こんにちは。Johnです。

すでに利用している方も多数いると思われるメルカリ。
私もこれまでに何度も購入する側として利用したことがあり、今回初めて不要なリールやロッドを出品してみました。

fullsizeoutput_21a

f0IsMg04ThSqNEg60S4QXQ



価格設定

完全に初心者の私がいうのもなんですが、しっかりと新品の値段を調べることと、当然メルカリでどのくらいの値段で購入されているのかを最低限調べるようにしました。
「このリールはアマゾンだと40000円か〜ほとんど使ってないし目立つ傷もないから35000円で良いかな?」
「メルカリだと中古品が30000円前後で取引されているな〜35000円はちょっと高いかな?(もしくは安すぎるかな)」
といった具合にそれぞれ値段を設定して売りに出しました。
出品する側としてはできるだけ高く売りたいわけですから、この程度の下調べは当然みんなしているのだろうと思います。

もちろん、購入時もアマゾンや楽天市場での新品価格を見て参考にしています。
特に注意が必要なのは明らかに中国製と思われる粗悪品(激安)を購入する場合、アマゾンの方が安く手に入る場合があることです。
そういう商売をしている人は、メルカリを利用する頭の悪いユーザーに購入させた後でアマゾンに注文を入れて仕入れているケースがあるため、フリマで安く手に入ったと思わせて実はアマゾンでもっと安く入手できたということもあり得ます。
売るときも買うときもアマゾンや楽天市場は必ずチェックしておきましょう。



ヤフオクとメルカリどっちにすべき?

個人的にはヤフオクの方がメルカリと比較して高値で取引が成立しているように思います(当然逆もある)。
しかし、手軽さや便利さはメルカリが一歩リードしており、年齢層も若い方が多いことがメルカリの特徴でしょう。

また、それぞれの手数料を比較してより利益が出るのはこちらと示したページを見たことがあります。
メルカリは販売時に10パーセントの手数料を取られますが、ヤフオクのように月額の会員に入る必要がないことから4万円くらいまでであればメルカリの方が利益が出やすく、それを超えてくる価格になると販売時の手数料が少なめのヤフオクが有利であると書いてありました。
普段からヤフオクを積極的に使っている方であれば気にする必要はないと思います。



梱包前に写真を撮る

商品の写真はメルカリに掲載する上で必要となるため、スマホでパシャリ!とやるのでしょうが、これから梱包をするという段階で、商品になんの問題もないことを証明できる写真があれば後から文句を言われてもある程度対処できます。
私自身は経験ありませんが、商品到着後に衣類にわざと傷をつけてクレーム&返品を要求してくる悪質な人たちもいると聞きました。
メルカリを利用するほとんどの方はそんなことしないでしょうけど、世の中にはいろんな人がいますからね。
そんな時に「これが梱包直前(発送直前)の写真です」と示すことができれば優位に立てますし、もし万が一トラブルに巻き込まれたらメルカリに問い合わせて助けてもらってください。
しっかりと対応してくれます。



ロッドを出品する場合

1年ほど前までは釣竿はヤマト便で送るのが一般的だったようですが、2018年現在持ち込みをしても受付してくれません。
私もつい先ほど梱包したロッドを持って行き、見事に断られました。

クロネコ「170センチを超えるものは受付できないんですよ」
私「!?ん?・・・・・」
私「どうすれば良いですか?」
クロネコ「他のところに持って行ってもらうしかないですね。佐川急便なら送れると思います。」

というわけで、そこから佐川急便に向かって発送してもらいました。
送料なんと・・・

4590円!!!

高すぎ〜
今後釣竿を出品するときは必ず着払いにすると誓いを立てさせた出来事でした。
当然送り先によってはこれより安いことも高いこともあり得ます。
そんな不確定要素のために売り上げが下がるのは精神衛生上良くないですから、これから釣竿を出品しようと考えている人は着払いにしてその分釣竿自体の値段を下げることをオススメします。



ヤマト便について

ネットで釣竿の梱包についてググるとヤマト便で送れるという内容のページがヒットしますが、残念なことに今は通用しませんでした。

ヤマト便のサービス内容変更および運賃改定について

↑クロネコHPに詳しく書いてあります。
  1. 荷物1つ30キロまで
  2. 3辺合計200センチまで。最長辺170センチまで。
  3. 全国翌々日配達
今回送ろうとしていたロッドが6フィートのワンピースだったため、余裕の170センチオーバーです。
さらに、上下逆さまにできないなど輸送状態に定めがある荷物は横幅100センチまでという制限付き。
これはもう釣竿の発送は諦めた方が良さそうですね。 

発送は佐川急便か大型らくらくメルカリ便。
どっちも高いですが、サイズさえ収まればメルカリ便の方が全国一律なので良いかも・・・ですね。 



まとめ

メルカリをうまく使えれば不要なものをお金に変えつつ、安く品物を手に入れることができます。
注意すべきところはあるものの、それほど難しいことでもなく誰にでもできるレベルのことですから、どんどん利用して行きましょう。
買うよりは出品することが本当のメリットであるように今回感じました。 

それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。