました。
小さなイカに関しては、大抵の場合その近辺に住み着いている個体だと思われます。

そして18時頃、明らかに大きなアオリイカが目の前に現れました。
しかも、ちょうど私の操作するエギ王Kが近くにあります。


チョンチョンとダートさせてテンションフォールさせると、なかなか抱かない小さなイカと違って迷わずエギを持って行きました。

・・・これはもらったな。
勝利を確信した私は少し待ってからパシッとロッドを立てました。

が、カンナはイカに一切触れる事なく不発に終わります。

え!?
今ので掛からない?

「エギを抱く多くのイカがフッキングしない」
これは以前記事で書いたのでわかっているつもりでも、これまではイカが小さすぎる故だろうと楽観視していた事が裏目に出ました。

目視でエギを持っていくのが見えても、ラインやロッドに明確なアタリが感じられるまでは待つべきでした。
そうすれば高確率でフッキングしたのに・・・。

完全に私のミス。
経験不足。

しかし、この失敗は次回に活かせます。

強風、濁りと言う厳しい状況でようやく訪れたチャンスでした。
そんな状況でも通り道としては機能している事が確認出来ただけでも良しとしましょう。






ロッド:エメラルダスMX711MLM-S
リール:カルディア2500-XH
ライン:ボーンラッシュ0.5号
リーダー:フロロカーボン2.5号
ルアー:エギ王K



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。