こんにちは。Johnです。

誰かと一緒に釣りに行った時にいつも思うのは「根掛かりし過ぎじゃないか?」という事です。
そんなに根掛かりしていたらルアーを失うだけでなく、時間も失い、集中力も失ってしまいます。
そして、結果的に釣果も落ちてしまう。
何一つ良いことがないのが根掛かりという現象。
ほぼ一人で釣りに行く私ですが、たまに誰かと釣りに行くと気になって仕方がありません。

もちろん、私だって完全に根掛かりを起こさないわけではありませんが、下手をすれば私が1度根掛かりする間に5回以上ラインを結び直している同行者を見かけることがあります。

「さっきから何をやっているんだ?」
とは言いませんが、同じ場所で同じような釣りをしているわけですから、単純に確率的に考えるとあまりにも偏り過ぎています。
私の根掛かりする確率を肩代わりしてくれている、ということではないでしょう。

例えば、エサ釣り。
ゴカイを付けて20メートルほど投げてから着底させて5分放置。
この条件であれば、ボトムの質が同じだと考えると根掛かりをする確率は誰がやっても同じはずです。

もう一つ例を挙げると、トップウォーターを使った水面の釣り。
こちらもまず根掛かりの心配がないという点では、根掛かりをする確率は同じと言えます。

そもそも根掛かりとはなんなのでしょうか。
なぜ根掛かりしてしまうのでしょうか。
普段は「まあしょうがない」で済ませてしまう根掛かりについて考えてみました。



根掛かりとは

フック、もしくはそれ以外の重り部分やルアー本体が岩やゴミに引っ掛かり、釣り人が意図した動かし方ができずロックされた状態。
この認識で間違い無いでしょうか。

ラインが切れてルアーがなくなることは、根掛かりを外すために釣り人が力強く引っ張ることに起因するラインブレイクが原因です。

例えば、ボトムを探っている際にフックが沈んでいる岩に刺さって動かなくなったとか、ミスキャストで対岸に生い茂る草むらにルアーが入り込んでしまった。
前者は釣り人から水中のルアーが見えていないから起こる根掛かり。
後者はキャストの不慣れが原因で起こる根掛かり。

後者の場合、キャスト精度や熟練度に関しては練習を重ねるしかなく、根掛かりの原因が目視できるため誰でも原因から解決へのイメージ・実行が可能かと思います。
真っ暗闇で対岸まで何メートルあるのか、そもそも対岸に何かあるのか、全く見えない状態では難しいでしょうが、それでも何度か対岸に引っ掛けるうちになんとなく分かってくるはずです。

または、何か目に見えて引っ掛かりそうなものがあるのであれば、そちらに投げないようにするという方法を取れば、ギリギリを攻めるようなキャストの練習も必要ないのかもしれません。
ただし、この方法は対象魚によっては釣果がガタ落ちする可能性が高くなりますが・・・。



水中での根掛かり

目視で根掛かりの原因となりそうな障害物が確認できるのであれば、前述したように対策方法もすぐに思い付きます。
だから、ほとんどの釣り人が困っているのが水中での根掛かり。
釣り人の目から見えない位置で、引っ張ってきたルアーや仕掛けが突如動かなくなる。
これは全ての釣り人が悩まされている部分です。

根掛かりかと思ったら大きな魚だったということも何度か経験がありますが、ほとんどの場合現実を突きつけられます。
ロッドでチョンチョンと軽く動かしてみたり、ロッドを持つ方の逆の手でラインを引いて弾いたり、各々がこれまでに根掛かりから回復できた思い出を頼りに外れることを願って色々と試した後、最後の手段としてリールを押さえて後ろへ引くことで、ラインの切断という選択肢を取ります。
この最後の手段で上手いこと根掛かりから回復することもあれば、バチンッとラインが切れて終了となる事も。
最後の手段に出ると7割か8割はラインブレイクする印象です。

私が誰かと釣りに行った時に良く見かける根掛かりの光景。
そのほとんどがこの水中での根掛かりです。



感度という情報を利用する

ハードルアー(プラグ)での釣りであれば、基本的に潜行深度というパラメータが決められているため、ボトムに頻繁に接触する場合にもう少し潜行深度の浅いルアーに変更することで、ボトムコンタクトを軽減し、同時に根掛かりの確率も下げることができます。
バイブレーションやシンキングペンシルは放っておくと沈んでいきますが、着水直後のリトリーブスピードを調節することで同様にレンジのコントロールが可能です。
不用心なボトムノックはルアーをロストするだけです。

