こんにちは。

今回はメバル・・・ではなくアジングになります。



若潮干潮からの上げ

夜明け前が良い潮位(まだましという意味)になるため、それまでの間色々な場所を回って情報を仕入れておきます。

すると1箇所目で無数のライズを発見しました。
「お!?いっぱいライズしているぞ。いける!」
常夜灯の明かりが届く範囲の至る所でパチャパチャと、「何か」、おそらくプランクトンが捕食対象なのではないかと思われますが、ライズというよりボイルに昇華しています。
今日もプラグ用のブルーカレントしか用意していないので、一応ワームとジグヘッドはありますが、メバペンメバルを取り付けて釣り開始。
右から左に潮がゆっくりと流れているので潮上からドリフトさせるイメージで攻めて行きます。



久々のアジングを楽しむ

パチャパチャやっていたのは、最近の釣行からすっかりメバル脳になった私にとっては完全にメバルのライズでしたが、釣り上げてみると正体は小アジでした。

fullsizeoutput_1f0

いや〜結構アタックしてくるけど全然掛からないと思ったら小アジさんか〜。
ある程度大きなアジでないとフックもルアーもデカすぎます。
例えば最低でもアジ20センチ以上、理想は25センチという感じでしょうか、ここで釣れるのは20センチもありません。
メバルをプラグで釣ることを「メバルプラッギング」というのであれば、アジをプラグで釣るのは「アジプラッギング」でいいの?



プラグで狙うべきか否か

私がプラグでメバルを狙うのには2つの目的があり、1つ目は「プラグで釣れると嬉しい」から、2つ目は「ワームより効率的に釣れる」からです。
特に2つ目の部分が重要で、ジグヘッドのリトリーブやフォールで攻略が難しい所謂アミパターン等の偏食傾向が強い時、表層を風や流れによって流されるものしか食べない時にお手軽に最大の効果を発揮する方法としてプラグを使っています。
飛ばし浮きに軽量ジグヘッドをぶら下げるという方法でも攻略は可能で、私も常に持ってはいますが、面倒なので結局使うことはありません。

アジを釣る場合は、例えばサイズの大きなアジがボコボコライズしている状況や、青物をメタルジグで狙うようにでかいアジが一時的に接岸している時にはハードルアーが有効だと思います。
ただ、アジはジグ単が最も面白く完成されたリグであり、メバルと違って口も小さいことからあまりプラッギングに向いている魚とは言えません。
今後、アジのプラッギング用に優れたハードルアーが出現する可能性があるため、そうなったら面白そうですけど、現状ではあまり固執するような釣り方ではないですね。



小アジをジグ単で攻略

久しぶりのアジング、ブルーカレントで初めてのアジングということでサイズは小さいですが、ジグ単で狙ってみることにしました。
ジグヘッド0.8グラムにアジリンガープロを小さくカットしたものをセットして、表層の何かを食べているアジを狙います。
よく見ると、水面下にひも状の連結クラゲがとんでもなく湧いていてキャストのたびに確実に引っかかります。
これが厄介で、ただ巻きでサクッと探りたいところですが、それはクラゲが引っかかるので諦めます。
フォールで優しく水面直下を誘い、あえてクラゲにラインを引っ掛けてフォールスピードを落とすという荒技でバシバシ小アジを掛けます。

P4100332

P4100331

イージーに気持ちよく食ってくるけど、小さすぎるので20尾ほど確保して終了。
この日の目的はアジではなくメバル。


メバルを求めて移動

潮位が低すぎてどの場所も厳しく、おまけにどこもかしこも小アジだらけです。
どうやら奴らが一斉に戻ってきている様子。
さらに、平日午前3時でも結構釣り人がいてポイントに入れないことも多く、おそらく今まで釣りをしていた人プラス新生活を始めた人たちが挙って釣りに行っているのでしょうね。
この日は諦めて終了としました。



ロッド:ブルーカレント62TZ NANO
リール:ルビアス 2004
ライン:アンバーコード0.4号
リーダー:プレミアムマックス1号
ルアー:プラティ、リッジ35F、メバペンメバル
ジグヘッド:自作
ワーム:ジャコナックル、アジリンガープロ



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。