こんにちは。

3月といえば海の水温が少しずつ上昇してシーバスを始め、色々な魚が一気に高活性状態に入ります。
高活性というよりは、暖かくなってより岸に近いところまでやってくるようになる、と言ったほうが正しいかな。



瀬戸内側はダメ

いつも通り佐田岬へと向かい、まずはアジの状況を探るべく17時頃からスタート。
ジグヘッド4Bにアジリンガープロの組み合わせで表層からカウント60のボトムまで探りを入れます。
面倒ですが、10カウント刻みで各レンジをサーチ。
水面には相変わらず瀕死のアイゴや屍が浮いていますね(ダメな予感しかしない)。
全く反応がないため、即移動を決断。

前回とほぼ同じ海の状況だと考えると、唯一反応が得られたのは宇和海側なのでそちらを中心に攻めることにします。



宇和海も良いとは言えない

到着して先行者のおじさんに挨拶をして状況を聞くと、小さいアジであればコマセなしのサビキを足元にたらせば入れ食いとのこと。
小さいアジは掛けるだけ時間の無駄なので、ジグヘッドを重くして一気にボトムからスタートすることにします。

プルプル!
生命反応あり!
が、小さい。
おそらく今水面下に見えている小アジがボトムまでいるのだと思われます。
すでに周囲は真っ暗ですが、潮位はどんどん下がりこのままだと小アジを釣るのも難しくなりそうです。
アジは諦めてメバル狙いにシフトして、定番ポイントとその近くのマル秘ポイントへ向かうことにしました。



メバルは完全に産卵後

こんなことなら初めからこっちに来ておけばよかった。
潮位が下がってすでに厳しい感じ。
今釣らなければすぐに魚が釣れない水深になってしまいます。

水深がかなり浅いためジグヘッド2Bに変更、ワームもジャコナックルに交換してただ巻きで攻めます。
ググーッとなんと2投目で良型ヒット!
おお!これもしかして入れ食いなんじゃ・・・。

そんな甘いことはないですね。
1尾追加してここは終了。
飛ばし浮きで沖のシャローを攻めてみようかとも考えましたが、オルガリップレスの存在を思い出してできるだけ遠投で探ったもののノーバイト。
釣れたメバルはお腹がぺったんこだったので完全にアフター。
新月の満潮に期待します。



少しだけ移動

常夜灯の明かりで良い感じの明暗が岸際に発生しています。
そこを集中的に攻めてキープサイズを2尾追加。
以前と違うのは、小型のメバルがそれなりの数釣れたこと。
また、ここで掛かるメバルは水面でプランクトンを捕食しているせいかショートバイトが多発します。
先ほどの場所は一撃だったのに少し場所が違うだけで変わりますね。
表層でのライズに合わせてジグヘッドをどんどん軽くしたり、オルガリップレスで探る。
この手探り感と正解を見つけた時が最高に面白い。
魚は小さいので釣れてもリリースになりますが、プラグでの釣りの面白さを再認識できた釣行となりました。

P2270137



今後はシーバスの割合が多くなる

メバルを6月までひたすら狙い続けるのもアリ。
ただ、もうすぐ稚鮎とともに河川のシーバスがスタートします。
そうなると再び以前のようにシーバス中心の生活に入るので、メバルはあまり釣りに行けませんね。
釣り場所がすぐ近くなら一度の釣行で両方狙いでも良いのですけど・・・。
稚鮎祭りの最中は他の釣りに行く余裕はないから、メバルをやりに行くしてもタイミングが合わない時か祭りが終わってからになります。

しばらくはモンハンもお休みかなこれは。



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。