こんにちは。Johnです。

今回初めて挑戦するベイトフィネスというカテゴリの釣り。
かつてはベイトリールで投げるにしても5グラム程度でも難易度が高かったのですが、何やら今はフィネスに特化させたタックルだと簡単に投げられると言う話を聞いて、メバルオフシーズンに遊べるのでは?と言う事で専用のロッドとリールを揃えて始めてみることにしました。

シングルフックも作成し、ランディングネットも注文しているのですが、まだ届いていない物があるため、今回はメバル用プラグを使ったあくまでもお試し釣行となります。



キャストが難しい

普段からベイトリールに慣れている人ならば簡単に感じるのでしょうが、ブラックバスを卒業してからスピニング一辺倒の私には難易度が高く感じました。

キャスト時に力を入れすぎるとバックラッシュ。
ブレーキが緩すぎて優しく投げてもバックラッシュ。
オーバーヘッド、サイド、バックハンド、フリップと、スピニングとは勝手が違うので最初は数投毎にバックラッシュを解いていました。

それでも道具の進化は素晴らしいもので、ほぼベイトタックル初心者の私でもキャストの度にバックラッシュの頻度が減少し、キャスト精度が高まって来ているのを感じます。
特に釣り後半はシュガーミノー50Sという2グラムちょっとのプラグでも、命中精度を除けばかなり快適にキャストが出来るようになっていました。


ひたすら撃つ

下流から上流方向へ移動しながら、釣れそうなポイントには全てシュガーミノー50Sを通していきます。
幸い、海とは違って石に海藻や貝類が付いていないため根掛かりは、ルアー自体が石に挟まる程度しか発生せず、キャスティング技術を除けばリスクもなく、水は冷たくて最高の遊びと言えます。

おまけに私の嫌いなアブも皆無でした。

すると、開始して間も無く偏光グラス越しに魚のチェイスする姿が確認出来ました。
大きな岩に流れが当たって少し水深のあるポイントです。

何か追って来ている。
アマゴ?
イワナ?
カワムツ?

正体は不明ですが、練習がてら何度もキャストしていると・・・。

P5252969
fullsizeoutput_28d
fullsizeoutput_28b

いきなり来ました。
本命のアマゴです。

釣り方も魚のアタックの仕方も何もわからないまま、着水後に細かくトゥイッチを入れて誘っているとググッとヒットしました。

今回はあくまでもお試しで、この場所で本当にアマゴが釣れるのか、ルアーのどの部分にアタックしてくるのかを見たかったので、一応どちらの答えも得る事が出来ました。
この場所にアマゴはいるし、しっかりとフロントフックにヒットしています。

その後、何度も追ってくる姿は確認できるものの中々ヒットに持ち込めず、ヒットしてもすぐにフックが外れてしまいました。
トラウトはシーバス以上にバレやすい魚である事は知っていたのですが、常にアクションを入れているせいもあってアタリがよく分からず、しっかりとフッキングする事が出来ていなかったのが原因だと思われます。



次は準備を整えて

初めての釣りという事もあり、非常にワクワクさせられる釣りでした。
次回は準備をしっかりと整えて、別の場所の調査に行ってくる予定です。

リトリーブ速度やアクションの入れ方も可能な限り一撃必殺出来るように検証を重ねます。



なるほど。
と思った動画を見つけたので、これを見て練習します。



ロッド:Beams blancsierra 5.2UL
リール:アルファスAIR TW
ライン:GT-R ピンクセレクション6LB
ルアー:シュガーミノー50S



それではまた。





にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。