こんにちは。Johnです。

ここ最近は佐田岬方面へは全く行っていない。
結構近場で気軽に楽しめるメバリングを目指しているから、あそこまで行くのが遠くて遠くて・・・。
特に帰り道が苦痛です。

近場をやり尽くしたら足が向くかな?

そう言う事で今回も道端での釣りです。
これまでに少しだけ釣れた事のあるポイントの様子を見つつ、気になったところに降りてみる予定です。



巻きで釣る

道端の釣りをこれまで色々な場所で行って来た中で、例えば堤防の常夜灯周辺でトップウォーターを浮かべて流すような釣り方はまず通用せず、基本的にはひたすらリトリーブになる事がほとんどでした。

常夜灯がない事と、流れもほとんどない事が理由だと思われます。

また、オープンよりはテトラ際で釣れる事が多く、散々巻いた後に反応しなかった個体をサスペンドプラグで探り、そのポイントは終了となります。

使用するプラグは、シュガーミノー50Sリッジスリム60SS漣Z60Fなどの巻いて使えるシャローミノー。


いずれも、動きが出過ぎないようにゆっくり巻く事を意識する必要があります。
ブリブリとした激しい動きが有効な場面もありますが、基本的には大人しい方がメバルは好みます。

97D24138-C070-470C-81D3-C3ABA7233F44
018103DB-3BF6-439A-A5E6-8FBCE914D8DF

最近は他の二つの使用を控えて漣Z60Fばかりを使用していますが、すごく使いやすく重宝しています。

D5E495AC-C2AE-41E2-B3CA-449D4402605D
9D55FF49-F1E5-4705-93B6-19F3153F96C4_1_201_a
C9B29FAE-CF1A-45D8-94EC-CB0027E2283B

この日は様々な場所で少しずつメバルを拾いながらのランガンとなりました。
同じ場所へ何度も足を運び、何度も釣っていると特に道端ポイントは魚の数が少なく枯渇気味となります。
全てリリースしていても、釣れなくなって来ます。



河川絡み

いつもの道端ポイントのさらに先。
テトラをずっと歩いていくと、小さな川が流れ込んでいるところを発見しました。

こう言うところは、流れもあり、河口と同じで餌が豊富なので期待出来ます。
今度は是非、増水したタイミングで、満潮前後のタイミングで訪れたい場所です。

4F181489-D42B-4EBF-BBB3-536846391A52

ジェイドサスペンドをテトラ際にキャストしながら少しずつ移動して探ります。


5F0630F0-A7E2-4625-9B32-754E6A61266B

川から離れるとメバルは釣れるのですが、川へ近付くほど反応がなくなります。

単にメバルがいないのか、それともリトリーブにしか反応しないのか。
漣Z60Fに変更して探ってみると、微かなアタリを何度か感じました。

やはり、基本的にはこう言う場所は巻きの方が良いみたいです。

ここで、おそらくもっと浅いレンジでも食い付いてくるであろうと、新しく導入したジョインテッドクロー70Fを試してみる事にしました。


凄まじい回転のため、飛距離が絶望的ですが、近距離なので問題はありません。

明るい時間帯に確認した感じだと、ゆっくり巻くだけで水面下20センチまでを大きすぎない緩やかなS字で攻める事が出来ます。
これは釣れる!と思える動きです。

A9C83FC5-C1B4-49D9-8D90-05AE1B5D70D8

大きなプラグでメバルを釣るのに抵抗を示す方も多いですが、特に何の問題もないようです。
飛距離以外は(シュガーミノーと同じくらい、下手をすればそれよりも・・・)。

メバペンマグナムと同じような使い方が出来るのでは?と考えて試しに購入してみました。
放置で流す使い方、リトリーブで水面直下を泳がせる使い方、と似たような雰囲気はありますが、全く別物だと考えて使った方が良さそうです。

どこかにマグナムの代用となるトッププラグはないだろうか・・・。



次は最近導入したステルスペッパーやジョイクロを活躍させる事を目標に釣りをしたいと思います。






ロッド:Groovy 80S FLIGHTEX
リール:ルビアス2500-XH
ライン:ボーンラッシュ0.4号
リーダー:フロロカーボン2号
ルアー:シュガーミノー、SPM、漣Z60F、ジェイド、ジョインテッドクロー



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。