こんにちは。

河川に稚鮎の様子を見に行くもののまだ気配がないので、メバルに遊んでもらうことにしました。
もう稚鮎祭りが始まっていてもおかしくないのに今年は遅い・・・。



ワームかプラグか

今回の釣行では潮位が高くなるのは朝まずめ近くなってから、つまりそれまで釣り歩いて時間を潰しても良し、車で寝て待機しても良しな選択肢。
仕事終わりなので眠って備えることにしました(クソ雑魚)。

場所は南予方面瀬戸内側、潮回りは若潮。
時々行っている流れとテトラ、常夜灯が絡むポイントでリグをセットしながら水面を眺めていると時々ライズが確認できます。
それだけ見ると魚はかなり小さそうだし、なんならメバルかどうか怪しい・・・アジでもいいけど今この辺で釣れるアジってすごく小さいんですよね。

とりあえず、いきなりプラグは投げずにいつも通り1グラムジグヘッドにワームの組み合わせで、広範囲をリトリーブで探ります。
・・・反応なし。
ライズしている時に一般的なワームを使った釣りで反応する時と、全然反応しない時があるのでその確認の意味を込めて、ジグヘッドのサイズを落としながらもう少し探ります。
一度アタリましたがアミを偏食している時特有のなんとなく重くなるような感じで、フッキングせず。
ここまで確認をして初めてプラグの投入。



圧倒的プラグ有利

リトリーブでは反応が悪いと考えてオルガリップレスではなく、プラティというトップウォーターを選択します。
表層にとどめて流せるというプラグ最大のメリットを利用しての釣りを開始。




プラティはこれのことです。
元々は管理釣り場用のルアーとして作成されましたが、メバルに有効ということでSWモデルが販売されています。
バイトの数はかなりのものでさすがタックルハウスと言いたところ。
フッキング率があまり良くないんだよな〜




投げ込んで軽くチョンチョンとラインを貼る程度にアクションを入れてあとは流して放置、この日はこれが正解でした。

P3270226

20センチくらいのメバルが最初の獲物でした。
チョンチョンのアクションから5秒〜10秒ほど流していると魚体を水面に出しながら派手にバイト!
あれだけワームを通しても食わなかったメバルが一発です。
メバルプラッギングの場合、アクションよりもその後のポーズがとても大切で、なんならアクションは入れなくても良いと思われます。
チョンチョン動かすのはメバルに気づいてもらうためと考えて、やりすぎないように注意してください。
ちなみにラインはPEではなく、エステルの少し太いやつを使っています。

fullsizeoutput_1e4
fullsizeoutput_1e5

本日はそこまで釣れないと思っていたので全てリリースしていますが、結構数釣れたのでキープしておけばよかった・・・。

P3270231

軽量ジグヘッドをできるだけ表層に留められるようにリフト&フォールではアジもヒット。
表層に出ている明らかに小さな魚のライズはおそらくこいつの仕業ですね。

P3270233
P3270234

少し離れた場所ではワームにも結構反応がありますが、小さいしメバルの種類も変わります。

オルガリップレスやリッジも一応試して見たところ反応薄く、プラティ表層放置が最も良い反応を得られました。
サイズは最大25センチほどで、パシャッと何度でてもヒットしないのは小型のメバルです。
そういう意味ではサイズの選別も自動的に行えて、さらにシチュエーションによるプラグの強さも再認識できた釣行となり大変満足しています。



稚鮎祭りはまだか

正直メバル釣りはしばらく行かずに、稚鮎が遡上していないかどうか下見に行くことがほとんどだったのでストレスが発散される良い釣りでしたが、本当はメバルよりシーバスが釣りたいのです。
例年であればすでに遡上が始まっていても良い頃なのです。
結構暖かくなったように思えて例年より水温が低いのか高いのか、そろそろ来て欲しい。
以前の記事でも書いたように私自身の準備は完了しているので、あとは遡上を待つばかりです。

IMG_1863

これは昔の写真。
早く来てくれ。
次回もメバル釣行記事です!


ロッド:UTR-55-one-TOR CQC
リール:ルビアス 1003
ライン:アンバーコード0.3号
リーダー:プレミアムマックス0.8号
ジグヘッド:自作ジグヘッド
ワーム:ジャコナックル、パワーシラス
ハードルアー:オルガリップレス、リッジ35F、プラティ



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。