こんにちは。Johnです。

今回は、前回の記事の続きとなる朝マズメの釣行です。
他の場所であっても潮が良くなければ釣るのは厳しいのかどうかを検証します。



やっぱプラティ

到着したのは午前3時頃でした。
マズメラッシュが始まるのは大体5時半からなので、それまでの間はいつものナイトゲームを楽しむつもりです。

最近は小アジの群れが至るところでライズしていて、なかなか本命のメバルを引っ張り出すのが難しい状況が続いていおり、今夜もそんな状況の中釣りをスタートしました。

パシャ!
ピチャ!

至るところでライズが確認出来ます。
しかし、アジとメバルが混ざっているため、安易にメバル爆釣とはいかないのが現実。

まずは巻きで釣れるのか、止めで釣れるのかを確認します。
良く使っていたシュガーミノーに代わりパイロットルアーの座に着いたオルガリップレス


おそらく、これでは釣れないでしょう。
釣れないと思っていても、それは確かめなければ不確定な情報として居座り続けるので、切り捨ている意味も込めて探ります。

3回から5回も投げれば十分です。
そして、ライズがたくさん見える割に一切反応が得られませんでした。

もしかすると、オルガリップレスのシルエット、アクションがこの日にあっていないだけかもしれないので、他にもミノーやシンペンを試しておきます。

・・・全く釣れない・・・。
リトリーブの釣りは今日はダメなようです。

それでは予定通りプラティSWを投入しますが、その前に大きなプラグではどうなのかを確かめるためにメバペンマグナムとスープラ65PDを試します。


ここまでしっかりと確認をしてからいよいよプラティSWをキャストします。


プラティが最強と何度も書いてきましたが、チューニングさえ忘れなければメバペンを超えるプラグと化します。



アップクロスにキャストして、チョンチョンと軽くアクションを入れてしばらく放置・・・パシャッ。
果たして今の魚はアジなのか、メバルなのか。
予定よりも強い横風に苦戦しながら何とかヒットに持ち込みます。

5D9A5B65-BA4C-46B4-9DC2-C831399DC951_1_201_a

パシャパシャしているライズの大半はアジ、さらに15センチ未満のメバルを続き、最後に20センチ以上のメバルと言う感じでした。
だから、相当なバイトがありますが、ほとんどフッキングしません。

D5E773DA-84B4-429B-8CA1-A0FB5BC1A3D3

何とかフッキング率を改善するために、サスペンドやシンキングのリッジ35も投入しました。
サスペンドは販売されていないので、自身でカスタムする必要があります。



しかし、こちらでも時々アタリを感じるのですが、抜けます。
この感じはおそらくアジでしょう。

DCB2257A-B436-469C-BB22-D070EC92908F

唯一このメバルだけは反応してくれました。

50C4E78A-D9C5-4829-A308-C01E054D9655

引き続き、プラティSW中心に攻めます。

4FE3069D-98D4-4EEF-8625-C0828421D6C2
709DE13F-5A6E-42DF-B882-7A17FE1EDE63
F05E2B42-FE3B-456C-917D-93602C5E89E7_1_201_a

色々試している内に良い時間になったので、ここからマズメを意識した釣りに変更しました。



マズメ不発

ミノーを中心にリトリーブの釣りを開始します。
潮の流れがいつもと異なり、弱い上に逆向きな事は少し不安要素ですが、マズメの力を信じてキャストを続けます。

80828589-B4BB-406A-BA37-C0AC5C01F536_1_201_a

漣Z60Fで小さなメバルがヒット。

う〜ん。
このタイミングでこのサイズと言う事は・・・。
厳しそうです。

反応が悪すぎるため、射程距離を広げるためにナッゾジグ5.5gを投入。
しかし、ヒットしたのはアジでした。

そして、周囲もすっかり明るくなりマズメラッシュ終了です。
やはり潮の影響はかなり大きいようです。

いつもならここで片付けをして帰るのですが、今回はめばるingカブラを使用してテトラ際のメバルの反応を確認してみる事にしました。


デッドスローではなく、それなりのスピードで目の前を通過する小魚をイメージさせて使います。

91D0B170-F21E-4148-853E-168C86FB7EDF_1_201_a
A0C5714E-0E02-4337-BE93-9CE5D3341235_1_201_a
9B0484BB-23AD-4D88-B125-852395544C6D
3F59951F-F593-4148-BA56-910E13D3179F
556A786B-D133-4BC5-B2AA-80638AD66C56
48D63072-DF1B-44E3-B221-BBCFF7F1444D_1_201_a
641F8A19-AD58-41AA-BC9F-F696AA88D2E9_1_201_a
8EEE7161-10CB-4FBE-9D17-E1BCF221B7B0
5B81E08D-BDD3-423A-9E9B-8C8A4E528A1D
76EE6379-58DB-4298-9819-89F2665A9EA1

小さいメバルは入れ食い。
そして、このサイズが夜ライズしていたと考えれば、あれだけバイトがあっても掛かりが悪かった事も納得出来ます。

それでも、その中からしっかりと良型メバルを引っ張り出してくれるプラグの力はやはり素晴らしいです。

検証は十分に出来たので、今回の釣りはこれで終了。
こんな時のためにカブラは持っておいた方が良いでしょう。






ロッド:Groovy 80S FLIGHTEX
リール:ルビアス2500-XH
ライン:ボーンラッシュ0.4号
リーダー:フロロカーボン2号
ルアー:プラティ、リッジ、SPM、シュガーミノー、オルガリップレス、メバペン、スープラ、ジェイド、漣Z、カブラ



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。