こんにちは。Johnです。

前回のメバルラッシュがたまたまなのか、それとも同じようなタイミングであれば再現可能なのか。
それを確かめるために、もう一度メバルを狙って来ました。

3B8F1076-B654-4B5E-B84D-A34296D37AC7

今回メインで使用したシュガーミノー50S。

EB9FBDB6-F927-48D0-BD25-AD68AB77EB45
498EA4E5-6080-44E1-AB02-4CA8A4DE0EC2

クリアが手に入らなくても自分で塗装を剥いで使っています。
フックはST26の14番。
バーブは潰してバーブレスとして。



満潮前後

釣れる要素として、強い向かい風とそれに伴う波の発生が必須条件です。
前回のメバルラッシュの前の日にも同じ場所でプラグを投げていますが、その時はべた凪というやつで気配を全く感じませんでした。

ところが、少し荒れただけで翌日にいきなりのメバル連発。
季節が進み、メバルの数が増えてくればべた凪の方が釣りやすいのかもしれませんが、今の時期はまだ早過ぎるのでしょう。

今夜は小潮。
潮は驚くほど動かない、釣りとしては良くないと言われる時でも風と波があれば強制的に水が動きます。
流石に干潮となると魚が居座れる水深がなくなってしまうので厳しいですが、満潮前後の午前2時から4時頃まではなんとか釣りが出来るでしょう。

到着すると前回よりも波が高く、漁港の内側は濁っていて外側はクリアな状態でした。
まずはS.P.M.75からスタートして広範囲を探り、状況に合わせてルアーチェンジを行います。


一通りキャストしてみますが、前回と異なり反応はありません。
それほど時間が経っていないため、一度釣られて警戒している個体しかいないのか、それともルアーがあっていないのか。
SPM75は少しだけレンジが深いので、次はトップウォーターに反応するかどうかを検証します。

選択したのは、風が強い時に使いやすいガンシップ45Fです。
ブリブリ泳いでアピールし、浮き上がりはお尻を振ってアピールします。


これならば多少荒れていても大丈夫です。
少しだけ、ブルブルと動くのを感じるまでリトリーブし、感じたら即座に10秒放置してこの手順を繰り返します。
ハンドル1、2回転で概ね足りると思います。

529489AC-A4EA-4BD6-B165-B6E72604FB5D

パシャッと飛び出した20センチほどのクロメバル。
このくらいのサイズが一番元気良くて、大きさのバランス的にもカッコイイ。

しかし、これはテトラ際で釣れた小型のグループの魚です。
なんとかアタックして来てくれたものの、残念ながら後が続かず・・・。
例年、2月頃になればトップウォーターが最も良く釣れるようになります。

トップが微妙だったので、今度はシャローミノーであるシュガーミノー50Sを試します。


SPM55でも良いのですが、これだと横風を受けて水面を滑ってしまいます。
シュガーミノーであれば、リップが水に引っ掛かって横滑りを抑えつつシャローをゆっくりとトレースする事が出来ます。
これがジグヘッドにワームの組み合わせだと、沈下が早すぎてシャローレンジをキープ出来ません。

3C9402AC-CBEF-441D-A5C6-1350CA258EB7

すると、一投目から良い反応。
可能な限り遠投して、水面直下をゆっくりとリトリーブすると、ゴゴッとアタックして来ます。

32088FA6-96E2-45E3-A483-96F8502AD064_1_201_a

しかもサイズも悪くない。
魚の反応がかなり多く、食い損なう事がほとんどないのでシュガーミノーのこのレンジがちょうど良いみたいです。
あくまでもこの時は。

9480367F-4833-41D0-A47A-502861F57564

う〜ん。
楽しい。
やはりメバルプラッギングは最高です。

A195022D-DD78-4936-A53A-3322B6A58E48

こちらがこの日の最大サイズの24センチ。
体高も素晴らしく、貫禄のあるボディでした。

そして、そろそろ反応がなくなって来たかな?という頃に他の釣り人がやって来たので移動を決断。



どこでも釣れる

戻りながら良さそうなポイントを探してみる事にしました。
常夜灯があって釣りやすそうな場所がいいな〜と思っていると、これまで気になっていたけれど人が多くて寄った事のない波止に辿り着きました。
この潮と時間帯だと流石に誰もいません。

先ほどの場所と比べると穏やかで、魚がいるかどうかは別として釣り自体は行いやすいポイントです。
シュガーミノーを使って常夜灯周辺を探っていくと・・・。

46471CCB-3C80-4173-A9B6-D10ADC8D98D0

おお!
ここにもいるじゃないか。
しかも悪くないサイズです。

その後、アジも追加して続けて狙います。

5B46263F-A66F-4622-B8F0-110682590B2B_1_201_a

5センチのシュガーミノーが大きく見えるようなメバルも遊んでくれました。

しっかりと釣れる事が確認出来た上に、結構どこでもメバルがいる事がわかったので、今回はここで終了とします。

SPM55かシュガーミノー50Sがシャローを探る上で私の主力プラグです。
どちらもジグヘッドにワームでは不可能な、飛ばした先でシャローをゆっくり引いてくる事が出来るメバルプラッギングを代表するようなプラグです。
このどちらかを投げ続けていれば、いつしかプラグゲームへの抵抗感がなくなるでしょう。
それくらいメバルがいれば大抵釣れてしまいます。



ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:ヴァンフォードC2500SHG 
ライン:アーマードフロロpro0.4号
リーダー:プレミアムマックス1.5号
ルアー:シュガーミノー、ガンシップ、メバペンメバル、SPM



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。