こんにちは。Johnです。

家から30分の川では、ある位置からイワナとアマゴが綺麗に棲み分けをしています。
そこを境に上流側ではイワナしかおらず、下流側では9割がアマゴです。

今回はこれまでに釣りをした事のないアマゴのエリアを調査してみる事にしました。



反応悪し

数日前までは若干の増水がありましたが、到着してみるとすでに水位は下がりなかなか厳しそうな感じです。
濁りもありません。

トラウトは渇水気味でも濁りがあれば結構イージーに釣れます。
ブラックバスやシーバスをはじめ、この辺りはルアーフィッシングには共通する要素かもしれません。

石と石の間の僅かな流れを撃ちながら進んでいくので、最初はラパラCD3からスタートします。


蜘蛛の巣を避けながら良い流れの中へ通し、アマゴからの反応を待っていると・・・。

チェイス!
小さいですが、あれはアマゴでしょう。
やはりここにもアマゴは潜んでいました。

ところが、しばらく釣り上がってもチェイスのみでバイトに至りません。

これは厳しい。
この水量ではルアーが見切られてしまっているようです。

487DEE86-74CF-4C12-8409-A18189C67343

そんな中、奇跡的にヒットしたのは極小サイズのアマゴでした。
流石に小さい。
でも、美しい。



最後の滝

いつか食い付く普通サイズのアマゴに出会えると信じて進んで行くと、これ以上は登れない滝へと辿り着きました。

ここが最後のポイント・・・。
時間も迫っているため、釣れなくても終了しなければなりません。

水深がある事を考慮してリュウキ45Sへ変更しました。


可能な限り遠距離で、端から端まで順番に撃っていきます。

23C03767-00BE-43F6-87A1-3B5FE9CD1B53

キタ!
これも小さいですが、先ほどよりはまだマシ。

E6CAD61D-B537-4D76-9128-5E7088DBD122
876575FA-3089-429F-8F8A-7B43F36A7861

小さくてもこの美しさです。
パーマークと朱点の美しさであれば、大きなアマゴよりも小さなアマゴの方が優っています。

サイズはイマイチでしたが、この綺麗な魚に会いに来ているので私は満足出来ました。

次はもっと水量のある川を選ぶか、雨が降って増水したタイミングに試してみようと思います。



ロッド:Beams blancsierra 5.2UL
リール:カルカッタコンクエストBFS
ライン:ナノダックス 6LB
ルアー:CD3、リュウキ



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。