こんにちは。Johnです。

う〜ん。
難しい。
表層にいる小さなメバルはカブラにさえ反応が悪いし、かと言ってプラグを使っても無視をしてラインにアタックしてくる始末。
相当小さなエサを食べているのでしょう。


まだ始まったばかりだから時期が悪いと言えばそうかもしれませんが、メバルはメバル、春と同じように釣れてもおかしくないわけです。
そして、今回色々なプラグを試し、ボトムワインドを試して最終的にたどり着いたのがブリーデンのミニマル50ディープでした。
ミニマルと言えば表層を流すだけ、チョンチョンアクションを入れてドリフトさせるだけといった使い方がスタンダードだと思われますが、私もそこまで使い込んでいなかったので良く分かっていませんでした。
この日の釣果は微妙、しかしミニマルの使い方や有効なシチュエーションが理解できたことは今回の釣行の大きな収穫となりました。



ミニマル50

IMG_2418

ブリーデンミニマル50はメバルプラッギングを愛する人ならば誰もが知っている有名な餌木型ルアーです。
ただ巻きだとI字系と言われる動かないタイプのプラグですが、エギと同じようにダートし、フォールさせることが出来ます。
また、シャロー(ゆっくり)、ノーマル、ディープ(早い)と3種類存在し、それぞれ沈下速度が異なります。
基本的に流れのあるシチュエーションで使うプラグなのでブリブリ動く必要がなく、キャストしてチョンチョンとダートさせてからドリフトで食わせます。



↑詳しいことは上記メーカーサイトをご覧ください。



レンジの攻略

私はほとんどの場合プラグでメバルを狙うのですが、例えばボトムは尺ヘッドとワームの組み合わせで攻めて、表層はプラグ、どうにもならない時にカブラを登場させます。
ここで攻めるのが難しいと感じていたのが、メバルが表層やボトムではなく中層にいる時です。
私は極力プラグだけでのゲーム成立をさせたいので、根掛かりのリスクが高いボトム以外はプラグで攻めたいと考えています。

では中層にメバルがいる時はどうするのか?
これまではSPMを沈めてからリトリーブしたり、シュガーミノー等を沈めてから使っていたわけですが、どうもうまくレンジキープ出来ず難儀していました。
これに関してはジグヘッドにワームを組み合わせた方が簡単なように思います。

そして、この日もそんなシチュエーションに出会いました。
右から左への激流。
表層をプラグで攻めるも反応なし。
では今度はボトムだ!ということでワインドを試すもアタリなし。
この情報だけだとそもそも魚がいないのでは?と思ってしまいますが、以前に中層でのカブラやプラッギングで良いサイズを何度か仕留めたことがあります。
その経験から考えると、今そこに魚はいるけれどレンジがあっていないから食いついてこないという仮説にたどり着きます。

例えばこの激流の中、SPMを沈めて超ゆっくり巻いてドリフトさせるのは流れが強すぎて非常に難しいし、それをコントロールしようとして神経をすり減らすのは、仕事が終わったばかりで心身ともに疲弊している私にはストレスです。
要はやりたくない釣りと言う事です。
しんどい。
そこでルアーボックスを漁って発見したのがミニマルでした。
「もしかしてこれなら簡単に中層を攻略できるのでは?」
一般的な巻いて釣る事を想定されて作られたプラグではなく、フォールで食わせる事を前提に作られたフォルム。
このミニマルであればキャストしてドリフトさせていればレンジコントロールも容易で、私が狙いたい中層を攻めることができるはずです。

そして、攻めたいレンジに合わせてシャローからディープタイプが用意されていますが、流れの強さと狙いたい水深を考慮すると自然とディープに手が伸びていました。

勘違いしてはいけないので補足しておくと、激流だからミニマルを選びました。
流れがないのであれば違うプラグを選ぶし、動きがないミニマルは見切られるせいか食いつかないことが多いように感じます。
つまり、流れを利用することでルアーの偽物感を誤魔化しているわけです。
普段からシーバス等のルアーフィッシングを楽しんでいる方なら理解できるかと思います。

ミニマル50ディープに結び変えての一投目。
アップクロスから10カウント数えてチョンチョンチョンと3回ダートさせてからフォール。
フォールに関してはこちらから積極的にラインを張りに行く必要はなく、魚が咥えて持っていけばロッドにアタリが伝わってきます。

すると、長めのフォール中にグ〜とロッドが引き込まれました。
ゴミか?とも思いましたが、その後の首振りで魚である事を確信します。
おまけになんかデカイ。
キツめのドラグが時々鳴るし、ゴンゴンと下へ突っ込む泳ぎ方。
この引き方は知っています。
少なくともメバルではない。

PB082172
PB082171

やはりあなたでしたか。
根ズレに気を付けながら上がってきたのは40センチほどのマダイでした。

個人的に思うのはマダイが釣れる時というのは状況が良くない時です。
良い時はマダイが食う前にメバルやアジが食いつきます。

とは言え、時々釣れるマダイは嬉しいもので同行者が持って帰ると言うのでキープすることにしました。

そして、そこから同じ釣り方で今度はメバルと思われる魚がヒットしました。
どうやらこの日は表層でもボトムでもなく流れの中の中層に魚が付いていたようです。
残念ながら足元近くでバレましたが・・・(結構重量感があって良さそうだったのに)。

それでも相変わらず非常に反応が悪い日ではありました。

fullsizeoutput_1e7

なんとかプラグでキャッチできたのはこの1尾のみです。
しかし、ミニマルを使った激流での中層攻略という引き出しを増やすことができたので、6時間頑張って釣りをした甲斐がありました。
これまで難しく感じていた中層攻略が嘘のように簡単に出来てしまいます。
私が今までミニマルを理解できていなかったのはこの部分です。
メバルの繊細なレンジを攻略するためのミニマルなのだと理解できました。

また、釣行中に残念な事件も起こりました。
マダイをバケツに入れて血抜きしている間に猫に持って行かれてしまいました(ニャー)。
おいおい勘弁してくれ。



ミニマルの使い方

  1. アップクロスでキャスト
  2. 任意のレンジまで沈める(表層なら必要なし)
  3. チョンチョンとダートアクションさせる
  4. そのまま何もせずにフォールさせる
  5. 3と4を交互に繰り返す
これだけ書くと何も伝わらないので、わかりやすく言うとメバペンメバル等のトップを操作する時とほぼ同じと考えてもうのが一番良いかと思います。
チョンチョンとアクションをさせてラインが弛んだ状態で放置するあの使い方です。
メバペンと違ってルアーが沈んでいくだけで、後はトップウォーターでメバルを釣るようにすれば大丈夫。
また、レンジは意識して必要に応じてシャロー、ノーマル、ディープを使い分けてください。

今回の釣行では表層ではなく、中層を効率良く攻めるためにディープを選択しています。

 
 


ブリーデン ミニマル50


表層から中層、ボトムまで自在に攻略可能。
これ一つで全てのシチュエーションが攻略できるわけではありませんが、流れがありそこにメバルが付いているのであれば必ず活躍してくれます。
ようやく本当の意味で使い方が理解できたように思います。



ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:カルディア2500S-XH
ライン:アーマードフロロpro0.3号
リーダー:ナノダックス1.5号
ルアー:SPMシリーズ、シュガーミノーシリーズ、リッジシリーズ、ミニマル50



それではまた。






にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
また見て頂けるようなわかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。