こんにちは。

釣りが好きな美容院の店主さんにカタクチイワシが沸いているとの情報を教えてもらい、早速突撃してきました。
青物、シーバス、ヒラメとなんでもいけるらいし。


何年も前に専用タックルを揃えてやっていたことがあるショアジギング。
それからシーバス釣りが中心となり、現在では道具は売却して手元にはジグが数本のみとなります。



カタクチイワシがいない

話を聞いたその日の午後、次の日の朝に釣りをしたのですが、雨が降ったせいなのか網で掬えるほどいたというカタクチイワシの姿が見えず。
たま〜に100メートルほど沖で水面がざわつく程度であれが果たしてカタクチイワシなのか、それとも別の何かなのか判断できません。
ただ、話を聞いた限りではあれが逃げ惑うカタクチイワシなのでしょう。

他にも釣り人がいるにはいたものの、魚を釣り上げている人は皆無。
ジグを投げているところを見ると皆さん青物狙いだと思われます。



鉄板バイブでヒラメ

最初に入ったポイントは大雨の影響で濁りが入っていて、水深もショアジギングを行う上では浅め。
鉄板バイブが良いという話を聞いていたことと、ボトムを擦らない程度のスローリトリーブが意外と日中でも有効だった経験からトレイシー25を結んでフルキャスト。
沈めようとするとあっという間に着底してしまうので、着水してすぐにロッドを立ててスローリトリーブします。
砂地のため根掛かりはありませんでしたが、油断するとすぐにボトムノックするくらいの水深です。

見切られることなどは考えず、レンジと魚に見せることだけに集中していると・・・

P4240387

結構手前で一気に持って行かれました。

d9DntlYgSrulrDpfoCY9TA

サイズは43センチ。
夏のヒラメはまずいけど、この時期であればセーフ。



K2F122でシーバス

続いて翌朝、少し場所を変えてK2Fからスタートします。
薄暗い上に濁りが入っているため、あくまでもスローリトリーブで左から右へ流れる潮の中をじっくりとトレースします。
シーバスがいてやる気があればアタックしてくるはず、という謎の自信がありました。

ゴッ!と予定通りヒット。
明るいので大きな魚体が確認できます。
ランカーあるかどうかの良い魚が掛かりました。
ジーーと滑るドラグ、曲がるミッドストリーム。
1分ほどやり取りをして「次で浮かせてネットインして終了だな」と思った瞬間、痛恨のバラシ。
もっと力強くフッキングしておくべきだったか?



オネスティでクロダイ

その後しばらくキャストを続けますが一向にアタリなく、トップやジグを投げてみるものの反応が得られないため、流れの中にオネスティを漂わせてみることにしました。
流れと若干の濁りがあるこんな時は、じっくり見せてやれば良い反応が得られることがあります。
足元から広がるテトラに沿ってゆっくりと、特にオネスティは動かないルアーなのでスゥ〜と静かに寄せてくると・・・

P4250390

テトラの影から一気に反転喰い!
乗っ込みシーズンとはいえこれだけ元気よく襲ってくることを考えると、カタクチイワシがたくさんいるタイミングであればもっとすごいことになりそうです。



あくまでも本命は青物かシーバス

美味しい獲物ですが、外道ばかりなのでジグや鉄板バイブで距離とレンジを幅広く探ることにしました。
ショアジギングって久しぶりだと相当な疲労感がありますね。笑
この記事を書いている今の段階で筋肉痛です。

フルキャストして全力で巻いてきたり、ワンピッチジャークのテンポを変えながら巻き上げて再び底をとり、水面がざわついているのを見つけたら即回収してそっちに投げ込んだり・・・

忙しい。

そして、唯一アタリがあったのがトレイシーのリフト&フォール。
水面には出ないけれどボトムでは反応を得られなかったので、着水後すぐにテンポ早めのリフト&フォールを行い水深2〜3メートルを攻めていた時の事です。
フォール時にコッというアタリ。
ん?アタリ?ゴミ?ベイト?
今度は少しキャスト位置をずらして探ります。
すると、またコッという反応があったため、とりあえず巻き合わせをしようと糸フケを回収しているといつまで経っても重さを感じません。
最初は魚がこっちに向かってきているのではないかとも考えましたが、どうやらラインが切れているようです。
私の経験からこのアタリの正体はサワラ(サゴシ)であると思われます。

030658

画像は拾い物ですが、これがサワラ。
歯が鋭く、ラインが切られることが多いため、ジギング用のアシストフックを作成する時にワイヤーを中に仕込むのはサワラへの対策です。
フロロ程度なら歯に触れた瞬間スパッと切断されてしまいます。



たまにはショアジギングも良いね

今回の釣行はこれでおしまい。
ゴールデンウィーク中にはカタクチイワシフィーバーも終息するでしょう。
シーバスタックルでのあくまでもライトなショアジギングでしたが、色々な魚に出会えて楽しめました。
次は流石にリバーシーバスの釣果をアップしたいですね。



ロッド:セブンセンス MIDSTREAM TR
リール:セルテート2510R-PE
ライン:シーバスPE0.8号
リーダー:グランドマックス4号
ルアー:K2F122、オネスティ、トレイシー、TKRP、メタルジグ



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。