こんにちは。Johnです。

こんな蒸し暑い日は川で遊ぶに限ると渓流へ行くと・・・。

C4396A12-F024-4C2B-95E0-19BF26383AA7

川のほとんどが蜘蛛の巣に覆われて釣りにならない。
特に私がこの日向かったのは狭く小さな川だったので、蜘蛛の巣の影響は甚大でした。

無理無理。
これまでにも蜘蛛の巣には悩まされて来ましたが、レベルが違いました。
もうそろそろアブが出現する時期ですし、今年の渓流はもう終了しても良いかもしれません。

梅雨時期は雨がよく降って増水しているため、蜘蛛の巣もそれほどないのですが、今年は雨が少なく梅雨明けと言われても不思議ではないレベルです。



アジングへ

今回は潮も微妙なのと、ガソリンの高騰を考慮してまずは近場のアジポイントへ様子を見に行く事にしました。
ここは寒い時期には相当のメバルを仕留めた場所なので、「メバルが残っていればメバルも釣りたいな」と言う思惑があります。

それなりの人気ポイントですが、夜中の干潮を境に人の姿がほとんど見えなくなります。
私は干潮からの上潮を狙ってエントリーしました。

メバル狙いで散々通ったポイントなので、この流れだと魚がどこに付くのか大体把握出来ています。
フグが大量に見えた事から、ジグヘッド1.2gにシラスビームを組み合わせて探ってみる事にします。


いれば簡単に釣れるのがアジですから可能であれば数釣りを楽しみたいと考えています。

問題はアジがいるのかどうかです。

キャスト後、流れに乗せるようにドリフト気味にフォール中心で狙います。

・・・コッ・・・

49D4485D-64AD-476D-89AA-60907305B09D

いました。
20センチにわずかに届かないくらいでしょうか。
この時期らしい小さめのアジです。

久しぶりにアジの引きを堪能出来ました。
あの僅かなアタリを感じて合わせるのがアジングの醍醐味です。

DDE77601-DB0F-4850-8B9E-D84D77E2DE02

ただ、無数にいる感じはしません。

おそらく、私のフルキャストで届くかどうかのギリギリのラインを出たり入ったりしている印象です。
レンジは表層からボトムより少し上までどこでも反応があります。
群れが少しでもこちらへ寄ってくれればすぐにアタリが出るのですが、何十匹も釣れるような状況ではないようです。

僅かながらアピール力の向上と、フッキング率の改善を目指してワームをアジキャロスワンプへ変更しました。


フルキャストした位置であればフグに襲われる事もなく、このくらいのサイズのアジを釣るには私が知る限りアジキャロスワンプが最も効率良く掛けていく事が出来ます。

747B8DAA-F1F7-45E6-81A7-7B103786EA17

釣れるサイズは変わりません。
17センチから20センチほどのアジが時々顔を見せてくれます。

7CAD340F-5385-40C8-94EA-080671F5D106

今回はメバルやアジラッシュを期待してのマズメ狙いでしたが、空が明るくなると共に魚からの反応は途絶えてしまいました。
面白い。
久しぶりのアジのアタリ、アジの引きはしばらく距離を置いていた私を完全にアジングの世界に引き戻しました。

しばらくはアジを釣りに行く事が増えそうです。






ロッド:ソアレエクスチューンS58SUL-S
リール:ルビアス2000S-XH
ライン:アーマードF+Pro 0.2号
リーダー:プレミアムマックス1号
ジグヘッド:自作ジグヘッド
ワーム:シラスビーム、アジキャロスワンプ



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。