こんにちは。Johnです。

ここ数年、精力的に追いかけているメバル。
特にメバルをプラグで釣る「メバルプラッギング」に力を入れています。

昼間はカブラが圧倒的に良く釣れますが、夜に関してはワームよりもプラグが圧倒的に有効なシーンは非常に多く、一度プラグの威力を知ってしまうとワームを使う機会がほとんどなくなってしまうほど面白い釣り方です。


↑メバルが釣れ過ぎるカブラについてはこちらを参考に。

しかし、最盛期は2月以降の早春。
今回のプラッギングは、まだ釣れないだろうと思いながらの挑戦となりました。



悪天候

8F58A43D-DC5B-40DC-BEF2-884DF3EEC717_1_201_a

この白い点一つ一つが全部イワシです。
昨日この群れを発見してから、朝マズメには何か釣れるのではないかという事でそれを狙いにいく途中でした。

予報では風はあまりないとの事ですが、実際に海岸線を走っているとかなり波立っています。

あれ?
思ったよりかなり荒れてるな。

朝まで時間があるので、少し寄り道をして漁港でメバルを狙ってみる事にしました。
風が結構強く、テトラの上に立つと波もかなり激しく打ち寄せてきます。
メバルの最盛期ではなく、さらに荒れている時というのは多くの釣り人が嫌がりますが、釣り人が少なく実は魚が多いタイミングなのです。
つまり、大チャンスというわけです。

この荒れた状況、風を切り裂く飛距離とウネリの中でもレンジキープしてくれるルアーが必要です。
そこで、まずはS.P.M75からスタートする事にしました。


港の出入り口へと波が押し寄せ、いい感じに流れが出来ているところへキャストします。
すると、2投目にゴゴゴと魚の重さを一瞬感じた後にフックアウト。

いる。
時期は早いがこの荒れたタイミングで寄って来ている。
久しぶりに興奮しているのを感じます。

そして、状況を探る意味も含めて広い範囲に投げていると、ゴッと良いアタリがありました。
これが本当にメバルなのかわかりませんが、重量感がかなりある事からとりあえずロッドを立ててグリグリと巻き続けます。

水深があって、潜られるようなストラクチャーがなければポンピングしながらゆっくりやりとりしても良いのですが、メバルが釣れる場所は大体何か隠れる場所があります。
ゴリ巻きで一気に寄せてこなければ大きな魚ほど、あっという間に潜られて終了です。

B33C349C-912F-4448-A30D-13A6B3707860
B9CCFF49-67C1-4ED9-9196-C09164F4133A

一発目からいいサイズ。
相当嬉しい。

CE057F2A-65E7-423F-B2E4-83910D3DC918

多少波しぶきを浴びながらでも、このサイズのメバルがプラグにゴンッとアタックしてくるのだから、プラッギングはやめられません。
今シーズンで初めてプラグでのクロメバルでした。

小潮で月も明るく、磯ではなく普通の漁港。
プラッギングを始めていない方々は、この場所でこんなに良いメバルが釣れる事をどうやら知らないようです。

私の他には誰もいない。
貸し切り状態。

チャンスを逃さないように次を狙います。
この後に2回、同じくらいのサイズと思われるメバルがヒットしたのですが、直後にバラシ。

今度はSPMに反応しない魚を狙ってメバペンメバルを試してみる事にしました。


典型的なトップウォーターの釣り。
キャストして時々、チョンチョンとアクションを入れて後はしばらく放置するだけです。
アクションを入れる事よりも何もせず放っておく事の方が大切。

30D22DA1-35C1-49D4-A5E2-3BEF89DB9B6A_1_201_a

白波でアタックの瞬間は見えませんでしたが、ググッとティップが持っていかれるのでそれからロッドを立てれば十分間に合います。
このメバルは23センチほどでした。

このトップでの釣りがメバルプラッギングで最も面白いゲームです。
カブラやワームを使い、いくらやっても釣れないメバル達が躊躇なくアタックしてくる姿には、誰もが興奮する事でしょう。

