こんにちは。Johnです。

これまでに何度か書いた事があります。

ルアーフィッシング上達の方法とはズバリ「縛りプレイ」です。

一つのルアーだけを持って釣りへ行き、どんな困難な状況でもそれを使ってなんとかするのです。
すると、「このルアーはこの使い方しか出来ないと思っていたけれど、やろうと思えばあんな使い方も出来るんだな」と気付けたり、逆にそのルアーだとどうにもならない状況、つまり他のルアーを登場させる場面も明確になるのです。

私は高校生の時にブラックバスを釣っていた時にこの縛りプレイを行っていました。
その時使用していたのはジャークベイト(ミノー)。
これでトゥイッチやジャークを覚え、使い所やカバーなども無理やり攻めればなんとかなる事を知りました。
なんならこの時期が一番ブラックバスを釣れていたかもしれません。

右巻き、左巻きを矯正したのもこの時期です。

夏場であれば20時までは釣りが出来ていたので、学校が終わったらすぐに近くの池へ行って毎日2時間から3時間ほど釣りをしていました。
最初は苦手意識があっても、続ける内にどんどん得意になっていくのです。

もう十分にこのルアーの事は理解したと感じたら次のルアーに移ります。
この次に縛りプレイをしたのはスピナーベイトだったかな?



どうやらバスプロの方々も同じような方法で上達を実感しているようです。

もちろん、これはブラックバスに限りません。
あらゆるルアーフィッシングに通用します。



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。