こんにちは。Johnです。

夕まずめの連発を狙って行ってきました。
日中にメバルを釣るアイテムとして欠かせないのが、カブラとワーム。

プラグで釣るのはタイミングが全て、みたいなところがあるので非常に難しいです。

そして、今回は結果的にワームの圧勝となりました。



テトラ周辺を攻める

特にデイゲームは、流れは当然として何かしらのストラクチャー周りを攻める事が最も釣果に結び付きます。
前回はテトラに潜む大型メバルを仕留めることが出来ましたが、今回はどうでしょうか。

到着したのはまだ潮位の低い、これから満ち潮が効いてくるタイミングです。
満潮だと潮位は最高なのですが、流れが発生せずメバルが捕食モードに入っていない事が多いので、敢えて潮位の低い時間帯からスタートしました。

夜間の常夜灯周りではそれでも釣れる事も多いですが、デイゲームだと釣れない事がほとんどです。

風が強く、波が高い事からまずはサラシの中をシュガーミノーで探ってみますが、全く反応を得る事が出来ず断念。

fullsizeoutput_267

実はフグは結構釣れていたりします。

しかし、流れの当たるテトラ周辺には黒い影がチラホラ見える事から、ワームで少しレンジを入れて探ってみる事にしました。
自作ジグヘッド1.8グラムとベイティ1.8インチの組み合わせです。

影の正体はフグか、スズメダイか、メバルか。

やってみるとテトラから離れるとフグの猛攻に合い、テトラの影や穴付近だと小さなメバルがアタックしてきます。

P4202834

あっと言う間にワームがボロボロにされてしまうので、ブリーデンカブラへと変更しました。

これまでに何度も紹介して来た通り、メバルのデイゲームと言えばカブラでしょう。

不思議な事にカブラだとフグにアタックされる事がほとんどなくなり、メバルやカサゴ、アジと言った釣り人にとって嬉しい魚だけを選り分けて釣る事が出来ます。
理由は不明です。

P4202819

テトラの影を通すと奪い合うように何度もアタックしてくる20センチ未満の小さなメバル達。
その後、何尾かカブラで釣り上げましたが、先ほどワームを使っていた時の方が、この波と風の中ではコントロールが容易に感じました。

魚がいる場所は特定できた事から、ワームをフグに強いビームスティック1.5インチへと変更し、中層をダートさせて様子を見る事にします。

組み合わせるのはもちろん尺ヘッドDです。



激流が当たるテトラ

潮の流れがまるで川のようです。
そして、その流れが当たる角のテトラには良型のメバルが付いていると思われます。

尺ヘッド3グラムを使用し、表層に見えるスズメダイの下を通すイメージでダート&フォールさせると・・・。

P4202821
P4202823
P4202825
P4202827
P4202829

22から24センチのクロメバルが連発。

水中のテトラから離れ過ぎると反応しないため、アップクロスで軽くキャストして、そのままチョンチョンとダートさせて流していると、良い感じにテトラに寄ってきたタイミングでコッ!とアタリがありました。

何度か掛け損なったり、抜き上げ時にフックが外れてしまったりしましたが、このサイズがこれだけ釣れれば私は満足です。

P4202831
fullsizeoutput_264

試しにテトラの穴に直接落とし込んで見るとゲストも顔を出してくれました。

この時期はナイトゲームも良いですが、デイゲームもとても楽しめます。



最後に、釣りに行く時はソロ釣行を心掛け、少しでも感染リスクを軽減出来るように意識してください。
また、遠征は控えましょう。



ロッド:Groovy 80S FLIGHTEX
リール:ルビアス2500-XH
ライン:リアルデシテックス0.4号
リーダー:プレミアムマックス1.5号
ルアー:シュガーミノー、SPM
ワーム:ビームスティック、ベイティ







それではまた。





にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
わかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。