こんにちは。

今回はリーダーとスナップの接続方法の話です。
私は小さなときからブラックバス釣りをしていたので、そのあたりの経験なども参考にして進めていきます。
メジャーな結び方として挙げられるのが以下の3つ。
・ユニノット
・クリンチノット
・ダブルクリンチノット

大体このあたりの結び方を使われている方が多いように思います(少なくとも私の周りでは)。
アジやメバルなんかを釣るときは、私もユニノット、クリンチノットを使っています。
理由は一番慣れていて簡単なのと、そもそも小魚相手に切られたことがないからです。
しかし、エギングにはまっていた頃にこれらの結び方では、しゃくり切れすることが頻発しました。
強い負荷が連続してかかると強度が低下し、切れることにつながっていたのです。
そこからネットでいろいろと調べてたどり着いたのが、今回紹介するパロマ―ノットです。


パロマーノットとは

パロマ―ノットの特徴
・簡単。
・強い。
・長時間の使用でも強度の低下が少ない。
現在の所、私が最も信頼している結び方になります。
この結び方にしてからしゃくり切れは一度も経験していません。



実際の結び方

画像でわかりにくいのですが、パロマ―ノットを紹介します。

 IMG_1385
赤いリングがスナップ、もしくはルアーのアイだとします。

IMG_1386
 二つ折りにした状態で、リングに通します。

 IMG_1387
そのまま、1度軽く結びます。

IMG_1389
IMG_1390
 先端の輪にリングをくぐらせます。

IMG_1391
あとは、湿らせてからゆっくり締めこむだけ。

簡単です。
まだ試したことのない方は、是非使ってみてください。 



ソルト用リーダーに悩んでいる方へ

これを使えば絶対大丈夫というリーダーがあります。

シーガープレミアムマックス&グランドマックスについて






最後までお付合いありがとうございました。👆ブログランキング参加中です!