こんにちは。Johnです。

今回は久しぶりにアジングへ行こう!と言うわけで釣り仲間と共にアジが釣れるであろうポイントへ向かいました。



アジがいない

1箇所目は不発。
続いて2箇所目は、以前ケンサキイカがたくさん釣れたポイントでテトラと常夜灯が絡んでいかにも釣れそうなところです。
ほとんど立ち寄る事がないので、下見も兼ねて探ってみる事にしました。

風もなく潮位も高く期待出来ます。
ジグヘッド1.2gに尺アジリンガーの組み合わせからスタート。


大きめのワームで手っ取り早くアジの有無を確認します。

が、反応なし。
テトラ付近や立ち上がった海藻の上を通すと小さなアタリは感じますが、この感触はアジではないようです。

正体を確かめるために釣りを続けていると、同行者に何かがヒットしました。
あのアタリの正体は何だろうか。

「何ですか?」
「メバル!」

頻発するアタリの正体は何とメバルでした。



メバル狙いへ

こうなるともう両者ともにメバル狙いへシフトします。
私は一応プラグも持っていたので、表層を広く探る事にしました。

しかし、同行者はワームを使用して時々メバルを釣り上げているのですが、プラグを使用する私はアタリだけでフッキングに至りませんでした。
反応はあるけれど掛からない時はレンジがあっていない可能性が高く、確かにジグヘッドのスローリトリーブだと1メートルから2メートルのレンジを効率良く攻められます。
一方、シュガーミノー50Sを使用している私は投げて巻くだけだと水面下30センチ以内を攻める事になります。


表層でライズがあるとか、ガンガン当たってくるならプラグが効率的ですが、今回はどうも少し深いレンジを攻められるジグヘッドとワームの組み合わせの方が良いようです。
ジグ単の方がびっしりと生えた海藻に引っ掛かるリスクも下がります。

そこで1.2gジグヘッドにビームスティック1.5インチを合わせて昔ながらのスタイルでメバルを狙う作戦に変更しました。


キャストしてデッドスローリトリーブ、カウントダウンして沈めてからスローリトリーブ。
ボトムでは反応がありませんが、概ね水面下1メートルから3メートルの間で連発しました。

フォールよりはリトリーブの方が良かったです。

DA97DC1E-723A-4C4E-9681-F09F4AB2994F
659164E2-F7D6-4548-A6FA-B33CEB5564CA
A05CDF19-429E-4372-B063-D02BC555E07A
12704287-9AD8-4354-88A2-B79FC1790061
6B9F8464-0A3D-4C8A-AC70-38A0BB5A13A5

懐かしい。
中学校の時にメバリングをするようになってから、今も昔もこのスタイルが最も基本的なメバリングです。
これを散々やって来たからプラグの有利なシチュエーションがよくわかるのです。

254351F7-43F5-4947-86B9-4A3FCA0482B8
51F958C5-DF46-43AA-A70F-7179C45502E8_1_201_a

20センチまでも小型が多いですが、これだけ連発すれば楽しめます。
最大サイズは23センチでした。

4EEA578F-4002-43A9-B353-AF19591ECE8B
4E97CF15-DE78-4549-BAA2-A5A569618015
B7E25555-7125-4F69-82F3-5DA86C090EF8

蛸から逃れてテトラを登るカニも捕獲しました。



足元でも

しばらく楽しんだ後、再びアジを求めて移動しました。

DC9F459D-69C7-4FF1-8CC9-4D5F852A5A9F_1_201_a
FC974EC5-E070-4E61-87BE-51E34F98561A_1_201_a
26E3ED7D-2F34-4E8A-A0A5-8CB7DF5DE440
C4BC4E74-6A44-42DD-908F-C475F577E854
A49B0052-A539-44FF-8BB6-5B6FD7C5E974
43695951-C6ED-42FD-B666-1CDC9BADE1A6
093A2039-89A4-443F-B758-FA149B1B9739

奇跡的にアジが1尾釣れたものの、基本的にはメバルがよく釣れる日でした。
特に足元にジグヘッドを落としてそこからロッドで持ち上げて落とすを繰り返すだけで、小さなメバルが連発したのには驚きました。

もう7月だと言うのに小さなメバルはまだまだ元気いっぱいです。
梅雨次第ですが、7月いっぱいは狙えるかもしれません。



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。