こんにちは。Johnです。

シーバスよりもメバルを早く釣りたいこの頃。
メバルシーズン開幕前に、プラティのフッキング率を改善するためにできることをやってみました。



プラティとは

P3280235
P3270226

この写真のメバルがくわえているルアーがタックルハウスプラティ
メバルがこんなに簡単にトップで釣れるんだ!と私に認識させてくれたトップウォーターです。

プラグで釣る人は全体で見ると少数派だと思われますが、どうしてもジグヘッドとワームの組み合わせだと釣れない魚が存在し、信じられないことに彼らはプラグを使うと簡単に入れ食いになります。
特に、このプラティというプラグは魚を反応させる力はトップウォーター最強クラス。
同じような使い方のメバペンメバルというプラグがありますが、それよりも1.5倍〜2倍くらいは反応が良いです。



反応が良い反面

今回はメバペンメバルと比較して考えていきます。

メリット
  • メバペンよりも魚の反応が圧倒的に良い
  • 2.1グラムと軽くて投げやすい
デメリット
  • メバペンよりフッキング率がかなり悪い
  • 軽いため風に弱く、飛距離が劣る 
ペンシル系は似たようなものが多く、飛距離は単純な重量に左右されるため魚の反応とフッキング率を中心に考察します。

簡単にいうとメバルが頻繁にパチャッとアタックしてくるものの、なかなか掛からないのがプラティということですね(十分釣れるんですが)。
一つだけトップウォーターを選ぶとすると、私はメバペンメバルを選びますけど。笑
じゃあどうしてこの記事を書いているのかというと、それでもあの反応の良さは素晴らしく、フッキング率さえ改善できればメバペンメバルを超える最強プラグになる可能性を秘めているからです。



なぜ掛かりが悪いのか?

なぜあれだけ良い反応を得られるにも関わらず乗りが悪いのか、原因を考えてみましょう。
私が考える理由は2つ。

浮力が強すぎること、フックが小さすぎることです。
魚が小さすぎる時も掛かりが悪くなりますが、それは考慮しません。
プラティー チューン
これは以前タックルハウスに何か良い方法がないか問い合わせた時に教えてもらった方法です。
浮力を抑えると掛かりが良くなるという点は共通認識。
しかし、極端にフロントヘビーにして全く別物になるのはプラティの特徴である魚を水面まで引き出す力を殺しかねない。
フックを単に大きくすると浮力が抑えられますが、フロントとリアのフックが近すぎて絡んでしまいます。
また、標準でついている18番フックも売っているのを見たことが無い上に、小さすぎます。
何事も程よいバランスというものがあるのです。



改善を試みる

PA291242

そして閃いた方法を試したのがこの写真。
上が浮力を抑えたもの、下がノーマルです。
上のプラティの方が、水から出ているボディの面積が小さくなっていることがわかります。
スプリットリングとフックは同じものを使用。

何をしたのかというとウレタンコーティングです。
コーティングをすると全体的に重量が増してバランスを保ったまま浮力を抑えることが可能で、完全なクリアにしたい場合はルアー用ウレタン、オレンジ常夜灯対応カラーにしたい場合は油性ウレタンニスを使うと良い感じのアメ色に仕上がります。
ここでの問題は、プラティへのアタック回数の多さが高浮力に起因するものなのかどうかという点です。
コーティングの回数を重ねればより浮力を抑えることができますが、反応も変わって別物に・・・ということも十分に考えられます。
この辺りは実際にメバルを釣って検証する必要がありますね。

⬆︎これが一般的に使われている綺麗なクリアにするウレタン。

続いて、フックの大型化に関してはST-36の16番を搭載することが可能です。

あれでも無いこれでも無いとフックを付け替え、リングを付け替え色々と試したところ、ベストなセッティングをなんとか発見することができました。
その際に標準スプリットリングは1番になっていますが、0番に変更することで前後のフックが絡まないギリギリのセッティングとなります。
これをするだけでもフッキング率はいくらか改善されるはずです。


今回の試みでは、コーティングで全体的な浮力を抑え、さらにフックを大型化することで重量を増しながらメバルの口に接触する機会を増やせたことになります。



続きは実際にメバルを釣ってみて

PA291244

私以外にも同じように考えて浮力を抑えるようにしてプラティを使っている方がいるようです。
高浮力だからメバルが反応するのかもしれないし、ちょっとしたシルエットの差で良い反応を得られているのかもしれないし、なぜプラティに対してメバルが良く反応してくれるのか理由は不明です。
今回のチューニングはそれほど大きな変化を与えているわけでは無いため、フッキング率の改善に寄与していると思われますが、当然やりすぎるとバランスが崩れて悪影響が出てくることも考えられます。
あとはメバルがトップで釣れるタイミングで何度も試し、プラティの特性を生かしたまま掛かりを良くする方法を確立したいと思います。



タックルハウス エルフィン プラティ SW 
プラティとプラティSWはボディは同じで取り付けられているフックが異なります。
カラーはクリア系が無難。



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。