こんにちは。Johnです。

今年は水温の低下がいつもより遅く、すでに始まっていてもおかしくないメバルの入れ食い劇がなかなかスタートしませんでした。
もしかするとこのままのペースで春を迎える可能性もあります。



カブラで遊ぶ

今回は今年になって初めての「メバルの巣」を釣り場として選びました。
本来であれば年始をここで過ごすはずだったのですが、仕事の関係で随分とエントリーが遅くなっています。

普段から人が少ないエリアなので、当然誰の姿も見えません。
秋から冬にかけてのシーバスシーズンは時々見かける事がありましたが、わざわざここまで来てメバルを本気で狙う方は少ないようです。

まず一番最初に選んだ波止では、水面下に無数の小さなメバルの姿が確認できます。
おそらく見えるだけでこれだけいるのですから、私から10メートル以内に数千匹はメバルがいると思われます。

大半が10センチ程度のメバルのため、実際に釣るのは干潮ということも合わさってなかなか骨が折れるのですが、カブラを使用すればなんてことはありません。
ワームやプラグに反応が悪いタイミング、水面に接するラインにバイトしてくるタイミングにはカブラを登場させるのが私のスタイルです。
もちろん、食べるには小さ過ぎるので遊びついでに経験値稼ぎに利用させてもらいます。

P1162364
P1162365
P1162366
P1162368

シンカー0.6グラムに、めばるingカブラや土佐カブラを組み合わせてゆっくりリトリーブすると、12センチから18センチくらいまでのサイズが入れ食い(全てクロメバル)。

数だけはたくさんいるところなので、無限釣りが楽しめます。
しかし、メバルをやっていて面白いのはそれだけ釣れる中にもベストなレンジ、リトリーブ速度、シンカーの重さなどを最適化してやる必要があることです。
やらなくてもなんとなく釣れてしまう状況でここをしっかりと意識して行なっていると、その経験はここ以外の場所やシチュエーションで生きてきます。
逆に魚が釣れない時にこれをやっても得られる経験値が少なく、自分の中で確信が持てる答えを出せません。

こういった試行錯誤は、魚がたくさん釣れる場面で試して初めて意味のある経験となると考えています。

そして、この部分を疎かにしている釣り人は非常に多いと感じています。



ブリーデンカブラ土佐カブラの使い分けも一応記しておくと、日中はサイズ(シルエット)が大きく影響する傾向にあるのですが、夜はそれほど気にしなくても釣れる事が多いので、単純に釣れるメバルのサイズにフックを合わせてみましょう。
この日はブリーデンカブラの10号が最適だと思われましたが、残念ながらストック切れで手持ちなし。



プラグを試す

カブラで釣りまくった後はプラグの時間。
私が持っているプラグの中でこの状況で釣れる可能性があるのは、おそらく
シュガーミノー40Sくらいしか思い当たりません。

SPM55はまず釣れない、トップを流してもダメ。

シュガーミノーであれば巻いて良し、トゥイッチ良し、止めて良しと使い方の幅が広いのでなんとか食い付かせることはできないかという試みです。
実際に使ってみるとただ巻きは完全に無視を決められ、やはり無理かという雰囲気が漂いますが、トゥイッチ後の止め(フォール)で一部反応してくれる個体を見つける事ができました。
それでもこれだけ魚がいる中で本当にごく一部です。

P1162367

なんとか2尾だけプラグで釣る事に成功しました。
ただ、やはりこの状況ではカブラに敵うものはありません。



プラグで釣りたい

無限釣りを堪能した後は、潮位が良い頃合いを見計らってプラグで釣れそうなポイントへ移動します。

SPM75を結んで3投目か4投目。

P1162370
P1162369

出ました。
今回の釣行での最大サイズ24センチ。
先ほどまで釣っていたサイズとは全く別物という感じです。


このエリアは先ほど釣っていたような小さなサイズの数釣りが楽しめるのですが、過去数百匹釣り上げても最大サイズは26センチ止まりでした。
だから24センチでもかなり良いサイズなのです。
大きなサイズを釣る時はそれなりのポイントがあるので、そっちへ行けば良い話。

その後、水面で発生しているライズが気になるので、ここでSPM55へ変更して水面を意識している魚を狙います。
しかし、その正体は無数の小アジ。
例年であればいるはずのないアジの猛攻を受け、心が折れそうになりますが、その中に一部メバルも混ざっているらしく、アジ10尾に対して1尾くらいの間隔で姿を見せてくれました。

P1162372
P1162373

まあ小さいのですけど。

アジは非常に元気が良く、SPMだけでなくメバル用プラグとしては最大サイズのメバペンマグナムにも食いついてきます。
流石にこれには食いついてこないと思っていたので驚きです。

P1172374
P1172375

この場所を後にする前にボトムワインドを試してアカメバルを捕獲。
やはり、ボトムを狙うとアカになります。



狙い通り

何度か移動を繰り返し、満潮になったタイミングで最初の場所に戻ってきました。
なぜかと言うと、カブラで遊べるのは分かっているのですが、ここは満潮前後にシロメバルの良型が浮いてくる事があるのです。
寒さと仕事の疲れから、それを狙って終わりにしようと言う予定です。

これまでの経験から狙う場所は分かっています。
結ぶルアーもほぼ決まっていてリッジスリム60SS
波止の外側を狙うのですが、強い流れに対してアップクロスで何投か探りを入れます。

P1172376
P1172377

予定通りシロメバル捕獲です。
これはそれほどの大きな個体ではなかったのですが、先ほどまでクロメバルばかりだったポイントで狙い通りシロメバルを釣り上げる事ができました。

P1172378
fullsizeoutput_215

最後にメタルジグを試して今回の釣行は終了です。



本来であれば12月には今回の釣行のような釣れ方になるはずなのですが、今年は1月中旬でやっとこの有様です。
もっとプラグでボコボコに釣れるようになるまでもう何週間か時間がかかりそうです。
無限釣りも楽しめたし、状況も確認できたので良しとしましょう。







ロッド:スーパーアジストTZ 53/TISL
リール:カルディア2000S-XH
ライン:アンバーコード0.4号
リーダー:プレミアムマックス0.8号
ジグヘッド:カブラ

ロッド:月下美人AIR AGS 78ML-S
リール:カルディア2500S-XH
ライン:リアルデシテックス0.4号
リーダー:プレミアムマックス1.5号
ルアー:シュガーミノーシリーズ、リッジシリーズ、SPMシリーズ、プラティ、メバペンマグナム


それではまた。