こんにちは。Johnです。

今回は、私にしては珍しく2人でメバルを釣りに行って来ました。
何度かアジを狙いに佐田岬方面に連れて行ったことがあり、その時はアジでなくメバルがたくさん釣れたことから彼は「メバルキラー」を名乗っていますが、釣り自体はあくまでも初心者です。
メバルキラー君には事前にラインを新調しておくこと、カブラを準備してくる事を伝えてありました。



カブラが流行らない理由

今回カブラを初めて使うメバルキラー君も釣行を通して言っていました。
「メバルを釣るなら最強!」
「一家に一つ必要」


でも私は使っている人を見た事がありません。
メバルを釣るならワームと思っているそこのあなた!
カブラも使ってみましょう。

みんながカブラを使わない理由はいくつか考えられます。
  • そもそも知らない
  • 別にワームでも釣れるし?
  • 一度付けると付け替えるのが面倒
  • 見た目に抵抗がある
こんなところでしょうか?
使った事がない人には信じられないかもしれませんが、カブラの釣果にはワームもプラグも勝てないのです。
まさに対メバル用最強ルアー。


ブリーデン(BREADEN) メバルカブラというルアーフィッシング専用に作られたものが存在し、一般的な土佐カブラと比べてフックが細軸で掛かりがかなり良くなっています。
選択肢としては、入手が簡単な土佐カブラか、ブリーデン(BREADEN) メバルカブラの二択。
ジグヘッドに魚の皮を取り付けてカブラに似せてもダメなんですよねこれが。
自作ジグヘッドに皮をタイイングしてカブラジグヘッドを使用した事がありますが、あくまでもジグヘッドの一種でしかないという事に気がつきました。
あの独特のセッティングの仕方に秘密があるはずです。



我流カブラセッティング

カブラを付けると仕掛けをチェンジしたい時に面倒だと思っている方に、私がより楽にセットするために考え出した方法を紹介したいと思います。 
ロッドが1本しかない時、軽量なカブラを使用中に重いジグヘッドに交換したい時に便利な方法です。

PC281403

それがこちら。
普段アジングに使っている仕掛けをそのままに、ジグヘッドを引っ掛けているスナップにサルカンを引っかければすぐに交換可能なお手軽カブラセットです。

PC281405

まず、ラインを二重にした八の字結び等でいつも通りカブラをセット。

PC281406

カブラから30センチほど離れた位置にガン玉をセット。
この距離と重さが結構重要なように思います。
近すぎはNG、重すぎもNG。

PC281407

そして、最後にサルカンを結んで完成。

このセットを家で作るか、現地で作成すれば状況に合わせてリグの交換が出来ます。
メインラインやリーダーに直に結んでいた方は、仕掛けを交換する度にラインを切らなければならず煩わしい思いをしているはず。
今の所、サルカンが釣果に悪影響を及ぼしている様子もなく、非常に快適に使用出来ています。

ちなみに、使い方はただ巻きが一番釣れます。
状況に応じてカウントダウンして沈めたり、フォールでの使用も有効です。



日没と共に浮いてくる

fullsizeoutput_39
fullsizeoutput_38
PC261385
fullsizeoutput_35

メバルキラー君にカブラのセッティング方法を教えた後、いつも通りプラッギングを始めます。
デイゲームでは苦戦を強いられましたが、常夜灯が効き始めると今までのことが嘘のように入れ食いモードに突入。

PC261381
PC261389

カブラでは当然のように、投げるごとに魚を連れて来てくれます。
プラグでは小さいサイズは掛かりが悪くなりますが、カブラは小型から中型までそこらにいるメバルは全て食い付いてくる始末。
私もプラグの合間にカブラを試して無限釣りを堪能しました。



カブラにしか反応しない!?

いつもSPMで入れ食いを楽しめる場所に移動すると、なにやらいつもと様子が違ってフワッとルアーに触れるようなアタリが出て掛からない。
潮は左から右に結構な速度で流れ、ほとんど巻かないようなドリフトの釣りで気持ちよく釣れる場所なのですが・・・。

色々プラグを投げていると、水面のラインにライズが出ている瞬間を確認し、すかさずトップウォーターに結び替えました。

PC261391
fullsizeoutput_34

お!釣れるじゃん。
しかも、プラティに鉛を貼り付けてフッキング率の改善を図ったもので!
何尾か釣り上げましたが、このチューニングは正解の様子。
以前、プラティのチューニングに関する記事を書いた時に改造した奴ですね
         ↓
トップウォータープラティをチューニング

が、トップの時間はそこで終わり。
再びプラグへ反応しない時間が続きます。

しかし、この時隣で釣りをしていたメバルキラー君は引き続きただ巻きで入れ食いモード。
結んでいるのは当然カブラです。
表層を流れるプランクトンを捕食していると思われますが、この時はプラグでは太刀打ちできませんでした。
やっぱりカブラはメバル最強ルアーですね。笑

しばらくしてメバルキラー君が睡眠のために車へと移動したため、そのタイミングで先ほどまで釣りをしていた場所へ戻ることにしました。



SPMの早巻き

正面から強風か吹き付け、波止にザバザバと波が打ち付けています。
こんな時はプラグがキャストもしやすく、メバルもバシバシアタックしてくる事が多いのですが、なぜか先ほどまでと違ってプラグへの反応が非常に悪い・・・。
もしかしてこっちもカブラモードなのか?とカブラタックルに持ち替えるも、それほど良い反応が得られません。
なんというかこれがベストという感じがしないんですね。

色々なプラグを投げ込み、そして、ついにプラグでの入れ食いモードに突入しました。

PC271393
fullsizeoutput_33
fullsizeoutput_32
PC271397
PC271398

なんとSPM55の早巻きです。
それまでは流れに乗せるようにゆっくりとしたリトリーブが中心でしたが、カブラを使った時に結構早く動かしても問題なく掛かったことを思い出し、試してみるとこれが正解。
逆に完全にルアーを止めてゆっくり浮かせたり、ゆっくり沈ませたり、サスペンドさせると全然アタックして来ませんでした。
これでまた引き出しが一つ増えました。



この難しさがメバルの良さ

しばし入れ食いを堪能した後、体力的に限界のためこの日は終了としました。
全てリリースしましたが、多分二人で100尾は超えているように思います。

頻繁に変化するメバルの反応、レンジ。
そして、それにプラグや釣り方を合わせて正解を引き当てた時の興奮。
メバル釣りって面白い!
なんとかカブラに釣り勝てるようになることを目標としたいと思います。
後、プラグでの尺メバルね。



林釣漁具製作所 50本入 土佐かぶら 中頭・黄緑皮アジ型 金針 5号

土佐カブラを選択した場合、サイズは5号から6号。
アジ針を選択し、フックは研いで使うことをオススメします。
ブリーデン(BREADEN) メバルカブラであればそのまま使ってOKです。



ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:月下美人AIR 2002H
ライン:アンバーコード0.5号
リーダー:プレミアムマックス1.2号
ルアー:SPMシリーズ、リッジシリーズ、プラティ、メバペンメバル、シュガーミノーシリーズ



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。