こんにちは。Johnです。

おかしいな〜。
早ければ3月末頃に始まる稚鮎の遡上がまだ確認できません。
もしかすると少しずつ遡上していて、群れが小さすぎて確認ができていないという可能性も考えられます。
これだけ稚鮎の姿が見えないと、去年の7月の洪水の影響があるのでは?と心配になってしまいます。
家や車が流されていましたからね。

IMG_1811
fullsizeoutput_c4

TKLMとTKRPで獲ったヒラフッコ。
先日の釣行では、その前にシーバスを釣りに行った時と同様にあくまでも魚は表層を意識してたまにライズが確認できるような状態でした。
常夜灯近くのため、クリアカラーを中心にローテーションし、レンジが入りすぎるとアタリがあっても掛かりません。
稚鮎に関係のない釣り方なので、サイズも数もイマイチですが、かなり暖かくなってきたことを考えるといつ遡上が始まってもおかしくない状況です。
稚鮎がシーバスを淡水域に引っ張っていくため、まとまった群れが来てくれないと私の大好きな淡水の釣りができませんから。

IMG_1815
IMG_1816
IMG_1817

さらに近場でメバルと遊んで終了しました。
この場所は下げ潮だと右から左へ強い流れが発生するのですが、いつもと流れが逆です。
もしかしてこの時期、暖かくなってくると潮の流れ方自体が変化するのでしょうか。
そのせいかトップで釣る予定だったブルーバックは不在。
ボトムワインドだと案の定アカメバルです。
常夜灯の効果が薄まり、釣るのが難しいと言われる満月でも関係なくプラグで釣れる場所のはずなんですけどね。

カブラを持っていくべきだったか・・・。



ロッド:セブンセンス MIDWATER TR
リール:ステラ4000XG
ライン:アーマードフロロpro0.8号
リーダー:プレミアムマックス3.5号
ルアー:TKLM、TKRP、パンチライン80マッスル、TKLM80

ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:月下美人AIR 2002H
ライン:アーマードフロロpro0.2号
リーダー:プレミアムマックス1.2号
ルアー:メバペンメバル、シュガーミノー、SPM、リッジ35、プラティ



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。
また見て頂けるようなわかりやすい記事作りが出来るよう今後も精進してまいります。