こんにちは。Johnです。

今回は鯵狩が実際に使えるのかどうかテストした時の記事なります。



干潮から

毎度ながら潮位は最悪。
何故なのか。
瀬戸内は干満の差が大きいので、干潮になるとほとんどの場所で魚が釣れなくなってしまいます。

誰も行きたくない干潮の海に魚が釣れる場所を求めるわけですから、そんな場所を見つけられれば収穫としては非常に大きなものになります。
そう考えると、天候や潮回りが困難な時でも無理をして釣行する価値はあります。

干潮で釣れると言えば、最近行く事の多い闇場所がありますが、今回は違う場所にしようという事で久しぶりにとある漁港へ向かってみました。
そこは水深は大した事がないのに、何故か昼間でもアジが釣れる事の多い場所です。
そして、早朝や夕方には大きなアジが時々釣れるところ。

到着すると、予想通り水深は厳しいものがありますが、左後方からかなり強い風が吹いていて良い感じに荒れています。
釣れなくて当たり前。
やるだけやってみればいいんです。



デカイ

とりあえず最も出番の多い1.2gジグヘッドに、あまり大きなアジもいないだろうとアジキャロスワンプを組み合わせて探る事にしました。
風の影響を抑える為にライナー気味にキャストして、それでもラインが浮き上がってしまいカウントダウンで着底を把握するどころではなく、余計なラインを出さずにそのまま15カウントほどしてからスタートします。

おそらく、水深としても海底が見えているのでせいぜい5メートルまででしょう。
何となくボトムに触れている感触は伝わって来ています。

チョンチョンとアクションを入れたら、風でラインが右に流れるのですが、この糸ふけを回収するとリグが浮き上がってしまうのでそのまま利用します。
イメージとしては、チョンチョンと浮き上がったリグがラインに引っ張られてボトムをズルズルと滑るような感じです。

すると、時々コッ!コンッ!とアタリらしき感触が伝わって来ますが、強風の影響なのかラインを少し強く張っても空振りで、海底の何かに接触しているだけなのかもしれません。

グググ・・・
魚がリグを咥えて持っていく感触が伝わって来ました。
これくらいしてくれると魚だと確信出来ます。
キュッと合わせて寄せてくると、これが思ったよりも大きい魚でした。

5FE8611E-1F2C-41D4-9BA8-3E08E05520B9

おお!
小さいのしかいないと思っていたら、この干潮の厳しいタイミングに25センチの良型でした。

5D6D1DA5-C908-4CB8-A72A-8FC60EA43529
FF823C14-BAD0-46FB-ACB0-C68A5877B66D

おまけに単発ではなく、結構釣れます。

6ECE8119-3908-43CD-832F-3F297D4B73FF
D222AAC6-FBB2-4128-8E1B-F4DA7DE67F77

釣れるのは小さくても20センチ。
大体が25センチ前後のとても良いアジばかりでした。

3CAEA6C1-146B-4458-B1DE-34ECAFB4EB01

そして、アジがいる事が確認出来たので初めて鯵狩を使ってみます。
おそらく問題なく釣れると思われますが、この釣り方だとボトムを滑るので根掛かりが心配です。

B4404844-EDCA-4C0C-864B-875ED3F054FE

いい感じに仕事してくれるじゃないですか。
ジグヘッドのフックに掛かり、さらに下顎を鯵狩が貫いています。
こうなるとまず逃げられません。

018033F4-26FF-4F96-B585-02A9CD8899B7

そして、今度は鯵狩だけが下顎に掛かった状態で上がって来ました。
素晴らしい活躍です。

BC77B6AD-A954-4130-A51C-6EDD8413B189
BF450168-3CFE-48E0-B4D5-480BC9494C5A

今度は顔まわりに絡みつくようにフッキングしています。
鯵狩の役割としては、ジグヘッドのフックと両方掛かる事でバラシを軽減したり、ジグヘッドのフックに掛からなかったアジを捕える事です。
しっかりとアシストフックとしての役割を果たしてくれているようです。

また、この時たまたまなのか根掛かりでのロストもなく、鯵狩だけに掛かるとワームがズレてしまう事も含めて概ね予想通りの結果となりました。
十分実戦で使えるお手軽アシストフックの完成です。



テスト完了

良型アジを20尾弱釣ったところで反応がなくなり、納竿としました。
ほとんど釣れないだろうと考えていた干潮アジングですが、思わぬ釣果に喜び、シンプルなアシストフックの威力に驚かされました。

基本的にどんなジグヘッドにも応用可能な上、ワームも好きな物を使えば良く、付け外しもその時の判断で簡単に行えるのでもしかするとカケガミよりも使いやすいかもしれません。
敢えて言うなら、ワームはズレ難い月下美人系の物を使用した方がストレスはなくなるはずです。

自作出来る環境が整っている方は一度試してみると面白いと思います。



ロッド:ソアレエクスチューンS58SUL-S
リール:ルビアス2000S-XH
ライン:アンバーコード0.4号
リーダー:プレミアムマックス1号
ジグヘッド:自作ジグヘッド、鯵狩
ワーム:アジキャロスワンプ、アジリンガープロ、シラスビーム



それではまた。





にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。