しかし、数が少ないのか連発はせず、風もあって少し釣り難いと感じたので色々なプラグを試していく事にしました。
次にセレクトしたのは、シュガーミノー50Sという定番のシンキングミノーです。


マズメのラッシュ時には少し早くリトリーブしてブリブリ動かすこともありますが、基本的にナイトゲームでは動かないようにゆっくりとリトリーブします。

この天候だから飛距離はあまり期待出来ないので、足元のテトラ帯が終わるところを引いてくると・・・。

500AFE6A-D365-4EA5-979E-A90E1C18CB1C
8CDF28E1-AD7F-4091-B22A-A7257E2D1AE2

これもいいサイズ。

また、これとは別にリッジ60SSというミノーでも同サイズをキャッチしているのですが、写真を撮る前に暴れて海へ帰っていきました。


絶好調。
満潮が近くなって最初よりもメバルのレンジが水面に近付いているようです。

この刻々と変化するレンジに合わせて、プラグを当てはめていくのがメバルプラッギングの醍醐味です。

459FF76A-7AC1-4E21-8153-6722B8D5F26B

シュガーミノーで20センチに満たないサイズを追加。

探った感じだともうあまり大きなメバルはおらず、残っているのはテトラの波打ち際にいるこのサイズのメバルのようです。

FE1D411C-F5D8-4149-8D68-81B8DC03B3A5_1_201_a

さらに同サイズをもう1尾追加。

メバペンメバルでも時々反応はありますが、メバルのサイズが少し小さくバラシが目立ったので、少しだけレンジを下げて残りを狙います。
選択したのはリッジ35Fのサスペンドチューン。

このプラグはフローティングとシンキングモデルが存在し、どちらもとても良く釣れます。
私はフローティングモデルに鉛を貼り付けて微調整し、水中で浮きもせず沈みもしないサスペンドモデルをこんな時のために用意しています。

97D1D47E-EA97-491B-B053-3853D5EDE224

足元付近の小さなメバルはこちらの方が明らかに釣りやすく感じました。
サスペンドモデルは放置するという点はトップと同じですが、リトリーブでルアーの重さを感じたらすぐに10秒ほどポーズを入れ、また少しだけハンドルを巻いてほどほどの糸ふけを維持するようなイメージで使います。
アタリはトップウォーターと同じようにグググッと持っていかれるので、そうなったらロッドを立てます。

もう完全に朝マズメの釣りの事など忘れてメバルに没頭します。
さらに小さなメバルを数匹追加したら、今度はガンシップ45Fを試す事にしました。


このプラグは基本的にトッププラグとして使用します。
リトリーブでブリブリと動きを感じたら、そこからしばらく放置して流します。
メバペンメバルよりも悪天候に強く、使いやすいため荒れた時はこちらの方が良いかもしれません。

BF8003CA-84E4-4362-83B3-B8552147189C

釣れ方もトップウォーターと全く同じです。

この日は23から24センチのメバルが4尾。
小さなメバルは10尾ほどでした。
フックは全てバーブレスを使用し、速やかなリリースを心掛けています。



満足

ここまで楽しめてしまうと、本来の目的であった朝マズメの釣りはもういいかなという事で終了する事にしました。

まさかこの時期に、漁港の常夜灯でこれだけプラッギングを楽しめるとは思っておらず、興奮のせいか寒さも感じませんでした。
やはりメバルは面白いです。
特にプラッギングはずば抜けて。

このブログでもかなり頑張って啓蒙活動に努めていますが、未だかつて釣り場でメバルプラッギングを楽しんでいる方に出会ったことがありません。
何故なのか。



↑これからプラッギングに挑戦しようと思う方には、かなり参考になる記事です。

それにしても今回の釣りは素晴らしかった。
しばらくは興奮が続きそうです。



ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:ヴァンフォードC2500SHG
ライン:アーマードフロロpro0.4号
リーダー:プレミアムマックス1.5号
ルアー:シュガーミノー、リッジ、メバペン、ガンシップ、SPM


それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。