こんにちは。Johnです。

今回は干潮からのスタート。
噂のキジハタを狙ってからメバルの様子を見に行きます。



キジハタ

この辺りではまず釣る事のできないキジハタ。
それがイワシの接岸に伴い、湾内に入って来ているらしい。

おそらく、数としてはそれほどでもないのでしょう。
普段の釣れる確率が1%だとすると、それが10%になったくらいのものだと思います。

ロックマックスをテキサスリグにしてボトムとそれより少し上をスイミングで誘います。


また、同行者には以前作成していた直リグを渡して試してもらう事にしました。

FA298EEC-45A4-4615-99B9-D7ECD3663503
37A66387-4EB4-4823-A9D9-614AA2AA0AE1

テトラ際、堤防際、沖へ投げて広くサーチします。
私はほとんどアコウを狙う事はないのですが、これまでに狙った限りではテトラや堤防の際が最もヒット率が高いです。

しばらく釣っていると、同行者に何かがヒットしました。

9288FB23-9624-4F19-A888-CFAF120EB3BE

正体はアコウ狙いの外道の定番カサゴでした。

72A6D443-5FF8-4F47-B564-70CDDE26CF6E

自作した直リグが活躍してくれました。
ごり巻きしたと言う事でしたが、強度的には問題なかったようです。

その後は反応なく終了。

そして、なぜか風が強くなって来ました。
予報では風速2メートル以内・・・。



メバル

最近メバルが釣れていると言う場所へ案内してもらいます。
私はしばらく離れていたので状況がわかっていませんから。

干潮から考えると少しは潮位が高くなりましたが、まだまだメバルが釣れると言う感じはなく、満潮前後まで粘りの釣りとなりました。

見渡した限りでは、周辺は全て底が見えるほど浅くダメ元で漣Z60Fからスタートします。

遠投して水面直下をゆっくりとリトリーブします。
風が強くルアーが水面を滑ってしまう事を考慮してS.P.M.55は選択肢から外しました。


小さな川が近くへ流れ込んでいるため、増水していればメバルが爆釣の可能性もあります。
しかし、この川はなんとか水が流れている程度で正直言って釣れる気がしません。

星を眺めながらリトリーブしていると、ゴッとはっきりとした感触。

DDF275DE-9414-4889-9AB8-B655C5B1F689

キター。
超久しぶりのメバル。
寒い時期も暖かい時期も同じ方法で釣れます。

この魚は水深が浅すぎるため遠投した先で釣れましたが、他に反応があったのはテトラや海藻の際です。
特にこの時期は常夜灯の明暗や何かしらの障害物に潜んでいる傾向が強く、その付近を中心に狙うと良さそうです。

ただ、この日は風が強過ぎました。
立っているだけで危険なレベルです。
海から陸へ向かう風だと波が打ち寄せて入れ食いの可能性がありますが、この時は陸から海へ向かう風でした。

それでも天気アプリは風速1メートル。
おかしい。
確実に10メートルは超えてます。

この場所での釣りは諦め、帰りながら安全な漁港へ立ち寄りました。

88C6D0CF-863C-4A8E-8A52-B256C3DC86D9
EA4D02B4-0657-4EB5-9033-1E5199D57620

そこにいたのは極小サイズのメダカメバルたち。

プラグでの釣りは難しいため、めばるingカブラでなんとかヒットさせました。


あそこまで風が強くなければ、もう少し良いサイズが釣れそうなポイントの選択肢もあったのですけど・・・。

良し!
次もメバルだ!

と言いたいところですが、他にも狙わなければいけない魚、やらなければならない事があるため、以前のようにひたすらメバルを狙うと言うのが今は難しいのです。
時間が足りませんな〜



ロッド:ブルーカレント82
リール:カルディア2500-XH
ライン:ボーンラッシュ0.5号
リーダー:フロロカーボン2号
ルアー:漣Z、シュガーミノー、プラティ、スープラ、S.P.M.



それではまた。





にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。