こんにちは。Johnです。

最盛期に突入しつつあるメバル。
最近はリトリーブで釣れる事がほとんどなのですが、今回久しぶりにトップでしか釣れないシチュエーションに遭遇しました。

00909891-D127-4F6A-BC96-50E76E8131D3

ジグヘッドにワームでは絶対に攻略出来ないこの状況こそ、まさにメバルプラッギングの力が発揮される瞬間です。

私が初めてプラグの威力を知ったのも、パシャパシャライズしているメバルがどうしても釣れずにトップウォーターを導入した時でした。
それまではプラグでのメバル釣りは、単にこだわりの強い人が敢えてその釣り方を選んでいると言う認識でしたが、この時を境に「釣れるからプラグを使うんだな」と考え方が全く変わっています。

ブラックバスやシーバスの経験から考えると、水面を逃げ惑う小魚を演出するのがトップウォーターです。
しかし、メバルの場合はこの部分がまず違います。

逃げず、沈まず、流される何かしらのエサ。
メバルのトップウォーターゲームでは、この何かに見せかけて食い付いてもらうのです。

何かというのは、例えば人間にはゴミにしか見えない小さなプランクトンであったり、小さなイカやタコであったり、とにかく遊泳力の乏しい生物です。

だから、シーバスを狙う際は積極的に動かして使うトッププラグを、メバルを狙う場合はほとんど動かしません。
メバルが「あれ?あそこに何かある?」と気付いてもらえるだけの最低限のチョンチョンを時々行い、後はただ浮かべておくだけで激しく水面が割れます。

つまり、メバルをトップウォーターで狙う場合は、遊泳力の乏しいエサを演出できるロングポーズが必須という事です。
なんならキャストしてから何もしない、ノーアクションでも釣れます。

近い釣り方で言うと、ドライフライのナチュラルドリフト。

メバルプラッギングではシンキングペンシル、ミノー、クランク、シャッドなど色々なプラグを状況に合わせて選択するのですが、トップに反応が良い時は他のプラグを投げて巻いても無視される事が多く、トップウォーターの独壇場となる事があります。

さらに、同じトップウォーターでもシルエットや浮き姿勢によって、メバルの反応は極端に変わります。
その時の状況次第で、全く釣れないトッププラグとボコボコに釣れるトッププラグに分かれるのです。

と言う事は、当然たくさんの種類のプラグを準備する必要があります。
カラーよりも種類を揃える方が大切です。

気難しいと言うか、美食家と言うか、そんなメバルを相手にするからこれだけ色々な釣り方・楽しみ方が生まれたのでしょう。

そして、今回の釣行ではそんな気難しいメバル達と遊ぶ事が出来ました。



巻くと釣れない

私が釣り場に着いてまず最初に見極めたいのは、「魚がどの辺に集まっているのか」、そして「巻いた方が良いのか、止めて流した方が良いのか」の2つです。
また、風の具合や近距離撃ちなのかを考慮してプラグを選びます。

私はほとんどの場合シュガーミノーかSPM、リッジスリムからスタートします。
特にここ何度かの釣行ではこれだけで良く釣れているので、基本的には巻きの釣りが有効なシーンの方が多いのかなと感じています。
これは釣り場によっても違うし、風や波の具合でも変わってきます。

CCF7CDD0-682A-44A8-8528-5E336BACF93D

しかし、今回釣行したタイミングでは前述のプラグでほとんど反応を得る事が出来ず、そうなると「止めて流す」釣り方が適しているのかなと推測する事が出来ます。

EA8C81C2-C9C4-4C25-BEA9-FF702DF114F9

一応、S.P.M.55で足元のテトラの影から飛び出してきた個体はいましたが、それからは何の反応もありませんでした。


そして、この止めて流すプラグにも色々あります。
水面に浮かぶトップウォーター、止めると沈むミノー、サスペンド、フローティングの中から魚の反応が良い物に絞り込む必要があります。

DA71F06E-8E0E-4BD6-84CA-D927F094B9DA

シュガーミノー50Sをキャストしてラインスラックを回収したら掛かっていたメバルがいました。

リトリーブを開始した時には掛かっていたので、やはり巻くよりも止める釣りの方が有効な気がします。

しかし、後が続かない。
たまたまメバルの目の前にルアーが落ちただけで、これが正解と言うわけではないようです。

E04C3FDA-952C-41DD-94B8-05712541CD2F

続いて、ガンシップ45Fのサスペンドを流しているとメバルがヒットしました。


止める釣りが有効なのはわかりましたが、後が続きません。



プラティ炸裂

時々ライズも確認出来るので、今度はトップウォーターを試してみます。
最初にシンキングで反応があり、それからサスペンド、フローティングとどんどんプラグのレンジが上がって来ました。

スープラ、タイニートーピード、CB70ドリフト、メバペンと試して何度か反応があったのは標準サイズのメバペンメバルのみでした。
この時有効なのはトップウォーターである事が確定しましたが、どうやらこの日のメバルは大きなシルエットのプラグは好みでないようです。

メバペンメバルも時々反応はあるものの、掛かりません。
メバペンと同じようなサイズで違うプラグを探していると、ボックスの隅で眠っていたプラティSWを発見しました。


このプラティSWはあまり見かけませんが、最もメバルの反応が良いトップウォータープラグだと私は感じています。
余程荒れている場合を除き、これを投げて反応がなければその日はトップで釣れない日だと考えても良いレベルです。



このプラグの唯一の弱点は、フッキング率がとても低いところです。
それでも何とかチューニングを施し、可能な限りフッキング率をメバペンに近付けました。

810B9AAA-2A82-4DFD-9239-146671572D04
9579035D-8827-46F3-8D7C-6C470F1658C6

キャストして放置・・・。
試してみると、やはりメバルの反応はとても良く、掛からない事も多いですが早速良いサイズのメバルを連れて来てくれました。
メバペンメバルでも掛からないくらいなので、おそらくパシャッと出るメバルの多くが小さいのだと思われます。

421B7990-D4E0-4763-B632-F4AE80E72941

これまでローテーションしたプラグの中では最も反応が良いのですが、それでも広範囲に魚が散っているため次の魚まで時間が掛かります。
もっと大きなトップウォーターに反応してくれれば効率はもう少し良くなるでしょう。

30FA0C90-9AD2-4B43-86BA-040481E7EBC7

しかし、私に残された手段はプラティSWしかないので、効率は無視してトップゲームを楽しみます。

9FA41A22-2A7A-4F54-9CB9-A1276976B32E

掛かりの悪い小さいメバルは何度もアタックして来てます。
それらは掛からず、釣れるのは22センチから24センチのメバルばかりになりました。

A7BA4B87-8E22-444F-94D3-86C130936DE2

このメバルを最後に、寒さで指が動かなくなって来たので終了としました。

基本的に最も良く釣れるであろう大人気のメバペンを凌駕する釣果です。
古くて認知度は低くても、その実力は本物。
最近出番は減っていましたが、思い出と共にボックスに残しておいた事が功を奏しました。

私は昔からずっと残っているプラグが好きです。
だから、ダイワのようにコロコロ新しい商品を入れてくるところはあまり使いません。
商品が悪いわけではないのですけどね。



タックルハウス エルフィン プラティ SW 



ロッド:Groovy 80S FLIGHTEX
リール:ルビアス2500-XH
ライン:リアルデシテックス0.4号
リーダー:プレミアムマックス1.5号
ルアー:SPM、シュガーミノー、ガンシップ、スープラ、タイニートーピード、メバペン、プラティ



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。