こんにちは。Johnです。

メバルが釣りたい。
ただ、現在絶賛産卵中のため、良いサイズのメバルの姿が一気に消えてしまいました。

今回は、諦めずにメバルの調査を行った後にアジを狙います。



メバル調査

これまでの釣行で、あるエリアではメバルの姿がほとんど見られない事が判明しており、メバルを狙うとしてもそのエリア以外で探す必要があります。

潮位がどんどん下がる中、悩みながらとある漁港に向かう事にしました。
この漁港は、私がメバルプラッギングを始めるきっかけとなった「巻いて釣れないメバル」が無数にいるところで、当時はトップウォーターを使えば簡単に入れ食いが体験できる初心者にも優しいポイントでした。

しかし、昨年から急激にメバルが釣れなくなり、足が遠のいていた場所です。
また、アジング人口の増加に伴い釣り場が空いていない場合が多い事も行かなくなった理由の一つです。

行ってみると、先行者が帰るところだったので、入れ替わりで常夜灯近くに釣り座を構え、当時プラッギングを知らなかった私にその威力を教えてくれたプラティSWからスタートする事にしました。


メバルのトップゲームは、どのプラグでも基本的な使い方は同じです。
アップクロスにキャストし、2回〜3回ほどチョンチョンと軽くアクションを入れてからロングポーズさせるだけです。
10秒ほど放置していればドバッと派手にアタックしてきます。

ところが、やはり魚がいなくなってしまったのか、それともタイミングが悪いのか、トッププラグにはまるで反応がありませんでした。

前述した通り、この場所は巻いて釣れる事がほとんどないのですが、一応、念のためにS.P.M.55を使って広範囲を探ってみる事にしました。


と言うのも、おそらくアジと思われる魚がライズしていたので、それもついでに狙ってみようと言う試みです。

そうすると、確かにアタリがあります。
メバルではなくアジですが。

しかし、やはりメバルは釣れない。

その後もプラグのサイズを変えたり、沈めて攻めてみましたが反応が得られなかったため、ここで秘密兵器のゴッツンバイブ4.3gを投入してみます。


ボトムまで沈めてからリフトしてカーブフォール・・・。

コッとアタリがありますが、掛からない。
おそらくボトム付近にもアジがいるのでしょう。

そんな事を思いながら続けていると・・・。

D7383999-0C5B-4E55-A255-13C8A8DE6646
45834453-BEAD-45A9-A615-785C60C56D5D

釣れた。
でも、これは私の狙っているメバルではない。

困った時に活躍してくれるゴッツンバイブ4.3g
この日も根掛かりゼロで安心して使えました。

それからもS.P.M.55を投げ続けていると、20メートル以上先に強い流れを発見。
これはもしかして、あそこを流せば釣れるのでは?

トップウォーターは反応がなかったので、そこは選択肢から外すとしてあそこまで届いて沈まないプラグはなんだろうか。

選んだのは、いつかチューニングしたガンシップ45Fのサスペンド。


これを可能な限り遠投して流します。
私の使い方は、最初にブリブリと潜らせた後はラインを張らず緩めずでずっと流すだけです。

7F11C833-83C6-4403-97F5-A58406916793

コッ・・・グググッ。
非常に弱いアタリでしたが、やはりあの流れの中にいました。
しかし、気が付くのが遅く潮位がかなり下がってしまい、その後反応は得られず。

もう少し早い段階で気が付いていれば、2尾か3尾くらいは追加できたように思います。



アジングへ

さて、それでは今度はイージーに釣れるアジを狙いに場所を移動します。
先ほどの漁港でもアジはいたのですが、サイズが小さいのでもう少し大きなアジを目指します。

干潮の潮止まり以外の不安要素はありません。
瀬戸内では、それが一番大きな問題だったりしますが。

そして、今回はただアジを釣るのではなく、アジングの常識である2インチワームの呪縛を解くために4インチ以上のワーム縛りで狙います。

私がこれまでに何度も言っているように、ワームが大きくてもアジがアタックして来るのは頭付近のため問題なく釣れる上に、大きなワームの方がアジに見つけてもらえる確率が高くなります。
だから、私は基本的に3インチワームを使用します。

