こんにちは。Johnです。

なんとかもう一度ケンサキイカを釣るべく、夜の海へ向かいました。
台風が近づいているため、雨による増水の危険がある川での投網やウナギ釣りは中止です。

川で遊んでいると、禁漁期間もなく自由を感じられるのが海というフィールド。
しかし、それでも最低限のマナーは守って楽しみましょう。



強風

予報によると雨はそれほど降りませんが、風が少し強いようです。
アジやメバル、シーバスではこんな嵐の日には驚くほど入れ食いになる事があります。
果たしてイカはどうなのでしょうか。

到着してみると時々かなり強い東からの風が体を揺さぶります。
私の立ち位置から見ると右から左への風(やや後方)。
風や波を避けられるところへ立ちますが、海はかなり濁っています。

これはイカには厳しそうな印象。
もう少し寒い時期であれば、アジやメバルはいくらでも釣れそうな雰囲気です。

強風、波に強いヤマシタ(YAMASHITA) エギ王K2.5号を付けて広範囲を探ってみますが、案の定ケンサキイカの姿は全く確認出来ず、代わりに小さなアオリイカの姿が見えます。

しばらく様子を探って移動を決断しました。



アジ?

濁りの少ない、穏やかな海を求めて普段は立ち寄らない港へ移動しました。
残念ながらここにもケンサキの姿は見えず、時々小魚のライズが確認出来るので狙ってみます。

どうやら小さなアジのようですが、サイズが小さすぎてワームのテールを引っ張られる事はあってもなかなか掛かりません。

4312D918-B0FB-46C7-96EB-C78AD1AA46D8_1_201_a

波止際で小さなカサゴはヒットしました。
写真だけ撮影してさっさとリリースします。

小さなアジ以外に何かいる様子もないため、さらに移動を行います。



アオリイカ

次に移動したのは、小さな川が流れ込む漁港。
ここはどちらかというと、このタイミングであればシーバスの方が有望です。
しかし、今日の私はあくまでもケンサキイカ狙い。
まずはイカの様子を確認して、ダメそうならシーバスへシフトします。

1F4CC1EB-2CCB-410C-B922-A469BD75B9E5_1_201_a

う〜ん。
ここも小さなアオリイカはいますが、ケンサキイカの姿は確認出来ません。

2F1469FE-35CF-40D5-B4C8-6BEA7F33E5D4_1_201_a

食べるにしても小さすぎるので、この場所では諦めてシーバスを狙う事にしました。

シーバスタックルは持って来ていないため、メバル用のプラグで代用出来るものを探します。
5センチ前後のプラグが多く、中でも大きなS.P.M.75スープラ65PDを試す事にしました。
 
メバルには程良いサイズでも、シーバスにはこれでも小さすぎます。
広範囲を探るというよりは、波止際の明暗をピンポイントで狙う使い方になります。

スープラのただ巻きは直前で見切られてその後反応なく、SPMに変更します。
ある程度しっかりと泳ぐ速度で目視しながら引いてくると、ヒラフッコが下から飛び出して来ました。

ヒット!

サイズは40センチほどと大した事はありませんが、メバル用のフックはすぐに伸びてしまうため、ドラグを緩めて慎重にファイトを行います。
しかし、しばらく引きを楽しんだ後、そろそろランディング出来るかなというタイミングでフックが外れてしまいキャッチには至りませんでした。

大事なのは、ルアーにアタックさせる事に成功したという点です。
ルアーセレクトやリトリーブスピード、コースがズレていると先ほどのスープラのように直前で見切られてしまいます。
だから、狙いのターゲットでなくても釣れそうならとりあえず試しておくと、経験値の蓄積という点では良い収穫となります。

目の前に魚がいて、釣れそうならダメもとで狙ってみると今後の釣りに活かせる時が来るかもしれません。
特に波止のシーバスは最初から諦めている人が多いように思います。



さて、次はウナギかケンサキか、それとも両方狙うか。
体が動く限り狙います。

ちなみに、イノシシの狩猟(有害鳥獣駆除)も再開しました。



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。