こんにちは。

44

ルアーデータ

ルアー:パンチライン80(APIA
タイプ:シンキング
全長:80ミリ
重量:13グラム
フックサイズ:6番
値段:1422円(アマゾン
飛距離:ハンドル62.8回転(5投平均、巻取り長さ72センチ)
潜行レンジ:30センチ〜



インプレ

アピアが出している変な形のルアーなので、「アピアか〜」とか「キワモノルアーはちょっと・・・」と言った偏見から手を出し難い人も多いかもしれない。
私も色々なルアーを使うと決めて挑戦するまでは、そんなイメージを持っていた一人である。
コンセプトは、シンキングペンシル特有の引き抵抗のなさを改善し、流れを感じて漂わせることが可能なルアーとなっている。
シンキングであるが、ローリングフォールすることで沈むスピードが遅くなり、浅いところでも問題なく攻めることが可能。 
また、ゆっくり動かすとローリングしかしない。
ローリングフォールの動きを巻きながら出せることが私の中で一番おいしいところ。
流れを強く受けたり、少し早めに動かすと一般的なシンキングペンシルの動きとなる。
デッドスローでローリング、スローからミディアムでお尻フリフリ。
少し流れが弱い河口での上げ潮のタイミングや、ウェーディングでシャローを攻めたい場合など出番は多い。
飛距離も必要十分であり、優秀なアクション、一口サイズで表層からボトムまで探れる。
そして、流れがあまり効いていないタイミングこそ、流れを感じやすいシンキングペンシルは武器となる。

現在では私の1軍ルアー。
これより優れたシンキングペンシルは、私の中には存在しない。
少なくとも私のフィールドでは。 



APIA パンチライン80





 



テスト条件
ロッド:セブンセンス MIDWATER TR ENTO
リール:セルテート2510R-PE
ライン:シーバスPE パワーゲーム0.8号
リーダー:プレミアムマックス3.5号 1.5メートル
追い風状態ではテストを行わない。
ハンドル回転数は、ルアーの重みを感じた時点からのカウント。
また、全力キャストではなく、実戦的に余力を残した状態でのキャストによるテスト。






最後までお付合いありがとうございます。
お買い物はネットで休日は釣りへ。

私が思うところ。トップへ