こんにちは。Johnです。

最近マイブームとなっている朝マズメのメバルを狙う釣行です。

リッジスリムの代わりに漣Z、シュガーミノーの代わりにオルガリップレスを導入。
どちらもここ数年で登場したプラグなので、飛距離抜群の上に値段が安くて助かります。



干潮は厳しい

到着したのは午前4時。
干潮から少しだけ上げ潮に変わった頃ですが、あくまでもタイドグラフでそう表示されるだけであって、目の前の海では何も変化が見られません。
つまり、潮止まりです。

しかし、この潮位の低い状況でも時々メバルらしきライズが確認出来ます。
もう少しで、左から右へ向かって潮が動き出すはずです。

ここ最近の傾向からプラティSWを選択しました。


最もメバルが反応するトップウォーターではありますが、流石に潮止まりでは厳しいと思われます。

流れがないので、パシャッとライズが出ているところへダイレクトへ撃ち込んでいくと、意外な事にそれなりに反応してくれました。

おっと。
これは普通に釣れるのでは・・・。

ところが、全く掛からない。
ピチャピチャやっているメバルの多くが小型なのでしょう。
潮位が上がり、しっかりと流れが効いていればもう少し大きなメバルが反応してくれそうですが、今の状況だと結構厳しい印象です。

そこで、今度はリッジ35Fを試す事にします。
しっかりと動かしてからのポーズで、もしかすると反応を示してくれるかもしれません。


ポンプリトリーブからピタッとポーズ、チョンチョンとトゥイッチからの止め。

・・・反応なし。

左から右へ潮は流れ始めていますが、これはなかなか難しそうです。

ダメ元でオルガリップレス50に変更し、広い範囲をリトリーブで探ります。

これは最初からわかっていた事ですが、やはりリトリーブでは反応しません。

いや〜厳しい。
大人しくプラティSWを朝マズメのラッシュまで投げ倒すか?
それなら少しは釣れるはずです。

悩みながら釣りを続けていると、テトラ際で比較的大きめのライズを確認しました。
同時に、足元を泳ぐ小魚(10センチ程度)が5匹ほど、テトラに沿って泳いでいる姿が目に入ります。

もしかして、小魚食ってる個体がテトラに潜んでいるのでは?

オルガリップレス50をピッとキャストして問題のテトラ際を通してみると・・・ゴンッ、ドバババッ。

でかい!
跳ねる?
シーバスか?

テトラにラインを擦られないようにグルーヴィの長さとパワーで寄せて来ると、正体はメバルでした。

48BB0383-DAA0-455C-BAA0-95C8A2A03586
CC778362-8D3F-42AB-96D8-9B7E5EE7309C_1_201_a

小さなメバルが潮止まりの水面でプランクトンか何かにライズを繰り返す中、大きなメバルはストラクチャー際で自分に相応わしい美味しいエサを待ち構えていたようです。

これは以前私が、「メバルがあまり釣れない時はマダイや大型のメバルが釣れる事が多い」と言っていた理由でもあります。
食べているエサが他と違う事があるのです。

良型メバルをリリースした後は、引き続き目の前で繰り返されるライズを狙います。

ここで同じプラグでもブレードチューンを施した物を選択しました。
「こんな時に効果を発揮してくれないならそもそもブレードを付ける意味がないよね」と言う私の思いに答えるように・・・。

7BD84175-F16F-4D21-87BF-EA441BF7B7E4
EAAC9923-FAD5-4F54-B833-561E372B7816

ブレードチューンを施したプラティSWを丸呑みです。
不思議な事に、ブレードチューン済みモデルだとアタックの数が倍増し、ロッドをググッと持っていくような感触も増えています。

ついにブレードチューンが真価を発揮する時が来たか!
しかし、それに気付いたのはマズメラッシュの少し前でした。
大人しく、ラッシュ狙いのミノーへ変更します。



マズメラッシュ

マズメラッシュの先発は、先ほど良型を仕留めてくれたオルガリップレス50です。
重心移動搭載で飛距離は抜群な上、レンジも水面下20センチまでと非常に使いやすいリップレスミノーです。
また、43mmと50mmの2種類が存在しますが、飛距離的にも搭載出来るフックサイズ的にも50mmの方が使い勝手が良くオススメです。

B097F5D1-B90D-43C3-A645-D24BD44F4F8E_4_5005_c

ツイッターで呟いた「オルガリップレスのアイが半分しか出ていない理由」は、上から見た時にリップ付きミノーがボディの中心を支点に頭とお尻を動かすのに対して、リップレスは頭(アイ)を支点にボディを動かします。
アイとボディが離れると理想のアクションとならないため、可能な限りボディに近づけた結果「アイが半分めり込んだ」デザインとなったのです。

話を釣りに戻します。

マズメの釣りでは、アップクロスへキャストし、流れを感じながら少しゆっくりめにリトリーブを行いました。
早めのリトリーブも試してみたのですが、どうもこの日はドリフトさせた方が反応が良いと感じたからです。

65A08346-C2DF-4E24-BDAA-0046A0B1A1E6
576D5DC8-41C5-440F-9E38-00D95D95093E

非常に優秀。

少し明るくなってきたタイミングで、今度は漣Z60Sを投入します。


アクションが控えめのため、流れの中でも暴れすぎると言う事がありません。
レンジも少し下げる意味でこちらもスローリトリーブを行います。

40830F4F-24AD-444F-A588-8720B88FCDE9_1_201_a

いいね。
使いやすくて値段も安い。

DC8FC3E2-01FF-4DC5-80A6-2E13AEBD360B_1_201_a

そして、この魚を最後にマズメの釣りは終了し、テトラ近くに浮いたメバルをカブラで狙いました。
数は釣れましたが、サイズが随分下がってしまったのでこの日の釣りは終わりです。

オルガリップレスはメバルプラッギングを始めた当初によく使っていました。
いつの間にか使わなくなっていたので、今回から一軍に復帰させたのですが、相変わらず素晴らしい活躍をしてくれました。
今後は主力として使います。








ロッド:Groovy 80S FLIGHTEX
リール:ルビアス2500-XH
ライン:ボーンラッシュ0.4号
リーダー:フロロカーボン2号
ルアー:オルガリップレス、漣、プラティ、メバペン、リッジ、シュガーミノー、スープラ



それではまた。




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。