こんにちは。Johnです。

前回、ついに釣り上げた尺メバルに至るまでの経緯を、思い出を振り返りながらまとめていきます。
注意事項として、私が本格的にタックルを揃えてメバルプラッギングを始めたのは2018年11月のことであり、それまではシーバスゲームの合間にワームでメバルを楽しんでいた釣り人です。
年中メバルを狙い続けてきたガチメバル勢ではないことをご理解ください。

一番最初に釣り上げた尺メバルは完全に偶然でしたが、その後に釣り上げた尺は全て狙って獲ることに成功しています。

IMG_1668



場所の選択

磯にも何度か通ったことがありますが、私の場合は基本的に常夜灯のある普通の波止でメバルを狙っています。
理由は、明かりがあるので周囲の状況が把握しやすく、集魚効果もあり、何より安全であることです。
これまでにも何度か尺メバルを仕留めていますが、全て漁港の波止(主に外側)での釣果です。
ここで説明する場所の選び方もそれに基づいたものとなります。
  • 海藻がほどほどに繁茂している
  • 潮通しが良い(流れが効いている)
  • 常夜灯がある
  • テトラや岩などの障害物がある
  • 小型でもメバルの数が多い
  • メバル以外にアジの反応が良い
  • 満潮時に最低でも5メートル前後の水深がある
これらの要素が全て絡む場所が理想。
いくら条件が良さそうに見えても全然魚の気配がないところや、海藻が繁茂しすぎて釣りにならないような場所は除外し、テトラだけの場所よりは海藻だけの場所の方がメバルが付いている可能性が高くなります。
また、常夜灯があって潮通しの良い場所は、メバル以外の魚も釣れることが多く、同じエサを捕食することが多いアジは一つの目安です。
水深は深いほど魚は安心して近づいてくるようですが、足元から10メートルというようにいきなり深くなる場所でなくとも、エサを食べるときは浅く明かりのあるところへ行けて、危なくなったらすぐに深場や藻場に避難できるような環境がメバルにとっては居心地が良いです。



タイミング
  • 大潮、中潮の満潮前後
  • 新月
  • 向かい風
潮に関しては何を釣るにしても都合の良い、潮位が高く新月の日が最も確率が高くなります。
満月でも尺メバルを釣ったことがあるため、釣れないわけではありません。

また、メバルは凪の日を釣れと言われていますが、単純に釣りやすいから、釣り人にとって都合が良いから言われているだけであって、私は今まで関係なく釣れています。
むしろ、多少荒れている時の方が入れ食いを経験したり、大型と出会えることが多いです。
凪でも風があっても釣れますが、追い風は良い経験をしたことがありません。



タックル

磯場や海藻ごと無理やり引きずり出す釣りをするのでなければ、通常のメバル、アジ用のタックルで問題ありません。
あくまでも一般的な波止場でメバル釣りを楽しむためのもの、という意味です。
釣り場所の環境に合わせてロッドの強さや長さは選択してください。

ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:月下美人AIR 2002H
ライン:アーマードフロロプロ0.2号
リーダー:プレミアムマックス1.2号

↑参考までに私のプラグ用タックルはこんな感じです。

ロッド:UTR-55-one-TOR CQC
リール:ルビアス 1003
ライン:ジョーカー0.4号
リーダー:プレミアムマックス1号

↑こちらはワーム、カブラで使用しています。
テトラ帯で70センチの真鯛も仕留めています。

最も細いラインでジョーカーの0.3号を使って尺メバルを獲ったことがありますが、新品のラインを使ってギリギリのため、メバルを狙うのであれば最低でもエステルの0.4号以上の強度があるラインをお勧めします。



3月6日佐田岬釣行

4日、5日と釣りをして連休3回目の釣行。
まず、今回の場所を選んだ理由は、強風時に多少風を緩和してくれる立ち位置が確保されていて、今まで風で釣りにならなかった時に何度か助けられた経験があること、最近の釣行でアジのポイントだと思っていたこの場所でメバルが結構釣れた経験、さらにこの場所に詳しい方から「昔は尺メバルが良く釣れていた」という話を聞いたからです。
以前、尺ヘッドのワインドの記事を書いた時に、初めて「ここでアカメバルが結構釣れるんだ」という事実が判明し、連休初日には良型のクロメバルが入ってきていることを確認しています。

ラインの選択も私にしては珍しくPEを使っているのは、5グラム、7グラムでワインドをすることを考えた時に強度に不安があったこと、先ほどの詳しい人が「もう一度使ってみたら?」と勧めてくれたことが後押しとなりエステル0.5号からPE0.2号に変更しています。


私が使用したPEがこのアーマードフロロProというラインなのですが、実は私が以前酷評したラインなんですよね。笑
その時に使ったのは「プロ」と付いていなかったから単純にそこの違いなのかもしれませんけど、PEのくせに巻きグセがすごかったのと、やはり風に弱くて飛距離が出ないという点が気に入らずに「ゴミライン」認定していました。
ただ、どうしても強度を求めるとPEにせざるを得なかったので、PEの中でもエステルやフロロに近い使用感で使えるアーマードフロロProにたどり着いたわけです。

