こんにちは。Johnです。

今年は稚鮎の遡上が全然ダメで半ば諦め気味にメバルに浮気をしていた私。
時々川にシーバスの様子を見に行くものの全く気配さえ感じない日々が続いていました。
そして、今回満を辞して淡水域への釣行となります。



蛍が飛び交う中、淡水域へ

雨の影響でかなり増水していますが、濁りプラス新月という絶好のタイミングのためちょっと無理をしてマイポイントへ向かいます。
「もう蛍が飛ぶ時期か・・・。」
到着して目に入ったのはゲンジホタルと思われる大きく長めの発光。
水面に目をやるとかなり流れが強いことが確認でき、嫌な予感がします。
タックルはこの場所の定番、ミッドストリームTRにTKLMの組み合わせからスタートし、そこから色々とルアーローテーションや立ち位置、流し方を変えて探ってみることにします。

とりあえず水面がよく見える橋脚に陣取り、アップクロスから表層を流して水面直下のベイトを意識しているシーバスを狙います。
この場所での釣れ方は、アップで流す、アップで泳がせる、橋脚上流からダウンで流し込むのどれかで反応するため、そこにルアーセレクトを組み込むととても攻めきれないくらいの試行回数が必要となります。
ただ、そこは通い込んだ経験からある程度ルアーは絞り込めており、その代表が私の場合TKLM。
海水、汽水、淡水、激流などの条件に合うように使い方を工夫する必要はありますが、とりあえずは万能選手といったところです。



橋脚下では反応なし

TKLM以外にもいくつかルアーを試しましたが、一向に反応が得られず、流れも濁りも強いことから少し気持ちがダウンします。
水面を泳いでいる稚鮎らしき魚はちらほら確認できるものの、逃げ惑っている様子やライズは見えません。
そうこうしている内に満潮となり、一時的に川の流れが少しだけ穏やかになりました。
それでも十分強いのですが、このタイミングで橋脚上流部からダウンで流してみることにします。

繁茂した草を踏みつけて何とかキャストスペースを確保し、橋脚から50メートルほど上流に陣取ります。
クモの巣はあるし、ライトをつけると虫がたくさん寄ってくるし、釣りをしていると蚊に襲われるから苦手な人にはこの釣りはできないでしょうね。笑
セットしたルアーはTKLMの濁りに強そうなグリーンゴールド系のカラー(気持ちの問題)。
ここから斜め下流の橋脚に向かって投げるのは素人、正面の対岸に向かってキャストしてからラインを送り込んで橋脚の明暗にルアーを送り込むのがこの場所での定番の攻め方です。
また、流れが強い上にダウンクロスになるため普通にリトリーブするとルアーが暴れて釣れなくなりますから、ほとんど巻かずに5秒に1回転くらいのスピード(多分)でルアーが適度に動く状態を保ったまま、自分が立っている岸側に寄ってくるようにリトリーブを続けます。



ついにきた

1投目は空振り、増水のせいかゴミが多くて釣り辛い。
2投目は先ほどより少しだけ深く影の中に流し込んでリトリーブ開始です。

ゴッ!
「あ・・・おったな」

フッキングには至らなかったものの確実に魚だと言えるアタリを捉えることができました。
もしかしたらもう食わないかもしれませんが、もう一度同じコースを通してみます。

ゆっくり、ゆっくりとリトリーブ。
ゴンッ!
今度はしっかりと食い込んだアタリ方だったため、すかさずアワセを入れてファイト開始します。
強い流れのせいなのか、強めにドラグ設定していたはずのエクスセンスからラインがどんどん引っ張り出され、このまま放っておくと何かに引っかかって終了しそうな「予感」を感じた私は、ドラグを締めて強引に寄せにかかります。
岸際の草に突っ込まれても終わりだし、水中のゴミの塊や大きな石のリスクを考えると少々無理をしてでも自由を奪う必要がありました。
姿は確認できませんが、50メートル先の橋脚の影でエラ洗いする音が聞こえてきます。
とにかく寄せる、寄せる、寄せる。
ランカーを釣った時よりもミッドウォーターが曲がっているような気がするけど気のせいかな?

ランディングの時に足元の草に突っ込まれないように気をつけないと最後の最後に逃すことに繋がるため、慎重にラインを手繰り寄せてフィッシュグリップでキャッチ。

IMG_0731

途中から軽くなったのでランカーでないのは確信していましたが、サイズは73センチでした。
とても元気の良い価値のある一本です。

IMG_0732

TKLM炸裂!
この釣り方をしているとほぼ100パーセント魚の口の右側から内側にリアフックが貫通し、フロントフックは口の内側から左の外側に向かって貫通しています。
捕食の仕方は頭側から丸呑みしていると考えて良いでしょう。
上の写真ではフロントフックが下あごに掛かっているため、おそらく口の中から外れて引っかかったのだと思われます。



撮影後は即座にリリース

久しぶりの淡水シーバスを堪能した私は、できるだけ魚の体に触れることなく即座にリリースを行いました。

IMG_0733

蘇生する時間が勿体無いので、こうやって水中に沈んでいる草の上に置いておけば元気になって勝手に泳いで行くのでオススメです。
この日も10分ほど後に確認した時にはすでにいなくなっていました。

今年のこの河川は稚鮎もシーバスも少なく厳しいことが予想されます。
もっと水温が上がれば魚の数も増えてくるので、これから夏にかけて存分に淡水域での釣りを楽しみたいと思います。
明日も行こうかな?
仕事だし大人しく家にいるべきか。



海でも川でも表層を意識している魚にとっては最高の捕食対象になります。



ロッド:セブンセンス MIDWATER TR
リール:エクスセンス3000MHG
ライン:完全シーバス0.8号
リーダー:プレミアムマックス3.5号
ルアー:TKLM90



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。