こんにちは。Johnです。

満月!大潮!
タイミング的にシーバスを狙うのが難しいため、今回もメバルを狙いにいって来ました。
これまでにも何度か通ったことのあるメバルの数が尋常ではない場所です。



入れ食い!じゃない

この場所はトップウォーターを流すような釣りよりもミノーやシンキングペンシルを巻いて使った方が反応が良いことが多いのですが、時期が時期ですからまずはトップゲームからスタートします。

・・・・・・。
私の立ち位置から見えるだけでも300匹くらいは小さなメバルの姿が確認できます。
しかし、トップには食わない。
たま〜に極小メバルがアタックして来ますが、掛からない。
じゃあじゃあシンペンでということでSPMに結び変えてもこれも反応が悪い。
この場所でのSPMは鉄板なのですが、いつもとは様子が違うようです。
大潮にも関わらずなぜかゆっくりと潮が動いていることも関係しているのかもしれません。
いつもは激流なのに・・・。
アタリは何度もあります。
魚が小さすぎるせいだろうか。

色々と結び変えてリッジ60SSで少しだけ大きなサイズを拾えることをなんとか発見しました。
どうやらこの場所は数はたくさんいるのですが、極小メバルばかりで20センチを超えるようなサイズが少ないようです。

fullsizeoutput_af
fullsizeoutput_b5
fullsizeoutput_b4
fullsizeoutput_b1
fullsizeoutput_b6
fullsizeoutput_b7

アタリのほとんどは極小メバルですが、たまに良いサイズのメバルに出会うとしっかりと食って来ます。
まあ厳しい。笑
シーズン的にもっと大きなサイズが入れ食いかな?と考えていたので、ここまで苦戦を強いられたのは予想外です。

なぜかゆっくりな潮が完全に止まる前に場所移動を決断!



勝負は表層

続いて移動して来たこの場所でも鉄板はSPMです。
ただしばらく釣ってみて、状況としては先ほどの場所と同様に小さなメバルがたくさんいる中に僅かに20センチを超えるようなメバルが存在している模様。
近くで釣りをしていた「全然釣れない」と言っていた愛想の悪いおじいさんには無駄に敗北感を与えてしまったかもしれませんが、多少愛想が悪くても「上から30センチまでにいますよ」としっかりと情報を伝えてあげる私。
そして、それを理解したのかしていないのか、釣り方を一切変えるつもりのないおじいさん。

fullsizeoutput_b3
fullsizeoutput_b0

ガンシップのサスペンドカスタムによる表層流しやSPMで20センチ前後を拾っていきます。
潮位がかなり下げても流れが非常に弱い不思議な日でしたが、数はまあまあ釣れたので良しとしましょう。



デイゲーム

すぐに帰ろうと思ったのですが、午前中少しだけデイゲームを楽しんでみることにしました。

fullsizeoutput_b9

1.2グラムのシンカーを使ったカブラで日中とは思えないほどの好反応。
プラグやワームで釣るのは難しい状況でしたが、そこはメバル最強ルアーのカブラの出番です。
なんならデイゲームの方が夜より釣れるのでは?と思えるほどの反応でした。

サイズが全体的に小さかったので、近場で釣れるうちはここに来る必要はなさそうです。






ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:月下美人AIR 2002H
ライン:アーマードフロロ0.2号
リーダー:プレミアムマックス1.2号
ルアー:プラティ、メバペン、CB70、シュガーミノー、リッジ、SPM

ロッド:UTR-55-one-TOR CQC
リール:ルビアス 1003
ライン:ジョーカー0.4号
リーダー:プレミアムマックス0.8号
ジグヘッド:自作ジグヘッド
ワーム:カブラ



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。