こんにちは。Johnです。

4月8日、愛媛県の警戒レベルが最も高い感染対策期となりました。
現時点で病床数を感染者数が超えている状態です。
書き溜めている記事は更新が続きますが、釣行はしばらく控えます。
釣行以外の記事がどこまで続けられるか挑戦です。

今は我慢するから21日までできっちり終わってくれ!



今回は新規開拓で様々な場所に行って来ました。

ただ、なかなか厳しい。
簡単に連発するような場所は見つからないし、春休みである事も影響してか釣り人がすごく多い。

人を避けると自然と新規開拓になっていました。



デイゲーム

まずは夕方のラッシュに期待して、サーフに突き出した波止のテトラ周辺をめばるingカブラでサーチします。


ワームと違ってメバルの反応が抜群に良いのと、デイゲームに付きまとうフグの攻撃に耐性があって使いやすいです。

9E44512C-3443-4DDC-A7AA-5DBD8B549C7B

で、唯一釣れたメバルがこれ。

1BB57A46-6121-4CF5-BB2C-0E63DFE30F63

バーブレス仕様にした12号のカブラを使用していましたが、しっかりフックは貫通しています。

その後、夕方のラッシュは何もなく終了。
タイミングが悪いのか、それとも魚が移動してしまったのか・・・。

おまけに、動作確認をしていたステルスペッパー70Sにでかい魚が食い付いてテトラの穴に持っていかれてしまいました。
足元の穴からあんなのが出てくるなんて想定外です。



ナイトゲーム

大潮の満潮が21時頃。
どこも釣り人が多く、漁港は釣りが難しいと判断して道端ポイントの開拓を行う事にしました。

ほぼ満潮のため、道端でも十分な水深があり、なんとか降りられるところを探してテトラ際を中心に漣Z60Fを通して様子をみます。

すると、メバルと思われるアタリが連発する場所を発見しました。

これまでの経験上、メバルが無数にいるところは別にして、いくらリリースをしても通えば通うほど釣れる魚は少なくなってしまいます。
これだけアタリがあると言うことは、おそらくほとんど攻められていないポイントなのでしょう。

痛恨のバラシを2回経験した後、ついにキャッチに至りました。

6829BCC8-46C8-4012-952B-4E02CFD3D092

釣れたのはシロメバル。
底質が砂のエリアではシロメバルが釣れる事が多く、クロメバルに占領されつつありますが、いるところにはしっかりいるようです。

ただ、数はそれほどいないようで、今度はまた違ったタイミングで攻めてみたいと思います。

リトリーブで散々探った後に、それでは反応しないメバルをジェイドSPで仕留めました。


リトリーブで少し潜らせてから、チョンチョンとトゥイッチして少しポーズ。

6FB3F44A-C5AB-484F-AE32-AD09FD371703

これもシロメバル。
どうやらシロメバルポイントを発見してしまったようです。

かなりの距離を歩いてようやく辿り着いたテトラ帯で、ターゲットのメバルに出会えた事で私の心は救われました。
疲労で膝はガクガクです。

朝のラッシュを狙うために、ここで休憩を挟みます。



早朝

エリアにもよると思いますが、この朝のラッシュは非常に短い事が多いです。
どちらかと言うと、夕方の方がそのままナイトゲームに突入するため、少し長く感じます。

私が朝を攻めるのは、他に釣り人がいない事が多く、誰にも邪魔をされず、メバルを釣っても気付かれないため、ポイントに人が押し寄せて枯れさせる心配もありません。

以前から気になっていたテトラ帯へやって来ました。
それなりの水深と波止の曲がり角になるので、流れもそれなりに効いていると予想しています。

暗いうちからエントリーし、いつ始まるかわからないラッシュをステルスペッパー70Sを投げながら待ちます。

このルアーは特有の爆発力があり、マズメのタイミングで投入するようにしています。

・・・反応なし。

この場所はメバルがいないのか、それともレンジが合っていないのか。

次は流れを考慮して漣Z60Sを選択。

シンキングの割にかなり浅いレンジを探れる上に、飛距離が抜群です。

2DB5A512-B5D2-49DD-BA65-3B6C82847EC9

いました。
ちょうどテトラに流れが当たっているところでヒットしました。

25センチほどの良型。

数は釣れなくとも一応新規開拓成功と言っても良いでしょう。

A687C6C4-5F74-4529-B632-2FFDA4369C8C

と思っていると、続けてヒット。

流れが当たる面を攻める関係で、より適しているであろう漣Z60Fに変更します。
カウントダウンせずに使用するシンキングよりも、こちらの方が少し深いレンジを泳いでくれます。

A5E058EC-6908-4AEE-BCAB-EA66E8C9C855
DBB6EA00-50CA-4D14-94C6-414442475B68_1_201_a

この場所は近くに川が流れ込んでいて、底質は砂です。
クロメバルとシロメバルがどちらも釣れました。

今回はほぼ干潮のタイミングでの釣行となりましたが、もう少し潮位が高いタイミング、もしくは雨で川が増水した時にはドラマが起こるかもしれません。

竹の子を掘りに行く用事がある為、本日はここで終了。



竹の子

96BFDF45-604F-48F8-8F84-18C8A7103D2E
4097007B-2685-40A5-BC15-016F9BA72FA4
D74CF969-D3BD-4BC1-9CAB-BEC7C42D8E6B

昨日も掘り起こしたのですが、今日になるとまた少し頭を出している竹の子を見つけました。

この竹の子がなかなか厄介で、食べるにしても多過ぎるといらないし、かと言って放置すると竹林が広がってしまいます。
従って、食べる食べない関係なく掘る必要があります。

どこかで売れたら良いのですけど、竹の子を食べる人も少なくなっているのでなかなか売れません。
ネット販売も考えましたが、どうしても到着まで2日、3日かかります。
竹の子は掘り起こしたその日の内に調理しなければ味が落ちます。

スーパーで売っている竹の子も2日くらいは経っている事を考えると、少し古い物でも問題はないのですが、どうせなら鮮度抜群の竹の子を食べて欲しいところです。



ロッド:Groovy 80S FLIGHTEX
リール:ルビアス2500-XH
ライン:ボーンラッシュ0.4号
リーダー:フロロカーボン2号
ルアー:漣Z、ジェイド、オルガリップレス、シュガーミノー



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。