こんにちは。

昨晩は久しぶりのシーバスに挑戦してみました。
もう少しで稚鮎が始まるので下見も兼ねて現状確認の意味が強いですね。
河口から淡水域まで様子を見たところ、淡水域は水温が低すぎるため当然ながら何もおらず。
では河口なら何かいるのかというとそういうわけでもなく、年明けには姿を確認できたフグやボラさえいませんでした。
魚を釣るうえで2月は最も厳しい季節ですね。笑



磯に行こう

魚が釣れないので干潮のタイミングに磯遊びに行ってきました。

P2210106

ニナ発見!
と、思わせて・・・。

P2210105

ヤドカリ先輩です。

P2210117

岩の隙間にはイガイ(ムール貝)がビッシリ!

P2210116

カメノテも混在。

P2210119

タイドプールにはイソギンチャクもいました。

P2210120

得意の顕微鏡モードで撮影。

P2210124

旬のワカメもたくさん確認。
そろそろ地元の人たちが群れをなして採取に来る時期ですね。

P2210136

こちらはナマコの水中撮影。

P2210135

水中だと綺麗に撮れますね。

撮影に使ったカメラについてはこちら。
オリンパス 超耐久コンデジTG-4



ニナとイガイは美味しく食べられる

イガイは日本だとあまり馴染みのない貝かもしれませんが、岸壁や岩と岩の隙間にビッシリ付いている黒い貝のことです。
イガイ=ムール貝といえば美味しそうなイメージになるのかな?
カメノテとよく一緒に群れていますね。
いるところに行けばごっそり採れるので機会があれば是非食べてみましょう。
  1. 洗って表面の汚れをしっかりと落とす
  2. 水に塩を入れて貝の砂抜きを行う
  3. あとはお好みで調理する
手順としてはこれだけ。
アサリと同じようなものだと考えてください。
個人的には酒蒸しやパスタに入れると美味しいかなと思います。 
ニナは茹でで食べるのが一般的です。

IMG_0536

これは塩茹で。美味い。



いつ行っても面白い

時期的にかなり寒いですが、それでも磯には色々な生き物がいます。
歩き回って何かしらの生物を発見するだけでも面白いし、さらに食べて美味しいものまで確保できるので私にとっては最高の遊びの一つとなっています。
機会があれば是非バケツと軍手を持って遊びに行ってみましょう。



それではまた。



にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
⤴️Gクラ使いのブログランキングはここから確認✨
ポチッとしていただけると励みになります。

最後までお付合いありがとうございました。