もちろん、クランクベイトのようにボトムノック前提で釣果を伸ばす例外的ルアーや釣り方も存在します。

ロッドを通して伝わる水中の情報をしっかりと自分の中で処理をして、最適なルアーを選択、使用方法を選択することで根掛かりは回避することが可能です。
残念ながら水中を見通す眼を持った人間は存在しないのです。
当然、全然知らない場所ではいきなり根掛かりすることもありますが、その経験を次に活かすことができます。
手元に伝わる信号が明確であることから、ハードルアーの根掛かり回避はそれほど難しくない部類に入り、実際ハードルアーを連続してロストするシーンにはあまり出くわしたことがありません。

一方で、私がよく目にするのがアジやメバルを狙う際のジグヘッドを使用した時の根掛かりです。
重量が1グラム〜という感じで非常に軽量なため、釣り人が得られる情報がハードルアーほど多くなく、結果的に知らない間にボトムに着底して放置状態、もしくは海藻に乗っている(絡んでいる)ことに気が付くことなく放置してしまっていることが根掛かりの原因だと思われます。



意識していること

軽量ジグヘッドを使う上で私が根掛かりをしないために気をつけていることは3つ。
  • カウントダウンでボトムまでの距離を把握する
  • 僅かに感じるボトムの感触に集中する
  • 着底しないようにリグをコントロールする
この3つを意識することで根掛かり軽減に努めているわけですが、これはつまりリグの状態を把握すると言うことになります。
そして、リグの状態はどのように判断しているかと言うと、ロッドを通して伝わってくる振動(感度)から推察し判断の材料としています。

ここまで言えばわかるかと思いますが、要は根掛かりが頻発する人はリグの状態を把握できていません。
リグの状態が把握できないと言うことは根掛かり以外にも大きく影響を与え、例えば簡単に数が釣れるアジングでは明らかな釣果の差として現れます。

リグの状態が把握できていない=根掛かりが多い=アジの濃いレンジを直撃できない

つまりこう言うことです。



些細な情報に集中する

先ほど挙げた3つの要素。
  • カウントダウンでボトムまでの距離を把握する
  • 僅かに感じるボトムの感触に集中する
  • 着底しないようにリグをコントロールする
もしジグヘッドを使った軽量リグで根掛かりが頻発している場合は、この3つの点を強く意識することで相当根掛かりが減る上に、魚ももっと釣れるようになります。

でも、だからと言って高級なロッドを買えと言っているわけではなく、数千円のアジング用とかメバリング用と書いてあるもので十分に感じ取れるレベルなのでご心配なく。
釣り人がそこを意識して集中できるかと言うことの方が余程大切です。

慣れない内は人間の感覚が研ぎ澄まされていないために感じるのが困難かもしれませんが、それを感じられるようにならなければ高いロッドを買っても何の解決にもならないと断言しておきます。
逆に言えば、多少感度の良い高級ロッドを手に入れたところで釣果に何の影響も及ぼさないのです。

これを言うと怒られるでしょうか。
釣りが上手い人ほどそれを理解して高いロッドを手にしています。
弘法筆を選ばず、という事です。



根掛かり対策まとめ
  1. 目視できる障害物がある場合はキャスト精度を高めてギリギリを狙い撃つか、キャストする方向を変える
  2. ハードルアーの場合はボトムに触らない潜行深度のものを選択する
  3. 軽量ジグヘッドの場合はリグの状態を把握することに努める
根掛かりとは何なのかから始まって、その原因と対策まで私なりにまとめてみました。

特に初心者の内は根掛かりが最大の敵となり、釣れないどころか釣り自体が嫌になってしまうことも多いようです。
ある程度慣れて来た方でも根掛かりを連発させる人をこれまでに何人も見て来ました。
根掛かりで悩んでいる方がいたら、ロッドから伝わってくる情報をより深く理解し、上記の点に注意をして釣りをしてみてください。
根掛かりが減るだけでなく、反比例して釣果が良くなってくるはずです。



文字ばかりで分かりにくい内容かもしれませんが、根掛かりの悩みから少しでも解放されるのであれば幸いです。



それではまた。





にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
また見て頂けるようなわかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。