こんにちは。

前回ランカーを仕留めた落ち鮎ポイントへ行ってきました。
これで釣れれば、誰の目から見ても落ち鮎にシーバスが付いていることは確実。
◯◯パターンと言ってしまうと、それだけに固執してしまう人がいますが、実際に釣り経験が長いアングラーはあくまでのその時の状況判断で釣りをしているだけで、固執しているわけではありません。
今回は、わざと「パターン」というタイトルにしています。



TKF君に決めた!

典型的な落ち鮎での釣り方は、12センチ前後のフローティングミノーをアップクロスでキャストし、糸ふけを取る程度で極力ルアーが動かないように、表層をキープできるようにリトリーブをすること。

これが鉄板。
もちろん、今回はベイトが鮎であることがある程度予想できていたので、初めからこの釣り方を試します。
これでダメなら、色々試して魚との距離を縮めるのがルアーフィッシングの面白いところ。

ルアーはタックルハウスのTKF
ほとんど潜らず、ほどよいアクションが落ち鮎に良さそうだったので、フィードシャローをボックスから外してTKFを追加しました。

IMG_0158

リップの形に特徴があり、どっかのメーカーが似たようなルアーを出してましたね。



これこれ。
ポジドライブガーレジのフリルドスイマー。

作った人もタックルハウスが大好きなのでしょう。
楽天市場で検索したところ、激安処分セールしていたのでリンク貼っておきます。
フリルドスイマーの激安処分品はこちら
私は使いませんけどね(笑)。



話を釣りに戻します。

TKFを瀬の中にアップクロスで投げ込み、そこからほとんどリトリーブせずに流します。
すると、2投目。

IMG_E0141

65センチにしては太すぎるシーバス。
鮎食い過ぎだろ!
まさに狙い通りのコース、ルアーでの幸先の良いスタートです。



ウグイも落ち鮎を食べている

その後、同じように流しているとウグイが連発。
最大40センチくらいで、最初は結構引きますが、そのあとはスルスル寄ってきます。
どうやらウグイも落ち鮎を狙っているようです。
ただ、近くにシーバスがいる場合は、優先順位(地位)があるらしく、シーバスが抜けてからルアーにヒットしてきます。
シーバスが落ち鮎ではなく、ウグイを食べている時もあるらしいですが、今回はそのような様子はなし。
ここは気持ちを切り替えてK2R112に変更。

もはや落ち鮎での王道ルアーとなりつつあります。

IMG_E0144

流心にキャストし、流しながらヨレの上を通すと、ガボッ!とヒットしました。
ルアーはフックが引っかかる程度で丸呑み。

IMG_E0150

ここでもこの魚を抜いた後からウグイがヒットするようになりました。
結構ライズが確認できましたが、ほとんどウグイだったようです。
ウグイがかかると、水揚げ後に暴れまわってルアーがボロボロになるのと、再現性のある釣りができて満足したので、これで終了です。

K2R112を対岸に持って行かれたことが残念・・・。




フィードシャローよりこっちの方が投げやすいし、流れにも強くて河川向きですね。
あまり使ってなかったけど、1軍入り。



ロッド:セブンセンス MIDWATER TR
リール:セルテート2510R-PE
ライン:シーバスPEパワーゲーム0.8号
リーダー:プレミアムマックス3.5号
ルアー:K2R112、TKF、タイドミノースリム120



それではまた。





その他釣り情報は⬆️⬆️⬆️
クリックしていただけると助かります。
最後までお付合いありがとうございました。

私が思うところ。トップへ