こんにちは。Johnです。

前回の膝と顔の負傷から数日が経過し、ある程度ダメージが回復して来た段階で再びイワナを釣りに行って来ました。
ここには私以外の釣り人がまずやって来ないのだから、どこかには必ず大きなイワナがいるはずです。



まずはスピナー

キャスト練習も兼ねていつものARスピナーを使いながらどんどん釣り上がります。


ベイトフィネスで使う場合、3.5g以上のスピナーを選択しないと低弾道のキャストが決まらずストレスを感じます。
さらに小さい2.1gは、広い場所でなんとなくあっちの方へ飛べば良いと言う時であれば使えます。
全く使えない事はないものの、狭い渓流でピン撃ちをするなら3.5gが最低ラインです。

ある界隈では、現在のベイトリールは1gのジグヘッドが投げられると言われる一方で、私が3.5g以上にしましょうと書くと「一体どう言う事なんだ?」と思われる方もいるかもしれません。

渓流ベイトフィネスでは上下左右を草木に覆われ、障害物の下へ直線的な軌道でルアーをキャストする必要があります。
海のような広い場所と比べるとキャストフォーム・キャストコースが制限され、飛距離よりも精度が要求されるため、手首と肘だけ動かすようなコンパクトスイングでスパッと直線的なキャストが不可能な1gから2gのルアーは実質的に使う事が出来ないのです。

また、そこまで軽いルアーが必要なシーンには今のところ遭遇した事がありません。
私がよく通っている川幅が5メートル以内、深いところで水深1メートルほどの小さな渓流でもARスピナー3.5gがちょうど良く感じています。

B97455AA-1F8C-4441-AB55-A7C765C2CDB1

実際に釣り上がっていくと、ここ数日雨が降っていなかった影響で水位が下がり、イワナがルアーを見切るのがとても早い事に気が付きました。
水深が浅すぎてフッキングと同時に魚が飛び出してバラシも多発・・・。

私の場合はブログ用の写真が撮れない事が残念なだけで、ルアーに反応して口を使ってくれたと言う事実があれば十分満足です。

そして、小さなイワナ達と戯れながら先へ進んでいくと、以前良型イワナを釣り上げたとある淵へ到着しました。



イワナが潜む

ここはそれなりに水深がある事と、水位の低下による気付かれ易さから遠投が可能なリュウキ45Sを選択します。


少しずつ間合いを詰めながら撃っていくと、小さなイワナが何度かチェイスして来たのは確認出来ました。
少し濁りが残り釣れそうな雰囲気は醸し出していましたが、チェイスのみで終了です。

以前の釣行で4尾ほど釣り上げているので、今ここに残っているのは少し気難しい魚達だけなのでしょう。

私はここで無理をして魚を狙う事は諦め、落ち込みや岩を狙ってフリップキャストの練習を始めました。
ブレーキ力の再確認とキャストフォームの見直しです。

また、ロッドを立ててトゥイッチした場合と、ロッドを寝かせてトゥイッチした時の攻略レンジの違いも見ておきます。

上流からの落ち込みに良い感じにキャストが決まり、さらに深いところを探れるように間を取ったトゥイッチをしていると、突然グッと重い感触がありました。

ん?
ボトムの枝か何かを拾ったか?
すると、ギラッギラッと水面下に魚姿が。

でかい!

フックの掛かりを確認しながら慎重に寄せます。
これまでに釣り上げたイワナと比べても明らかに大きな魚体です。

D0F52316-7000-4C4F-9195-BF4D8A32BE64_1_201_a

大きく成長したマス類の特徴であるこの顔。

364E74E7-6A74-46EB-8769-6859D5D67611

欠けのない綺麗で大きな尾びれ。

579E55B7-7864-4AA1-B410-A7738F31777B_1_201_a
E9202F47-220E-488D-AB22-AAA2EFCA1193
B2EF69FD-3EAD-45CF-8330-8BDF5543CD5D_1_201_a

家から30分の釣り場でこんなカッコいい魚と出会う事が出来ました。

以前、渓流ベイトフィネスを始めたばかりの頃に大きなニジマスを釣り上げた事がありましたが、それと同じくらい嬉しい魚です。

写真のレベルが低すぎてその魅力を伝えられないのが残念です。

さっさと撮影を済ませて、もといた淵へリリース。

この魚は他の小さなイワナが追いかけて来ていた表層ではなく、ボトム付近で食いついて来ました。
ロッドを寝かせて間を取ったトゥイッチをしていた事が功を奏したのです。

今思えば、以前釣り上げたニジマスも濁りが残る増水気味の環境で少し深いレンジに入るようにルアーを操作していた時にヒットしています。

濁りとレンジ。
特に大きな魚が潜んでいそうな水深のあるところでは、この二つを意識して攻めていこうと思います。

素晴らしい魚体でした。






ロッド:Beams blancsierra 5.2UL
リール:アルファスAIR TW
ライン:ナノダックス 6LB
ルアー:ARスピナー、リュウキ45S



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。