アウトドアとフィッシングの専門店ナチュラム 




こんにちは。

今回は昔の記事の修正版です。

シーバス釣りでよく聞く「ただ巻き」というものについて書いていきます。

私自身、あまり釣りの経験がない友人と釣行する際や現地で出会った人と話をするときに「投げて巻くだけ」とか「ゆっくり引いてくれば釣れるよ」と言っています。
長年ソルトルアーフィッシングをしている人からすれば、それで十分に伝わり魚を釣ることができます。
しかし、最近始めたばかりの初心者やあまりルアー釣りをしたことがない人にとっては、まさに雲を掴む話に聞こえているようです。

ここからは、私が初心者にただ巻きを教えるために行っている方法です。
初心者ですからキャストがうまくいかないなど他にも問題はありますが、ある程度飛んでさえくれれば飛距離はあまり気にしないことにします。
いきなりその場で教えてすぐに遠投できるわけでもないですし(笑)。

ただ巻き」や「ステディリトリーブ」と言われるルアーの引っ張り方ですが、ロッドティップがブレないように(動かないように)一定のスピードでリールのハンドルを回転させます。
これがルアーフィッシングの基本となります。

初心者の多くは手首を使わずに腕でハンドルを回すので、どうしてもティップがブレてしまうのです。
そうするとアタリがわからなくなったり、ルアーに不要な動きをさせてしまうことに繋がるため、まずはこの部分を修正します。
それだけでアタリがわかるようになって、自から掛けていくルアーフィッシングの醍醐味を伝えることができます。



ここまでが教えればすぐにできる簡単なただ巻きの話。
ある程度経験がある人のただ巻きというのは、非常に多くの意味が含まれています。
私は超ベテランというわけではありませんが、それなりに理解しているつもりなので自身の経験から伝えます。

釣り場へ到着すると、まず最初にパイロットルアーを選択し投げ込みます。
それから「ただ巻き」工程に入るわけですが、ここでたくさんの情報を得ているのです。
  • ルアーの抵抗感から流れの情報
  • ボトムに接触した際の水深の情報
  • 水底の質の情報(石か砂かなど)
  • ベイトの情報
  • 水中を漂うゴミの情報
  • ロッドティップのベストな位置情報(ロッドを立てるのかどうか)
  • ルアー回収のタイミングの情報
今思いつくだけで7つです。
あまり釣りの経験がない人に「これらをサーチしながらやれ」と言っても無理です。

例えば私が「ただ巻きで釣れるよ」と言われれば、これらの情報を自分で探りながらその日の釣りを組み立てることができます。
特に重要なのは流れの変化とベイトの有無
ここだけでも意識して探れるようになれば、誰が釣ってもある程度の釣果は約束されると思います。

a4aabbc7

こちらの魚は流れの変化とベイトの存在を確認した後、それらが絡む美味しそうなポイントをゆっくりとただ巻き中にヒットしました。
投げて巻いていれば釣れたわけです。
サイズは80センチのランカー。



なんでもないリトリーブのようですが、シーバス釣りと言わず多くのルアーフィッシングで基本となるのが「ただ巻き」です。
特に周りに初心者の方がいるときは、ここを重点的にレッスンしてあげるときっと釣りにはまってしまいます。
何事も基礎は大事なものです。 



それではまた。



ロッド:セブンセンス MIDWATER TR
リール:セルテート2510PE
ライン:アバニシーバスマックスパワー0.8号
リーダー:トルネードVハード4号
ルアー:TKLM120



スピニングリールもベアリング追加で性能アップ!











その他釣り情報は⬆️⬆️⬆️
最後までお付合いありがとうございます。
お買い物はネットで休日は釣りへ。

私が思うところ。トップへ