こんにちは。Johnです。

前回の釣行では、強烈な寒波により釣り場がかなり限定される中でなんとかメバルを釣る事が出来ました。
今回も条件としてはほぼ同じ。
なんならさらに条件は悪くなっているようにも感じられます。



釣れない

道路の濡れ具合から考えると、海の荒れ方としては前回の釣行を超えているようです。
マシになったかと思いきや、さらに条件としては厳しくなっていました。
特に気温が大きく低下しています。

一応確認の意味を込めて、良型メバルがたくさん釣れる港へ寄ってみましたが、案の定波が高くて断念。
それから、以前強風でもメバペンマグナムが魚を呼び込んでくれた波止へ向かいました。
ここならなんとか釣りが出来ます。

トップから中層まで様々なプラグを投げ込んで、メバルからのコンタクトを待ちます。
メバペンメバル、マグナム、ガンシップ、シュガーミノー、SPM、フローティング、シンキング、サスペンド・・・。
ところが一切何も釣れませんでした。
完全に沈黙というやつです。

あれ?
元々魚がそれほど多い場所ではないからなのか、それともこの急激な水温の低下によって移動してしまったのか。
理由はわかりませんが、これなら釣れるかもしれないと言うプラグを投げ続けてもまるで反応なし。

こうなると別の場所を探すしかありません。

スクリーンショット 2020-12-17 10.55.52

これは以前紹介した画像です。
こんな場所を他に見つけなければ、こんな天候の日はそもそも釣りが出来ないので、これまでの思い出を振り返りながらポイントを絞り込みます。

そういえばあの場所なら釣りが出来そうだな・・・。



風表の風裏

私は先ほどの画像のような立ち位置を風表の風裏と呼んでいます。
風と波が堤防やテトラに当たって出来た流れを風裏から安全に狙う事が出来ます。

私の立つ側とは反対のテトラ、風がモロにあたる側は道路からも炸裂する波が見えるほどの大荒れですが、テトラを超えてこちらまでは届きません。
遠くから見ればとても危険に見えると思います。

使用するプラグも何がベストなのかを明らかにするために、何回か投げてはルアーチェンジを繰り返して魚からの反応を探ります。

3DCCAC33-A1AE-474F-9A97-BA76A2565C40

最初のヒットは、テトラ帯とほぼ並行にリトリーブして来たシュガーミノー50Sへのアタックでした。


思った通りちゃんと魚はいました。
ただ、どの場所も本来は外側にたくさんの大きな魚が潜んでいる事が多く、内側を狙えばこんな状況だからなんとか釣れはするものの、連発は少し難しくなります。

多少荒れている方が良い事が多いにしてもここまで荒れると流石にね、と言う事です。

6D757A9F-39CA-4002-9E58-F5C3B865B41B

アタックするけどなかなか掛からない魚の正体はアジでした。
私の狙いはあくまでもメバルなので、外道と言う事になってしまいますが、アジも普通にプラグで狙える魚です。

色々なプラグを投げてみたところ、この日、この場所で最も安定して魚からのコンタクトを得られたのはシュガーミノー50Sでした。
やはり定番なだけの事はあります。

B64F4DEC-068E-4CDF-AAAE-6FD9A1D9BDDA

テトラから離れたサラシの中へ投げ込むと小さなシーバスもヒット。
これがメバルだったらまあまあデカかった。

51BF6F3D-9E67-4EAA-A1D2-93941F400003

こちらは私がチューニングしたガンシップ45Fのサスペンドバージョンにヒットしたメバルです。
放置したまま夜空を眺めているとゴゴゴッと持っていかれました。

こんな荒れている日はリッジ35よりは、重量のあるガンシップシリーズの方が明らかに使いやすくなります。

B78A597C-350C-4B21-BAFA-2D78937CFDED
03940DDF-26E4-48F3-AE46-98D7FCC1ECA7

そして、もうそろそろ帰ろうかと言うタイミングでシュガーミノー50Sにヒットしたこの日の最大サイズ23センチ。
ここの外側では尺まで釣り上げたことがありますが、内側では大きくてもこのくらいまでです。
この魚をラストにして納竿しました。



完全に冬

本当はもう少し大きなサイズをたくさん釣りたかったのですが、この悪天候で釣り場が限定されてしまい、頑張ってこれが限界という感じでした。
ただ、この寒波で海の状況が完全に冬モードに突入したと考えられるため、ここからはもっとメバルが釣り易くなるはずです。

急激に寒くなると魚の元気もなくなってしまいますが、寒い日が続いて気温が安定してくれば問題なく釣れるようになります。
急激な水温の低下があまり良くないのであって、寒くても安定していれば良いわけです。



次回はプラグのサスペンドチューンについて、私がどのように調節しているのかを紹介します。



ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:ヴァンフォードC2500SHG 
ライン:アーマードフロロpro0.4号
リーダー:プレミアムマックス1.5号
ルアー:シュガーミノー、SPM、メバペン、スープラ、ガンシップ



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。