こんにちは。Johnです。

またまたメバルを釣りに行ってきました。
私は風が強くても関係なく釣りに行く人ではありますが、できれば風はない方が釣りやすい。
しかし、風を恐れていては釣れる魚も釣れませんからね。



カブラに助けてもらう

この日は2回目の動画撮影を兼ねた釣行となり、一発目からプラグで連発劇をなんとか動画に抑えたかったのですが、どうも反応がよろしくない。
リッジスリム、SPM、シュガーミノースリムと色々試して様子を探り、どうやらメバルのレンジが少し深いというところまでは考えを絞る事ができました。
潮位が低く、流れがまだあまり出ていないためレンジを下げても、プラグに食いつくまでには至らない感じです。

こんな時にどうするのか。

カブラですよ。

動画の撮影に集中していたので写真撮影ができていない事が残念ですが、散々プラグを投げても反応しなかったメバルたちが、カブラを少し沈めて巻いてくると今までの苦戦が嘘のように釣れてきます。
これがカブラの力。
とりあえずメバルの顔を見たければ、迷わずカブラを結ぶべきです。


メバリング専用設計のブリーデンメバルカブラ

しばらくカブラで遊んでいると、先ほどまで深いところにいたメバルたちが浮いてきました。



今度はプラグでゲット

再びプラグを結んで反応を探ると、どうやら水面直下をドリフトで攻めると非常に反応が良い。
こんな時はシンキングでなく、フローティングのオルガリップレスが効くんです。
似たようなレンジでもシンキングペンシルやミノーでは食わず、ゆ〜っくり引いても水面直下、もしくは若干背中を水面に出しながら誘い出してくれるフローティングが最高にマッチした瞬間でした。

オルガリップレスが効くと言っても、流れに対してダウンに入れると全くダメで、アップクロスでキャストして流れに乗って下っていくように、とにかくゆっくりとリトリーブをしないと食わない。
普段シーバスをやっている人なら、落ち鮎の時と同じような釣り方と言えばわかりやすいかな?

プラグで釣りをしていると、メバルらしき魚が後方を追尾してくる様子を確認できると思いますが、食いついてくる魚は自分の射程圏内にプラグが入った瞬間、下から出てきてパクッと咥えてまた深いところへ帰っていきます。
追ってくる魚は食いついてきません。
小型ほど追ってくる事が多く、良型とは釣り方が異なるので惑わされないように注意が必要です。

このドリフトの釣りで本日最大となる24センチをはじめ、少しレンジが下がってきたタイミングでは、SPMを使用して同様のコースで同じようなサイズを2尾、目の前でバラしています。
これは何かが微妙に合っていなかった事が原因です。
レンジ、サイズ、コース、スピード・・・もしくは合わせ方が脆弱だったから。
次は釣るぞ。



場所を変えてプラッギングを堪能

P1171451
P1171453
P1171454
P1171456

ここではSPMのドリフトで50センチないくらいのシーバスがヒットし、メバルが浮いたタイミングではCB70ドリフトを使用した水面直下の釣りで連発しました。


スミス CB70DRIFT トップウォーターという使い方と、水面直下をスーッと引けるミノーという2通りの使い方がある。

今までここに通った経験上、正直言って状況としてはあまり良くなくて、メバルのサイズも数も思っていたほど成果は得られていません。

風がもう少し弱ければ、もう一箇所よく釣れるところがあるのですが、足場が高く、これだけ風が吹いている状況ではまず釣りにならない、という事で今回は見送っています。

P1171457

メバル17から24センチまで。
シーバス50ないくらい。
いつもと比べるとお持ち帰りできるサイズが少なく、まあまあこんなものかと言ったところです。

動画もなんとか編集しています。
youtubeはこちらから



小さいサイズと大きなサイズがありますが、大きなサイズの方をオススメします。
飛距離が圧倒的で風の強い時でも使いやすい(釣ったのは小さい方・・・)。



ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:月下美人AIR 2002H

ライン:アンバーコード0.5号
リーダー:プレミアムマックス1.2号
ルアー:リッジシリーズ、シュガーミノーシリーズ、プラティ、SPMシリーズ、CB70ドリフト、オルガリップレス



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。