3インチワームで普通に釣れる事が理解出来れば、自然と2インチワームを登場させる機会がほぼなくなります。

今回は4インチ以上縛りです。

まずセットしたのはバーチカルシラッシュと言う4.5インチワーム(バーチカルラッシュではない)。
ジグヘッドは1.2g。

2インチしか使った事のない方には相当大きく感じられると思います。

26CC8B2C-E500-40A0-BA31-45908C5D3352
779F4202-A2F9-4EF8-A2A1-A4B78B6AE2FC
997753BC-503C-4AFC-A616-398AC7B5645B
596F26D0-1ED7-44CE-860C-FD5A12B25E77
EB4FCAC7-4C61-4DFC-9AA0-A34E9BAB32FF

干潮潮止まり。
海底も丸見えの状態で、20センチ前後のアジが普通に釣れます。
正直言って、3インチと比べても変わらないフッキング率だと思います。

特に魚が広く散っている状況では、小さなワームよりも見つけてもらえる確率が高い分有効です。

ある程度釣ったら今度は4インチの尺アジリンガーに交換。


言ってみれば先ほどのバーチカルシラッシュはアジキャロスワンプの長いバージョン、今度の尺アジリンガーはアジリンガーの長いバージョンです。

FF5A3C10-07A2-4DFC-A2D4-4A9D58CD6FAD
53160453-74A0-4011-ACF2-D281D5003788

15センチ程度のアジでも4インチワームで釣れます。
このサイズを中心に狙うのであれば一口サイズの2インチの方が有効だと思われますが、そこまで気にしなくとも普通に釣れちゃいます。

また、今回使用した大きなワーム達はちぎって簡単にサイズ調節が可能なので、状況に合わせやすいと言うメリットもあります。

まさに大は小を兼ねる。

小さいワームを大きくする事は出来ませんが、大きいワームを小さくする事は出来ます。

C6B1B2B3-4107-497B-AEDB-E0F2950F56DD
ACFF06AE-BC8C-49DD-BE2C-A071DBE50050
8A1E9968-0121-4D7F-A465-F3E0C7AE34CB

その後も4インチ以上のワームを使用してアジングを楽しみ、食べる分だけ確保して終了としました。

ちなみに、この日は同行者がいたのですが、彼も4インチ以上のワームで釣りをして「小さいワームはいらない」と結論付けています。

BC277B18-950C-48B6-AA01-5F6A48C5F953

新品と、ちぎってサイズを小さくした物を並べてみました。
長さはありますが、細くて柔らかいので一つ持っていれば状況に合わせて3インチにも2インチにも調節する事が出来ます。

これまで3インチワームを主力としてアジングに活用してきましたが、今回使用してみて4インチ以上を中心に使い続けても良いなと感じました。
特に魚を見つけると言う使い方には最高のパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

硬いワームはアジにはあまり向いていないので、長さはともかくアジング用の柔らかいワームを選んだ方が無難です。

ただ、売っているところをあまり見た事がありません。
釣具屋さんに並んでいるワームも2インチばかり。
これでは4インチに触れる機会自体がほとんどなくなり、そう言った事も大きなワームの有効性が広まるのを妨げる要因となっています。
ルアーフィッシング全般に言えますが、なぜか小さい方が良い、釣れると思い込まされているような印象を受けます。

日本人は周りの人と同じに合わせるように学校などで教育されている事が原因でしょうか。
人と違う事をすると叩かれる?
私は昨日の自分よりも、今日の自分の方が釣りが上手くなりたいと考えているので、自分に負けないように今後も色々な事に挑戦していきます。



ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:ヴァンフォードC2500SHG
ライン:アーマードフロロpro0.4号 
リーダー:プレミアムマックス1.5号
ルアー:メバペン、プラティ、SPM、シュガーミノー、リッジ、ガンシップ、ゴッツンバイブ

ロッド:ソアレエクスチューンS58SUL-S
リール:ルビアス2000S-XH
ライン:アンバーコード0.4号
リーダー:プレミアムマックス1号
ジグヘッド:自作ジグヘッド
ワーム:尺アジリンガー、バーチカルシラッシュ



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。