こんにちは。Johnです。

今回は、道路の明かりが届く道端でのメバルプラッギングです。
まさかあれほど釣れるとは思っておらず、初場所で非常に嬉しい経験となりました。

釣りに行ったのは12月28日です。
既に今年の仕事が終わっている方が多いのか、午前中にタイヤ交換へ行ったオートバックスもとても混み合っていて、釣り場にもたくさんの人がいました。



誰もいない場所

今日はそれほど長時間の釣りは予定しておらず、夕方から2時間ほど遊べたら良いかなと言う感じです。
釣り人が多く、なんなら今日は釣りをやめて帰ろうかと思いながら来た道を戻っていると、良さそうな道端ポイントを発見しました。

道路のオレンジの明かりがなんとか届き、干潮時には水がなくなるようなテトラ絡みの場所です。
今日は大潮なので満潮だと十分な水位が期待できそうですが、残念ながらこの時間帯はまだまだ水位が低く、人が飛び込んでも歩けそうな水深しかありません。

満潮までには帰るつもりなので、ここからの上げ潮に期待して釣りを行います。

このような場所は釣れる釣れないがはっきりしているため、数投して反応がなければ今日はもう終了でも良いでしょう。

スクリーンショット 2020-12-28 22.23.17

イメージしやすいように写真を載せておきます。
道路の明かりが届くテトラ帯の道端とは、このような場所です。

とりあえず広範囲をサクッと探りたいので、パイロットルアーとしてリッジ60SSを選択しました。
水深がとても浅いため、S.P.M75だとボトムに接触してしまいます。


メバルがそもそもいるのかどうかがわからないので、色々な方向にキャストしてゆっくりとリトリーブをして足元のテトラ際までサーチします。

すると、フッ、コツッ、と僅かな違和感のようなアタリを、水中に沈んでいるテトラ付近を通過する時に何度か感じる事が出来ました。

ん?
フグか?
アジか?
アタリが弱いからメバルではないような・・・。

沖では全く反応がないので、そのなかなかフッキングしないアタリに集中していると・・・。

B91C38E7-5F05-4E9A-882D-5D497D2215B1

22センチほどのメバルがテトラ際から飛び出して来ました。
と言う事は、おそらくあの小さなアタリは小型のメバルだと思われます。

このアタリの数はきっとそう。
メバルはテトラについている。

ここまで絞り込めれば後はテトラを中心に攻めるだけです。

39AEA499-CFBA-437F-9D48-BCA2C1F23443
D0A15FDA-C126-44FA-B6F6-A6057FA87F81
DFE6939D-0ED9-471B-BEA8-55E859340093
FD457DA9-9106-4179-9BDE-0C657CDD5247
04F2C267-1F82-4F56-BA15-362C98311C70
B4239F1D-876F-4886-A17E-D1EAE13479FA
8E926E34-FC93-4F83-A789-8421512B64EE

おいおい。
いっぱい釣れるよ。

さらに、それ以外のプラグではどうなのか、ベストは本当にリッジ60SSなのかを検証するために他のプラグを試します。
この検証がたくさん釣れる時には一番大切です。
釣れない時には検証のしようがありません。

しかし、どうやらリッジ60SSがこの時の状況には最適らしく、シュガーミノーからトッププラグまでを数種類投入しても全く反応を得られませんでした。
こんな事が頻繁にあるから、「最低限これだけは揃えましょう」と記事を書いたのです。
これまでの記事を見ても、私は色々なプラグを使ってメバルを釣っています。
なんでも良いのではなく、そのプラグ(シルエット、レンジ、アクション)がその時の状況に合っているのかを考える事が重要です。

この時は水面下30センチほどのレンジがベストなようでした。
そして、ポーズさせると反応がありません。

ある程度近くのメバルを十分に堪能した後は少し離れたところ、リッジ60SSでは届かない距離のメバルを探る事にしました。

選んだプラグはS.P.M.55です。


浅すぎてもダメ、深すぎてもダメ。
このルアーは良く飛んで、レンジをリトリーブ速度で調節すればその時のメバルにベストなアプローチを行えます。
おそらくこれなら遠くのメバルが釣れるはず。

C78E2787-E395-404D-9147-5C248F1FB10D
6D13F857-9FE9-46A8-A237-6CB8DE504435
F1113E95-ECCA-49F7-A081-38425ACD44B0
A619B636-F9BC-41A1-A04C-D85CE44D6480
07816303-270E-4096-AD3D-4BA51FBEA6EC
73F982F1-3400-4B54-8BEA-BEDD1C1D1AB1
63BB8968-355E-49BD-98E1-6880661E76E7
427EA0C7-1DCB-4151-9118-BAE25C6ED8C6

狙い通り遠い位置でボコボコ釣れます。
サイズは20センチに満たないサイズが9割、20センチを超えるサイズが1割と言ったところです。

当然、アタリだけで掛からない魚、掛かったけどバレた魚も多数います。

7DAF2E8D-35F8-4179-8375-AC7C6B3DC25D
6B012B40-8038-4944-97E7-65D3F9821AC4

そして、この日最大の24センチがヒット。
こんなに近くにこれほど釣れる場所があったとは。

フックは全てバーブレス仕様、オールリリースしています。



大きな魚ももちろん魅力的です。
しかし、プラグで釣れるメバルは不思議と小さくても嬉しいのです。
それもあって、私はメバルプラッギングを推奨しています。



大満足

初めて訪れた道端でこんなに釣れるとは全く思っておらず、短時間の釣行ではありましたが、非常に満足出来ました。
途中、3回キャストして3尾キャッチした時は、「完全にフィーバーしている」と確信しました。

12月にメバルプラッギングがスタートし、もう12月も終わりになりますが、今月最も数を釣っています。

この場所は風がなく波が低い時、さらに潮位が高い時に限定されます。
結構制限されてしまいますが、強風時はあそこへ行って、風がない時は道端を探せば、人が多くなっても釣り場所に困る事はまだまだなさそうです。
道端だと釣り禁止に指定される事もありませんから。



ブログではこれが今年最後の記事になるはずです。
このお正月休みの間に、これからのメバルプラッギングに備えて出来る準備をしておきましょう。
それでは皆様、良いお年を。



ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:ヴァンフォードC2500SHG 
ライン:アーマードフロロpro0.4号
リーダー:プレミアムマックス1.5号
ルアー:シュガーミノー、リッジ60、プラティ、メバペン、SPM



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。