こんにちは。Johnです。

メバルプラッギング用に太めのエステルラインを愛用するようになって1年ほど経ちました。
まあガチでプラグゲームをし出したのはここ最近ではありますが、風に弱すぎるPEラインと比べてプラグの釣りは非常に快適に行うことが出来ています。
また、フロロと比べて伸びが少ないため、遠投した先やディープを攻める場合にもプラグ操作がしっかり行えること、感度良好なことも大きなメリットに感じています。

そんなエステルラインですが、一つだけ気になる事があります。



トラブル増加

細いもの、例えば普段アジングに使っている0.3号ではまず起こらなかったライントラブルが、0.5号を使うと時々発生するようになってきました。
ナイロンラインと比べてフロロとエステルはラインが硬く、バックラッシュを起こしやすいということを身を以て体験したわけです。

特にトラブルが起こりやすいシチュエーションとして、アップクロスでプラグを投入後に流れに乗せてゆっくりとリトリーブ(ドリフト)した時、トップウォーターを放置してラインが弛む頻度が多くなる時が挙げられます。
どちらもメバルを釣る上で欠かせない釣り方のため、どうしても避けられないことではあります。
まだプラグだからこの程度で済んでいますが、おそらくもっと引き抵抗の少ない1グラムジグヘッドなんかだとトラブルがさらに増加するでしょう。



バックラッシュ対策

こんな時は全力でトラブル対策を考えないと快適に釣りができません。
ここ何度かの釣行ではほとんどトラブルを起こさずに釣りができたので、私の行なっているバックラッシュ対策を紹介します。
基本的にフロロとエステルは同じ理由でトラブルが発生するため、共通した対策になります。
  1. 巻き始める時にラインローラー部分にラインがあるかどうか確認する
  2. しっかりとラインテンションを意識してリトリーブを行う
  3. フェザリング(サミング)を行なって糸ふけを軽減する
  4. 時々ラインをつまんで綺麗に巻き直す
  5. スプールの適正糸巻き量を守る
  6. 柔らかいラインを使用する
大体このような感じの対策を意識することで、トラブルが激減しました。
もちろん、以前から行ってきたことでもありますが、トラブルが起こりやすい装備を使っているわけですから、より強く意識をして取り組む必要がありました。

①から④までは釣り人の意識に関すること、⑤⑥は準備の段階で出来る対策です。
バックラッシュをできるだけ起こさないように意識して釣りをすることは慣れれば難しいものではなく、習慣として身につけてしまえば解決できます。
また、準備の段階でトラブルが起こりにくいようにしておけば、多少油断しても快適に釣りができる可能性が高くなります。



適正糸巻き量を守る

PC211379

月下美人2002Hにエステル0.5号を100メートル巻くとちょうど良い感じに収まります。
これ以上巻きすぎるとトラブルが急増し、少なすぎるとトラブルは減りますが飛距離が若干犠牲になります。
スプールエッジに対してこのくらい巻けば良いんだ、という参考にしてください。
使用するラインの銘柄、スプールによって変わってくるため、実際に自分の目で確認しながらラインを巻く必要があります。



柔らかいエステル

0.5号のエステルライン自体、メーカーが作っていないので数が限られます。
さらに使いやすさを重視し、柔らかく設計されたラインとなるとこれしかありません。


スクリーンショット 2018-12-21 23.00.16
よつあみのHPの説明にも書いてある通り、エステルラインの特性を維持しながら柔らかく設計されています。
このラインができる前はS-PETの0.5号を使っていましたが、トラブルが多発し、すごく気を使いながら釣りをしていました。
D-PETに替えてからトラブルのない快適なナイトゲームを行う事ができています。
普段から①から④に書いた内容を実践しているのにトラブルに悩まされている方、フロロとエステルはトラブルが起こるから使うのが怖いと思っている方には非常にオススメのラインです。

また、この前までアマゾンで1500円ほどの値段だったのが、つい最近半額近くまで暴落してるのを発見しました。
この値段であれば200メートル巻きを100メートルずつ、2回分使うと考えると1回分は400円ちょっとの値段で使える計算になります。
私は100メートル巻いたラインを2回釣りに使うと巻き替えるようにしているため、商品1つで4回釣りに使う事ができます。
もう少し使ってから巻き替えることも可能ですが、メバルのパワーを考えると早めに交換しておくことで悔しい思いをしないで済むようにと考えてのことです。



今回の釣果

fullsizeoutput_2c
PC201365
PC201366
fullsizeoutput_25
fullsizeoutput_26
fullsizeoutput_27
fullsizeoutput_28
fullsizeoutput_29
PC211374
PC211375
fullsizeoutput_2a
PC211377
fullsizeoutput_2b

この日もトラブル知らずでプラグで爆釣しました。
最大で23センチとそれほど大型は釣れなかったものの、20センチ前後のアベレージサイズが連発です。
今回は、釣れた魚は全てリリースしています。

特にナイトゲームでは気付かない内にトラブルが深刻化していることも多く、いかに快適に釣りを出来るかが釣果に直結してきます。



スプールからラインが飛び出してる

対策をしていてもどうしてもトラブルに見舞われることはあります。
キャストした時に、ボッとラインの塊が飛んで行ってしまった時は御愁傷様としか言えませんが、スプールからラインが飛び出している段階で早期発見する事ができれば修繕が可能です。
要は、問題が起こっている箇所までラインを引っ張り出して、指でラインをつまんで巻き直せば良いのです。
大事なのはラインを引っ張り出す時にベイルを起こすのはNGという事。
ドラグを緩々にしてジーっと引っ張り出して直さないと、事態が深刻化してしまうため注意が必要です。



快適なナイトゲームを

①から⑥まで紹介したバックラッシュ対策、およびバックラッシュ修繕方法が役立つことを願って、私が行なってきた事を紹介しました。
快適なナイトゲームの手助けになれば幸いです。



ロッド:ブルーカレント76TZ
リール:月下美人AIR 2002H
ライン:アンバーコードD0.5号
リーダー:プレミアムマックス1.2号
ルアー:SPM75、SPM55、プラティ、シュガーミノー、リッジスリム



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。