詳しいインプレはまた後日書きますが、簡単にいうと強度があって感度が良いナイロンライン感覚で使えるPEラインで、今ではかなりのお気に入りとなっています。
PEと思って使うからいけなかったんだね・・・。
これは超強力なナイロン(フロロ)ラインと思って使いましょう。

あのタイミングでワインドという釣り方を再発見していなかったら、PEラインをお勧めされていなかったら、この日もPEではなくエステルで挑んでいました。

話を釣行日に戻して、この日は尺メバル狙いに最適な条件が揃っていました。
新月、大潮の満潮からの下げ、海から陸に向かって吹き付ける強烈な向かい風と雨。
ただ、気になったのは4日に良型を連発させた時のようなライズが全然確認できなかったことです。
4日はもう少し下げが効いたタイミングだったので、「もう少し待てば始まる?雨だからかな?」と色々と推測しながらまずはSPM55と75で広く探ってみることにしました。
55で探った後にレンジを落とす意味で75を投入し、さらに4日に反応の良かったメバペンマグナムも。

しかし反応がなく、厳密にはアジらしきアタリが2回くらいあったように思いますけど、そんな状態でずっと粘れるほど気が長くないので、大人しくアジ狙いに変更しました。
ジグヘッド1.2グラムにアジリンガープロという私の中での定番の組み合わせ。
強風によって右から左へ流れが発生していて、その流れに乗せるように表層をフォールの釣りで誘います。

が、ヒットしてきたのはなんとメバル!

IMG_1664

あれ?メバルいるじゃん・・・。
なるほど、巻いたら食わないやつですね。
連休初日の4日とほとんど同じシチュエーションでもこんな感じで反応が変わるんです。

巻いたら食わない、ワームをフォールさせたら食いついた。

すぐにプラグ用タックルに持ち替え、フォールに反応が良いのではないか?と予想して選択したプラグがリッジ35SS(スローシンキング)でした。
フックはノーマルからST26に変更済み。

さっきあそこで釣れたんだから、そこよりさらに先の明かりの切れ目がより良いはず。
しかも、沈むのが早いジグヘッドではできない非常にゆっくりとしたフォール。
早速、ワームに反応があったコースより少し先にキャストし、ポンプリトリーブでブリブリ引っぱってからピタッとポーズさせ、流しつつ沈めつつ・・・待ちます。

ブルブル・・・!?

ググッと一撃でヒットした魚はキャッチ目前で身切れでフックアウト。
これが結構いい魚でした。
さっき何度もSPMやメバペンマグナムを通したコースなのに、釣り方を変えただけでこれだけ反応が変わります。
また、これまでの魚と違って掛けた瞬間からテトラや海藻に向かって全力疾走していました(実は並ぶテトラと平行に魚を寄せる必要がある)。
この場所で何度かメバルを掛けた中で、いきなりあそこへ向かって突っ込む魚は経験がありません。
もしかすると経験豊富な大型メバルだからこその逃走経路なのかも。

この経験がなかったらおそらく次に掛ける尺メバルは獲れていませんでした。
このメバルの動きがあったから、次の獲物は最初から全力でゴリ巻きをすると心に決めることができたからです。
そして、エステルラインでも獲れたかもしれませんが、PEを選択していたことが強引なやり取りを成立させてくれています。

3投目、同じコースにリッジ35SSを投入し、同じようにポンプリトリーブからポーズを入れると・・・

IMG_1665

キター!
ゴリ巻きで上がってきたのは待ちに待った尺メバル!
ブチ抜いてやりましたわ。
今まで釣った尺メバルよりパワーを感じたのはクロメバルだからでしょうか。

これまでの経験から選択した場所、直前に変更したライン、状況に合わせたプラグの選択、1発目でバラした魚から学び、連休を新月に合わせた。
全てが偶然ではなく、必然。
何かが一つでも欠けていたら出会うことはありませんでした。
全てが噛み合ったからこそ獲れたプラグでの尺メバル。
これまでにジグヘッドにワームの組み合わせではキャッチしている尺メバル。
でも、今回は同じ尺でも全くの別物。

尺メバルはメバルプラッギングを開始した当初からの目標でした。
その目標を狙い通り、最高のプロセスを経て釣り上げることができたことで、今までになく極めて価値の高い尺メバルを手にすることができました。

その後、素早く写真だけ撮ってリリースしています。
なかなかここまで大きくなれる個体は少ない。
波止場から釣れる範囲に来てくれる個体も少ない。
さらに言うと、メバル全体でルアーにアタックしてくれる優良個体(釣り人にとって)。
しっかりと子孫を残してもらわないとね。

いや〜やっぱり私はルアーフィッシング大好きです。
「最高」以外の言葉が見つからない。
語彙力不足か?笑

アドバイスをくれたMさんありがとうございます!



以上が、私が今回の尺メバルを仕留めるに至った経緯となります。
参考になれば幸いです。

今後も全力でプラッギングを行なっていくと誓わせてくれる1尾でした。



それではまた。




にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。