こんにちは。Johnです。

2月中は狩猟に専念するために釣りは控える・・・はずでした。
我慢できるわけもなく。



2月は一番厳しい

今までメバルプラッギングを楽しむために、魚影が濃い場所に何度も通いプラグやカブラを投げまくったところ、2月が最も反応が悪いように感じています。
実際、2月までで言うと12月がサイズと数釣りには向いていて、そこからどんどん釣果が落ちてきています。
メバルは低水温に強いとはいっても、2月の海水は冷たくて動きたくても動けないのでしょう。
さらに、捕食できるエサも限られるため偏食も起こりやすい。

目の前にたくさんメバルの姿が見えている状態で、色々なプラグを投げても反応が薄いことが多くなり、カブラやワームに力を借りる機会が増えます。
しかし、それでもすべてのメバルを反応させることはできず、水面に着いたラインには頻繁にライズを繰り返すものの、トップウォーターやカブラを投げても同じような反応を示さず、おそらく流れてくる極小のプランクトン等を偏食しているのだと思われますが、攻略が難しく感じます。
すごく小さなフックにワームのカケラを付けるとか、小さなカブラを流すとかすればなんとか・・・といった具合にリグをより小さく、より軽量にすると少しだけ釣れる数が増えますが、表層の小型メバルをいじめても面白くはありませんし、風に弱くて扱いが難しくなります。
出来ればカブラに頼らずプラグであらゆる状況を攻略したいところ。

fullsizeoutput_77
P2211520
P2211521
P2211522
P2221533



強い流れの攻略

2月に入って、以前のように「このプラグだけで入れ食い」ということが減ってしまい、様々なプラグやリグを使ってメバルを拾っていく釣りに移行した現在でも、大事なのはレンジと流れを意識した攻めです。
特に、良型のシロメバル、クロメバルは流れに着くことが多く、強い流れのどこにプラグを打ち込んでどれくらいのレンジを通してくるのかを考えなければ、良いサイズを狙って釣ることが難しくなります。


今回の釣行では、S.P.M.75S.P.M.55が大活躍してくれました。
圧倒的な飛距離だけでなく、表層〜ボトムまで様々なレンジで使いやすいシンキングペンシルであり、私が最もメバルを釣り上げているプラグです。

P2211524
P2211525
P2211517
P2221528

釣り開始直後は流れがそれほど強くない状況で、釣れ方、サイズ共にパッとしませんでしたが、しっかりした流れが効いてくると、それまで息を潜めていた良型が浮き上がりました。
浮き上がるといっても捕食レンジは水面直下ではなく、50センチより下、多分1メートルに近いレンジ。
この日、色々とプラグを投げ込む中で、メバペンマグナムの下を追尾してくる大きめの魚影を確認できたことがヒントになりました。
かつてのイージーなプラッギングと異なり、通常、プラグでは攻めるのが難しい少し深いレンジをドリフトで探る必要があり、それにマッチしたSPMを選択しました。
もちろん、流れの強さやレンジ等、魚の反応に合わせて75と55を使い分ける必要があります。
ジェイドやリッジ35のサスペンドをただ流すだけだとアタリさえなく、絶妙なリトリーブを駆使して狙いのレンジにSPMを送り込むように、流れに漂わせる必要があります。

なんというか、シーバスだとドリフトの釣りと言えば通じることが多いのですが、メバルやアジだと「なにそれ美味しいの?」レベルの認知度な気がしています。
投げて巻くだけだとと思っていませんか?


巻かないように巻く釣り

シーバス経験者であれば、親しみのある落ち鮎に付いた魚を狙う釣り方と同じです。
アップクロスにキャストし、プラグが流されて自分に寄って来た分だけラインを巻き取るような、人によっては非常に苦手とする巻かない釣りです。
私は普段から淡水域でのシーバスゲームを行なっているため、必須とも言えるこの流し方は自然にできるようになっていましたが、強い流れの中での釣りに慣れていないと巻き過ぎ、動かし過ぎで全然釣れなくなります。
橋脚や沈み根をストラクチャーと呼ぶように、言ってしまえば流れもストラクチャーなわけですから、攻略できれば良い魚と出会うことができます。

この日も同様に川のように流れる場所にアップクロスでSPMを打ち込みレンジとコースを意識して、嫌になるような非常にゆっくりとしたリトリーブでルアーを流すと狙い通りヒット、連発しました。
これが釣りで一番楽しく、興奮する瞬間です。
しっかり流してやらないと反応しない魚がいるため、瀬戸内等の流れの早い場所で釣りをする場合は必須技術となります。
アジでもメバルでもシーバスでも、何を釣るにしても流されて来るエサを捕食することは極々自然、当たり前のことですから。

P2221538

メバルが欲しいという方にプレゼントするために少しだけキープして、後は全てリリースしています。
完全に産卵は終わっている様子で、抱卵個体は一切確認できませんでした。



仕事終わりに朝まで釣りをして、その後しっかりと山に罠の確認に行きました。
疲れた〜。


ドリフトについては昔書いた記事を参考にどうぞ。
ドリフトの種類と方法



ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:月下美人AIR 2002H
ライン:アンバーコード0.5号
リーダー:プレミアムマックス1.2号
ルアー:プラティ、メバペンシリーズ、リッジシリーズ、オルガリップレス、シュガーミノーシリーズ、ジェイド、SPMシリーズ



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。